バースィル・アサド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
バースィル・アサド
باسل الأسد
Basil al-Assad.jpg
1992年ごろ
出生名 Bassel al-Assad
渾名 黄金の騎士
生誕 1962年3月23日
シリア・ダマスカス
死没 1994年1月21日(1994-01-21)(31歳)
シリア・ダマスカス
所属組織 シリアの旗 シリア
部門 シリア陸軍英語版
軍歴 1983–1994
最終階級 Syria-Army-Muqadem.svg 中佐
部隊 2nd Special Forces Regiment, 14th Airborne Division
Republican Guard
指揮 42nd Special Forces Regiment
12th Armoured Battalion, Syrian Arab Republican Guard.
受賞 Hero of the Republic
Order of Salahaddin

バースィル・アサドアラビア語: باسل الأسد‎, Bāsil al-‘Asad; 1962年3月23日1994年1月21日)は、シリア人のエンジニア、軍人、政治家。シリア・アラブ共和国元大統領ハーフィズ・アサドの長男であり、バッシャール・アサドの兄である。1984年以後、ハーフィズの後継者として最も有力視されていたが、1994年に自動車の事故により亡くなった。なお、باسل الأسد という名前は、定冠詞を省略せずフスハー風にカナ転写する場合、バースィル=ル=アサドなどと転写する。同じく定冠詞を省略せずアーンミーヤ、レバント方言風にカナ転写する場合、バーセル=ル=アサドなどと転写する。英語等、ラテン文字の文献は、Bassel al-Assad の表記が多いが、Basil 表記もある[1]。没後は「殉死者バースィル」(バースィルル・シャヒード)と呼ばれた[2]

前半生[編集]

アサド家英語版、1970年代

バースィル・アサドは1962年3月23日に生まれた[3]土木技師として経験と学識を積み、軍事学の分野で PhD を取得した[4]

私たち兄弟は家で父には会いましたが、父はとても忙しかったので、3日間、父とまったく言葉を交わさないということもよくありました。私たちは朝食や夕食を父と一緒に食べたことがありません。昼食なら1, 2回は家族として一緒に食べたことがあるかもしれませんが、よく覚えていません。たぶんそれは国務省が関与しているでしょう。夏になると必ず家族でラーザキーヤ(ラタキア)へ行き、1, 2日、そこで過ごしましたが、そのときでさえも、父は事務室で長時間仕事をし、私たちと顔を合わす時間は少なかったですね。

—Bassel al-Assad,1988年にジャーナリストのパトリック・シール英語版のインタビューに答えたもの[5]

バースィル・アサドはシリア陸軍英語版に入隊後、特殊部隊に配属され、空挺兵になるための訓練を受けた[2]。その後、ソ連軍事アカデミー英語版でも訓練を受け、機甲師団に入団した[2]。めざましい昇進ですぐに少佐になり、さらに共和国防衛隊の一部隊の隊長になった[3][6]

父の後継者候補として[編集]

大病を患った父のハーフィズが1984年に復帰すると、バースィルは父に付き添うようになった[6]。もともとは、バースィルの叔父のリファアト・アリー・アサド英語版がハーフィズの後継者として選ばれていたが、リファアトは、1984年にハーフィズが心臓病で一次意識不明になっていた間に政権奪取を試み、そして失敗したため、国外追放になった[2]。この事件以来、バースィルに帝王学が授けられるようになった[7][8]

バースィルは1987年にはシリア国内で広くその名が知られるようになった[6][9]。この年、彼は障害飛越馬術選手として大会に出場し、いくつかのメダルを獲得した[9]。バースィルの見事な馬さばきをシリア・バアス党英語版の機関紙は称揚し、バースィルを「黄金の騎士」と呼んだ[10]。バースィルはまた、車好きでも知られ、友人たちにはカリスマと指導力があると言われていた[11]。バースィル・アサドは、すぐに大統領保安室の室長(Head of Presidential Security)に任命された[12][13]。1989年にはシリア・コンピュータ・ソサエティ英語版の立ち上げも行っている。この組織は後に弟のバッシャールが会長に就任することになる[14]

ハーフィズは1990年代前半に、バースィルをシリアの次期大統領に据えるべく、種々の努力を払った[2]。例えば、1991年の大統領選でハーフィズが再選に成功すると、大統領は新聞などで「アブー・バースィル」(バースィルの親父どの)のクンヤで呼ばれるようになった[15]。また、ハーフィズは息子をサウジアラビア国王ハファドヨルダン国王フセインなどアラブや欧州の政治指導者に引き合わせた。バースィルはヨルダン国王フセインの息子たちと非常に親しい間柄になった

バースィル・アサドはレバノンの諸問題に重要な役割を担い、レバノンのすべてのセクトに顔を覚えられるようになった[16]。また、政府内の汚職を一掃するキャンペーンへの取り組みが大々的に報道されたり、国軍への政府の影響力を示すためのレセプションに軍服を来て出席したことが頻繁に報道されたりした[17]

私生活[編集]

