バーチャレクス・コンサルティング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
バーチャレクス・コンサルティング株式会社
Virtualex Consulting, Inc.
Virtualex.jpg
種類 株式会社
市場情報
東証マザーズ 6193
2016年6月23日上場
本社所在地 105-0001
東京都港区虎ノ門4-3-13 ヒューリック神谷町ビル8階
設立 2017年10月
業種 情報・通信業
法人番号 3010401059383
代表者 代表取締役会長 丸山栄樹
代表取締役社長 丸山勇人
資本金 2,000万円
売上高 35億2,600万円 (2017年度)
従業員数 593名(2017年10月2日現在)
主要株主 バーチャレクス・ホールディングス株式会社 (出資100%)
外部リンク http://www.virtualex.co.jp
テンプレートを表示

バーチャレクス・コンサルティング株式会社は、東京都港区虎ノ門に本社のある、企業と顧客の接点(チャネル)に関するコンサルティングアウトソーシングサービスおよびソフトウェアの提供をする会社である。

沿革[編集]

  • 1999年6月 - 東京都中央区築地に設立[1]
  • 1999年8月 - BPS(築地)コールセンター開設。
  • 1999年10月 - 証券会社、先進通信会社等コールセンター運営受託。
  • 2000年3月 - コールセンターにフォーカスしたITプラットフォームサービスを提供する「株式会社ビッツテージ」を設立。
  • 2000年5月 - 株式会社ゼストと合併。
  • 2001年4月 - 茅場町コールセンター開設。
  • 2003年1月 - 東京都中央区日本橋茅場町に本社移転。
  • 2005年6月 - 社団法人日本テレマーケティング協会加入(正会員)。
  • 2005年8月 - 「プライバシーマーク」の認証を取得。
  • 2005年10月 - 東京都港区六本木に本社移転。
  • 2006年8月 - 新川コールセンター開設
  • 2007年10月 - 100%子会社として、ニューズライン・テクノロジー株式会社の株式取得、同12月に社名を「株式会社バージェント」と変更。
  • 2008年7月 - 株式会社バーチャレクスと株式会社ビッツテージ合併、社名をバーチャレクス・コンサルティング株式会社に変更。
  • 2008年12月 - 佐賀フュージョンサービス株式会社の株式取得、子会社化。「バーチャレクス九州株式会社」と改め、新たに九州拠点におけるコールセンター運営事業を展開[2]
  • 2009年10月 - バーチャレクス九州株式会社を存続会社とし、子会社であるバーチャレクス九州株式会社と株式会社バージェント合併。
  • 2010年8月 - シンプレクス社が当社株式を追加取得。
  • 2011年5月 - 東京都港区虎ノ門に本社移転。
  • 2016年6月 - 東京証券取引所マザーズ市場へ上場。
  • 2017年2月 - 株式会社タイムインターメディアの株式取得、子会社化[3]
  • 2017年10月 - バーチャレクス・ホールディングス株式会社から事業の全部を継承し、新設分割により設立。
  • 2018年4月 - Virtualex (Thailand) Co., Ltd.(バーチャレクス・タイランド)を、タイバンコクで設立[4]

グループ会社[編集]

  • バーチャレクス九州株式会社:コールセンター業務を中心としたアウトソーシングサービスの提供
  • Virtualex (Thailand) Co., Ltd. : 日本向けBPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)事業
  • Virtualex U.S.A., Inc. : ITソリューションの調査・研究
  • 株式会社タイムインターメディア : Webシステム、文教・教育ソリューションの提供およびソフトウェアの研究・開発(AI等)
  • VXアクト株式会社 : オンサイトチームエンジニアリング(OTE)、オフショア開発、ITオペレーションアウトソーシング等のITサービスの提供[5]

書籍[編集]

  • 『カスタマーサクセス――サブスクリプション時代に求められる「顧客の成功」10の原則』:英知出版/ニック・メータ, ダン・スタインマン, リンカーン・マーフィー 著, バーチャレクス・コンサルティング 訳
監修
  • 『経営に貢献するコールセンターの構築 企画から設立、運営まで』:英知出版丸山栄樹(代表取締役会長)、小林知巳(企画担当ディレクター)著、バーチャレクス・コンサルティング 監修

脚注[編集]

[ヘルプ]