バードバス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ガラス鉢製のバードバスで水浴びするマネシツグミ

バードバス(Bird bath[1])は、を飲んだり、浴びたり、体を冷やしたりできるようにした、水を貯めた鉢で作った人工的な水たまりである。バードバスは、オーナメント、小さなリフレクティング・プール、野外彫刻等にもなりうる。

バードバスは、特に夏季や乾季には、庭を訪れる様々な種類の鳥を引き寄せる。一年中安定的に水を供給するバードバスは、「小さな生態系」を作る手助けをする[2]

概要[編集]

バードバスは、台や柱の上に鉢を置いたり、葉や木に吊るしたり、岩を掘ったりして作る。

バードバスに必要なものは、徐々に深くなる浅い鉢、ネコのストーキングを最小限にするための開けた環境、清潔で新しく補充される水、汚染やを避けるための清掃である。庭にくる鳥は体を水に沈めることはせず、羽を使って背中に水をかけるだけなので、中央部分に2インチ程度の水が溜まっていれば十分である。水が深かったり、鉢が広かったりする時には、中に島を設けると良い。ネコを除ける効果もある[3]。また、鉢を置く台の高さを高くするしたり、隠れる場所をなくすため周りに何も置かないことも、捕食者から守るために有効である。バードフィーダー(餌台)を併設することにより、鳥はより長く滞在し、戻ってくる確立も上がる。

歴史[編集]

初期のバードバスは、単なる地面の窪みであった。最初の専用のバードバスは、イギリスのガーデンデザイン会社Abrahm Pulman & Sonsが1830年代に開発した[4]

設計と製作[編集]

子供動物園内のバードバスに飾られるヒインコのバードバス

伝統的なバードバスは、コンクリートテラコッタ製の鉢と台からなる。鉢には、台と接続するための刻み目がある。台は、1m程の高さである。鉢と台はどちらもレリーフで装飾されることもある。鉢は単純な形のものの他、貝殻や岩場の泉を模した形のものもある。もっとも鳥自体は、パイ皿でも滴る水の水たまりであっても、美学には関心がないように見える[5]

浅いコンクリート製のバードバス

ガラスや、等の金属プラスチックモザイクタイル大理石やその他の野外で使える材料で作ることもできる。自然を模した庭では、岩や石であれば出しゃばらない。循環ポンプやフィルタ、浮子栓を設置するバードバスもある。循環ポンプの動力として、水面又は水中の太陽電池を設置する場合もある。鳥は、水が走る光景や音に惹きつけられる[6]

鳥の習性[編集]

止り木と見かけ[編集]

浅いコンクリート製のバードバスで水浴びするイエスズメ

設計段階で考慮するべきバードバスの重要な要素の1つは、止り木の位置である。鳥が溺れるリスクを避けるために、十分浅くしなければならない。ほとんどの種に対しては、2インチで十分である。鉢がこれより深い場合は、石や砂利等を中央に置き、鳥が止まれる場所を作ることがある。バードバスの中に物を置く際は、鳥の爪で保持しやすくなるような質感にするべきである[7]

安全性[編集]

飼い猫やその他の捕食者から守るため、鳥が周囲を見渡せ、付近に捕食者の隠れ場所がないところにバードバスを設置するべきである。羽が濡れている時には上手く飛べないため、危険を察知してから逃げるまでの十分な時間が稼げるように、周囲2フィートには何も置かない方が良い[8]

このため、バードバスは習慣的に、鳥がすぐに飛び移れるような大きな木の枝の下で、芝生の真ん中に設置される。捕食者が近づいてくるのを確認する際に、鳥はバードバスの縁から見ることになる。そのため、バードバスの直径は小さい方が望ましい。捕食者を隠さないように、バードバスの下に植える植物は、背の低いもののみにするべきである。

鉢が深い場合は、中に入るのを怖がり、縁に留まって水を飲むだけの鳥もいる。

未使用の植木鉢や蓋の空いた空き缶等、意図しない危険を作るべきではない。これらに雨水が溜まると、溺れる危険がある。

両眼視のできない鳥は、水の深さの予測が苦手であり、水の深さを推測できない時は困惑する。バードバスの縁に向かって、棒や平らな石を斜面状に立てかけ、徐々に水に入れるようにするで、鳥の恐怖を和らげることができる[6]

大きな鳥[編集]

カナダガン等の大型の鳥も水浴びをする。刈り株の畑の大きな農業用スプリンクラーの周りによく集まっている。特に湿地のない都市部や郊外部で、渡り鳥にこのような場所を提供することで、しばしばこの地域を訪れるようになる。湿地が減少する状況では、このような取組は、重要な保存活動になる。

メンテンナンス[編集]

バードバスは、定期的なメンテナンスが必要である。掃除には様々な手法や少量の漂白剤オレガノまたはオリーブ油、市販の無毒の洗剤を含む様々な道具が用いられる。毎日の手入れとしては簡単な掃除と水の入替で良いものもあるが、素材による。糞、ボウフラ藻類等で汚染された水を鳥が飲むと健康被害に繋がるため、毎日の手入れと新鮮な水は重要である。コンクリート製のバードバスはコケが生えやすいため、時々タワシで擦る必要がある[9]。一方、プラスチック樹脂製のものは、排水してタオルでふき取り、水を入れ替えれば良い。

メンテナンス不良で最も深刻な危機は、蚊やボウフラの繁殖である。ボウフラの成長サイクルは7-10日間のため、毎週1回は水を取り換える必要がある。または、蚊が卵を産むのに必要な静止した水面を作らないように、通気装置を用いる手段もある。また、蚊には有害だがヒトや野生生物には無害なバチルス・チューリンゲンシス israelensis (Bti)を含む市販品を用いることで、蚊の発生を抑制することができる。

庭の設計[編集]

バードバスは、しばしば庭全体の設計プランの中央に配置される。家や学校、会社の窓から見える場所で、鳥の安全に留意した小さなパティオ、デッキ、テラスに置かれることもある。庭が狭いときや庭がないビルの場合にはバルコニーやデッキに置かれることが多い。

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ birdbath”. Merriam-Webster.com. 2018年5月22日閲覧。
  2. ^ "Offer Water to Wildlife In Winter" from National Wildlife Magazine 1/6/2010
  3. ^ Sally Roth (1998). Attracting Birds to Your Backyard: A Rodale Organic Gardening Book, p. 18. Rodale Press Inc., Emmaus PA, 0-87596-892-9.
  4. ^ Abram Pulman & Sons Ltd”. LinkedIn. 2019年3月6日閲覧。
  5. ^ Washington Department of Fish and Wildlife, Ponds and birdbaths | http://wdfw.wa.gov/wlm/backyard/ponds-birdbath.htm | accessdate = 2009-03-13
  6. ^ a b The Best Way to Offer Water to the Birds”. The Ornate Bird Garden (2007年10月22日). 2007年10月22日閲覧。
  7. ^ How To Buy Bird Baths Online - 5 Tips https://birdbathsforsale.com/buy-bird-baths-online/
  8. ^ Sally Roth (1998). Attracting Birds to Your Backyard: A Rodale Organic Gardening Book, also on p. 18. Rodale Press Inc., Emmaus PA, 0-87596-892-9.
  9. ^ Birdbath FAQ”. 2016年3月18日閲覧。