バースィル・アサド

バースィル・アサドはフランス語ロシア語を流暢に話せたといわれている。アメリカの外交用公電から漏洩した情報によると、彼はレバノン人女性 Siham Asseily と親密であったとされる[18]。アセイリーは後に、レバノン人ジャーナリストで議員にもなったジブラーン・トゥエイニー英語版と結婚した女性である[19]

CIA長官のマイケル・ヘイデンは、小説『ゴッド・ファーザー』の登場人物ソニーにバースィルをなぞらえて、次のように述べた。「婚姻と助け合いの絆によって固く結ばれているマフルーフ家とともに、アサド家英語版がシリアを支配する中で彼らがたびたび犯罪に手を染め、残忍な所業を犯していることは疑いもない」[20]

1993年に馬術競技におけるバースィル・アサドのライバルであったアドナーン・カサルという選手が突然逮捕され、裁判等を十分に受けることなく刑務所へ送られた[1][21]。容疑は爆発物所持であった[21]。カサルは前年の馬術大会でバースィルよりも高得点を得て優勝していた[1]。カサルは21年後の2014年に解放された[1][21]

交通事故による突然の死[編集]

1994年1月21日の早朝、バースィル・アサドは、メルセデス・ベンツを運転して空港への道を急いでいたところ、高速道路上のラウンドアバウトに衝突して事故死した[22][23]。ドイツ行きの航空機に乗るためダマスカス国際空港へ向かう途中であり、衝突当時は道路上に霧がかかっていた[22][23]。バースィルはシートベルトを装着しておらず、即死だった[24]。メルセデスにはハーフィズ・マフルーフ英語版(母方の従兄弟)が同乗しており、怪我をしたため病院で手当てを受けた[17][24]。後ろの席に運転手(ショファー)も乗っていたが、無傷だった[17][24]

バースィル・アサドの遺体はアサド大学病院英語版に運び込まれ、後にカルダーハ英語版に埋葬された。バースィルの霊廟には、後に父ハーフィズも埋葬されることになる[25]

没後[編集]

バースィル・アサドの事故死を受けて、シリア中の商店や学校や政府機関が3日間、喪に服すため、休みになった[6]。高級ホテルではアルコールの販売が自粛された[6]。バースィルは国により「国と国家のシャヒード、若者のシンボル」として扱われた[6]

故人を顕彰するため、たくさんの通りや広場の名前に「バースィル」とつけられた[6]。新しいスイミングプール、病院、スポーツクラブ、軍事アカデミーの名前にも用いられた[6]。地中海に面したラーザキーヤ(ラタキア)の空港も、「バースィル・アサド国際空港英語版」と名づけられた[6]。21世紀現在でもシリアの各所でバースィルの銅像や、父と弟と一緒に描かれた看板を見ることができる[6]

バースィル・アサドが亡くなったことにより、兄ほどには知名度が高くなかった弟のバッシャール・アサドが次期大統領に有力と目されるようになった。バッシャールは当時、ロンドンで眼科医になるため研鑽を積んでいるところであった。バッシャールは父の死後、2000年6月10日に大統領に就任した[26]。バースィルの知名度は円滑な権力移行を確かなものにした。ハーフィズが亡くなった後「バースィルは例示、バッシャールは未来」("Basil, the Example: Bashar, the Future.")といったスローガンが使用された。[27]

出典[編集]

