バースデイ (ビートルズの曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
バースデイ
ビートルズ楽曲
収録アルバム ザ・ビートルズ
リリース 1968年11月22日
録音 1968年9月18日
ジャンル ロック[1][2]
時間 2分42秒
レーベル アップル・レコード
パーロフォン
EMI
作詞者 レノン=マッカートニー
作曲者 レノン=マッカートニー
プロデュース ジョージ・マーティン
その他収録アルバム

ポール・マッカートニー・ライブ!!
ポール・マッカートニー・ライブ・ハイライツ!!

ザ・ビートルズ 収録曲
A面
  1. バック・イン・ザ・U.S.S.R.
  2. ディア・プルーデンス
  3. グラス・オニオン
  4. オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ
  5. ワイルド・ハニー・パイ
  6. ザ・コンティニューイング・ストーリー・オブ・バンガロー・ビル
  7. ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス
  8. ハッピネス・イズ・ア・ウォーム・ガン
B面
  1. マーサ・マイ・ディア
  2. アイム・ソー・タイアード
  3. ブラックバード
  4. ピッギーズ
  5. ロッキー・ラクーン
  6. ドント・パス・ミー・バイ
  7. ホワイ・ドント・ウイ・ドゥ・イット・イン・ザ・ロード
  8. アイ・ウィル
  9. ジュリア
C面
  1. バースデイ
  2. ヤー・ブルース
  3. マザー・ネイチャーズ・サン
  4. エヴリボディーズ・ゴット・サムシング・トゥ・ハイド・エクセプト・ミー・アンド・マイ・モンキー
  5. セクシー・セディー
  6. ヘルター・スケルター
  7. ロング・ロング・ロング
D面
  1. レヴォリューション1
  2. ハニー・パイ
  3. サヴォイ・トラッフル
  4. クライ・ベイビー・クライ
  5. レヴォリューション9
  6. グッド・ナイト
ミュージックビデオ
「Birthday」 - YouTube

バースデイ」(Birthday)はビートルズの楽曲である。

解説[編集]

本作は1968年に発表された2枚組アルバムザ・ビートルズ』に収録された曲で、2枚目(LPではC面)のオープニング・ナンバー。レノン=マッカートニー作。実質的な作者は主にポール・マッカートニーだが、ジョン・レノンも曲作りに貢献したと言われ[3]、彼も一部でヴォーカルを受け持つ。

形式的には伝統的なロックンロール調の楽曲だが、かなり複雑かつ独自性のある構成になっている。また、演奏面ではメンバーそれぞれの持ち味がバランスよく出ており、印象的なギター・リフはレノンとマッカートニーのダブルリード。ジョージは6弦ベースを演奏している。リンゴ・スタードラムソロも若干ではあるが聴くことができる。

ポールが「ハッピー・バースデイ・トゥ・ユー」に代わるバースデイ・ソングを作ろうとして書いたもので、作詞・作曲からレコーディングまでを1日で完了しており[4]、録音にはビートルズの他にオノ・ヨーコパティ・ボイドがコーラスで参加している。その日はBBCが1950年代の音楽映画『女はそれを我慢できない』を放送し[5]、メンバーとスタッフはそれを見るために一時マッカートニーの家に戻った。

レノンは後のインタビューで、「「バースデイ」はスタジオで書かれた。ポールは1950年代のヒット曲「Happy Birthday Baby」のような曲を書こうとしていたんだと思う。これはゴミの一つだ。」と酷評している[6]

演奏[編集]

クレジットはイアン・マクドナルドによるもの[7]

カバー[編集]

マッカートニーは、自身のソロライブで何度か演奏している。1990年10月8日にライブ・バージョンがシングル盤[注 1]でリリースされた[8]。シングルは全英シングルチャート29位を記録した[9]

1969年、アンダーグラウンド・サンシャインのカバー・ヴァージョンがシングル・リリースされ、ビルボード誌で最高位26位を記録している。

ポール・ウェラーは、マッカートニーの70歳の誕生日(2012年6月18日)に一日限定でカバーした音源を配信した[10]

補足[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ B面には「グッド・デイ・サンシャイン」のライブ・バージョンを収録

出典[編集]

  1. ^ Sound & Vision, Volume 67, Issues 2-5. Michigan: Hachette Filipacchi Magazines. (2001). http://www.soundandvision.com/content/guitar-george-page-2. "Go forward to 1968 and The Beatles (a.k.a. The White Album) and you get a veritable hard-rock clinic on what used to be, in the days of vinyl. Side 3: "Birthday," "Everybody's Got Something to Hide Except Me and My Monkey," "Helter Skelter"" 
  2. ^ Gibron, Bill (1968年12月21日). “An in-depth Look at the Songs on Side-Three”. Rolling Stone. The White Album Project. 2018年10月29日閲覧。
  3. ^ Miles著 Many Years From Now P665
  4. ^ マーク・ルウィソーン『ビートルズ/レコーディング・セッション』内田久美子訳、シンコー・ミュージック、1990年、194頁
  5. ^ BBC2 Schedule Wednesday 18th September 1968”. Genome BETA Radio Times 1923 - 2009. 2018年10月29日閲覧。
  6. ^ Sheff, David (2000). All We Are Saying. St Martin's Griffin. p. p. 190. ISBN 0-312-25464-4. 
  7. ^ MacDonald, Ian (2005). Revolution in the Head: The Beatles' Records and the Sixties (Second Revised ed.). London: Pimlico (Rand). p. 316. ISBN 1-84413-828-3. 
  8. ^ The Beatles Diary After the Break-Up: 1970–2001 (reprint ed.). London: Music Sales Group. (2001). ISBN 978-0-7119-8307-6. 
  9. ^ Official Charts: Paul McCartney”. The Official UK Charts Company. 2018年10月29日閲覧。
  10. ^ Song Premiere: Paul Weller, 'Birthday'”. Rolling Stone (2012年6月18日). 2018年10月29日閲覧。