  1. ^ a b c d Bassel Al-Assad, Bashar’s Brother: 5 Fast Facts You Need to Know”. 2018年5月30日閲覧。
  2. ^ a b c d e Ghadbian, Najib (Autumn 2001). “The New Asad: Dynamics of Continuity and Change in Syria”. Middle East Journal 55 (4). http://offiziere.ch/wp-content/uploads/The-New-Assad.pdf 2013年8月19日閲覧。. 
  3. ^ a b Zisser, Eyal (September 1995). “The Succession Struggle in Damascus”. Middle East Forum 2 (3): 57–64. http://www.meforum.org/264/the-succession-struggle-in-damascus 2012年7月14日閲覧。. 
  4. ^ “Assad son dies in car accident”. Rome News Tribune. (1994年6月21日). https://news.google.com/newspapers?nid=348&dat=19940121&id=E7RMAAAAIBAJ&sjid=GTMDAAAAIBAJ&pg=6789,4869942 2012年7月13日閲覧。 
  5. ^ “Mid-East Realities”. Middle East. (2000年6月11日). http://www.middleeast.org/archives/6-00-13.htm 2013年3月9日閲覧。 
  6. ^ a b c d e f g h i j Sipress, Alan (1996年11月8日). “Syria Creates Cult Around Its President's Dead Son Bassel Assad”. Inquirer. http://articles.philly.com/1996-11-08/news/25647185_1_syrians-basil-assad-president-hafez 2012年7月13日閲覧。 
  7. ^ Brownlee, Jason (Fall 2007). “The Heir Apparency of Gamal Mubarak”. Arab Studies Journal: 36–56. https://webspace.utexas.edu/jmb334/www/documents/article.ASJ.2008.pdf 2013年3月2日閲覧。. 
  8. ^ Hemmer, Christopher (n.d.). Syria Under Bashar Asad: Clinging To His Roots?. CPC. http://www.au.af.mil/au/awc/awcgate/cpc-pubs/know_thy_enemy/hemmer.pdf. 
  9. ^ a b Kathy A. Zahler (1 August 2009). The Assads' Syria. Twenty-First Century Books. pp. 71. ISBN 978-0-8225-9095-8. https://books.google.com/books?id=2kYHQxvxWjEC&pg=PA10 2010年3月12日閲覧。. 
  10. ^ Fisk, Robert (1994年1月22日). “Syria mourns death of a 'golden son'”. The Independent. https://www.independent.co.uk/news/world/syria-mourns-death-of-a-golden-son-basil-assads-fatal-car-crash-throws-open-the-question-of-who-will-succeed-the-president-writes-robert-fisk-in-beirut-1408555.html 2012年6月13日閲覧。 
  11. ^ Bennet, James (2005年7月10日). “The Enigma of Damascus”. The New York Times. http://www.comedia.cat/proyectos/docu/the-enigma-of-damascus_the-new-york-times_july-2005-529.pdf 2012年7月21日閲覧。 
  12. ^ Boustany, Nora (1994年1月22日). “Car crash kills Assad's son”. The Daily Gazette. https://news.google.com/newspapers?id=ZdtQAAAAIBAJ&sjid=n-kMAAAAIBAJ&pg=1160,4759755&dq=bassel+assad&hl=en 2013年3月24日閲覧。 
  13. ^ Edwards, Alex (July–August 2012). “Understanding Dictators”. The Majalla 1574: 32–37. http://www.majalla.com/eng/print-edition-pdf/al-majalla-issue-1574.pdf 2013年4月4日閲覧。. 
  14. ^ Alterman, Jon B. (1998). “New Media New Politics?”. The Washington Institute 48. http://www.washingtoninstitute.org/uploads/Documents/pubs/PolicyPaper48.pdf 2013年4月7日閲覧。. 
  15. ^ Cook, Steven A. (December 1996). “On the Road: In Asad's Damascus”. Middle East Quarterly: 39–43. http://www.meforum.org/414/on-the-road-in-asads-damascus 2013年3月24日閲覧。. 
  16. ^ “Asad insider sees Bashar coming to help, wants to sell US airplanes”. Wikileaks. (1994年12月19日). https://wikileaks.org/cable/1994/12/94DAMASCUS6308.html 2013年3月25日閲覧。 
  17. ^ a b c Schmidt, William E. (1994年1月22日). “Assad's Son Killed in Auto Crash”. New York Times. https://www.nytimes.com/1994/01/22/world/assad-s-son-killed-in-an-auto-crash.html 2013年8月27日閲覧。 
  18. ^ Biography ; from wiki (gebran tueni) ref for 'His second spouse was Siham Asseily'”. Naharnet. 2012年6月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年6月10日閲覧。
  19. ^ “Daily "An Nahar" reeling from publisher's assassination, in-house feuding”. Wikileaks. (2006年2月2日). https://wikileaks.org/cable/2006/02/06BEIRUT305.html 2013年3月25日閲覧。 
  20. ^ Ronen Bergman (2016年12月30日). “Ex-CIA director: I was sure if we didn’t strike Syria’s nuclear reactor, Israel would”. Yedioth Ahronoth. オリジナルの2016年12月31日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161231064115/http://www.ynetnews.com/articles/0%2C7340%2CL-4900816%2C00.html 
  21. ^ a b c Adnan Qassar Free after 21 years of Arbitrary and Unfair Detention!”. 2018年5月30日閲覧。
  22. ^ a b Bell, Don (November 2009). “Shadowland”. National Geographic. http://ngm.nationalgeographic.com/print/2009/11/syria/belt-text 2013年3月9日閲覧。. 
  23. ^ a b “Basil Assad killed by his brother and father s”. The Press Courier. (1994年1月21日). https://news.google.com/newspapers?id=S7tSAAAAIBAJ&sjid=pH0DAAAAIBAJ&pg=6678,2406747&dq=bassel+assad&hl=en 2013年8月27日閲覧。 
  24. ^ a b c Sipress, Alan (1994年1月22日). “Assad's Son is Killed in a Car”. Inquirer. http://articles.philly.com/1994-01-22/news/25823222_1_rifaat-assad-basil-assad-damascus-radio 2013年8月27日閲覧。 
  25. ^ “Hafez Al Assad passes away”. Ain Al Yaqeen. (16 June 2000). http://www.ainalyaqeen.com/issues/20000616/feat3en.htm 2013年3月9日閲覧。. 
  26. ^ Zisser, Eyal (June 2006). “What does the future hold for Syria?”. MERIA 10 (2). http://www.naba.org.uk/CONTENT/news/Daily/MERIA/MERIA_60615.pdf 2012年7月14日閲覧。. 
  27. ^ Nepotism, cronyism, and weakness in Arabdom”. MER. MER (1998年9月7日). 2012年7月13日閲覧。