バーニー/みんなが愛した殺人者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
バーニー/みんなが愛した殺人者
Bernie
監督 リチャード・リンクレイター
脚本 スキップ・ホランズワース
リチャード・リンクレイター
原作 スキップ・ホランズワース
「Midnight in the Garden of East Texas」
製作 セリーヌ・ラトレイ
マーティン・シェイファー
リズ・グロッツァー
マット・ウィリアムズ
デヴィッド・マクファッゼン
ジャド・ペイン
デート・メサーヴ
ジンジャー・スレッジ
リチャード・リンクレイター
製作総指揮 マイケル・バシック
ウィリアム・T・コンウェイ
ジョン・ポール・デジョリア
ドナルド・フォックス
ジャック・ジラルディ・Jr
アレックス・ガディム
リッサ・ガディム
ケン・ハーシュ
ジョニー・リン
ダンカン・モンゴメリー
ダービー・パーカー
ジャック・セルビー
シェーン・ステンジャー
出演者 ジャック・ブラック
シャーリー・マクレーン
マシュー・マコノヒー
音楽 グレアム・レイノルズ英語版
撮影 ディック・ポープ
編集 サンドラ・エイデアー
製作会社 マンダレイ・ヴィジョン英語版
ウィンド・ダンサー・フィルムズ
デツアー・フィルムプロダクション
キャッスル・ロック・エンターテインメント
配給 アメリカ合衆国の旗 ミレニアム・エンタテーインメント[1]
日本の旗 トランスフォーマー
公開 アメリカ合衆国の旗 2011年6月16日
(ロサンゼルス映画祭[2]
アメリカ合衆国の旗 2012年4月27日
日本の旗 2013年7月13日
上映時間 99分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $9,191,638[3]
テンプレートを表示

バーニー/みんなが愛した殺人者』(原題: Bernie )は、リチャード・リンクレイター監督による2011年のアメリカ合衆国のコメディ映画である。リンクレイターとスキップ・ホランズワース英語版が実際の事件を基に脚本を執筆した。出演はジャック・ブラックシャーリー・マクレーンマシュー・マコノヒー

キャスト[編集]

製作[編集]

Texas Monthly 』誌上でスキップ・ホランズワースが1998年に執筆した記事「Midnight in the Garden of East Texas」を原作としている[4]。その記事は1996年にテキサス州カーセッジ英語版で39歳の葬儀店員が81歳の大富豪の女性を殺害した事件を扱っている[5]

撮影は22日間かけて行われた[2]

公開[編集]

2011年のロサンゼルス映画祭英語版で上映された。アメリカ合衆国ではミレニアム・エンターテインメント配給で2012年4月27日に公開された[6]

批評家の反応[編集]

Rotten Tomatoesでは148件のレビューで批評家支持率は90%、平均点は10点満点中7.5点となっている。特に、主演を務めたジャック・ブラックの演技は高く評価されている[7]。また、Metacriticには、35件のレビューがあり、加重平均値は75/100となっている[8]

シカゴ・サンタイムズ』のロジャー・イーバートはこの映画を楽しんだと前置きしたうえで、4つ星中3つ星半の評価を下し、「リチャード・リンクレイターの演出とジャック・ブラックの演技を特に称賛したい。」と述べた[9]

受賞とノミネート[編集]

部門 対象 結果
ゴッサム・インディペンデント映画賞[10] 作品賞 『バーニー/みんなが愛した殺人者』 ノミネート
アンサンブルキャスト賞 『バーニー/みんなが愛した殺人者』 ノミネート
インディペンデント・スピリット賞[11] 作品賞 『バーニー/みんなが愛した殺人者』 ノミネート
主演男優賞 ジャック・ブラック ノミネート
ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞[12] インディペンデント映画トップ10 『バーニー/みんなが愛した殺人者』 N/A
放送映画批評家協会賞[13] コメディ映画賞 『バーニー/みんなが愛した殺人者』 ノミネート
コメディ映画男優賞 ジャック・ブラック ノミネート
コメディ映画女優賞 シャーリー・マクレーン ノミネート
ニューヨーク映画批評家協会賞[14] 助演男優賞 マシュー・マコノヒー
(『マジック・マイク』に対しても)
受賞
オースティン映画批評家協会賞[15] オースティン映画賞 リチャード・リンクレイター 受賞
サウスイースタン映画批評家協会賞[16] ジェーン・ワイアット賞 『バーニー/みんなが愛した殺人者』 次点
セントルイス映画批評家協会賞[17] アートハウス・フェスティバル映画賞 『バーニー/みんなが愛した殺人者』 ノミネート
ゴールデングローブ賞[18] 主演男優賞 (ミュージカル・コメディ部門) ジャック・ブラック ノミネート

参考文献[編集]

  1. ^ Fleming, Mike (2011年9月29日). “TOLDJA! Millennium Entertainment Acquires Jack Black Pic ‘Bernie’”. Deadline.com. 2011年9月29日閲覧。
  2. ^ a b Zeitchik, Steven (2011年6月16日). “Los Angeles Film Festival: Richard Linklater stays provocative and independent with 'Bernie'”. Los Angeles Times. 2011年10月1日閲覧。
  3. ^ Bernie (2012)”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2013年4月20日閲覧。
  4. ^ Hollandsworth, Skip (1998年1月). “Midnight in the Garden of East Texas”. Texas Monthly. http://www.texasmonthly.com/1998-01-01/feature4.php 2012年4月27日閲覧。 
  5. ^ Associated Press with Sonny Bohanan (1998年10月26日). “Trial begins for man accused in death”. Amarillo.com. Amarillo Globe-News. 2012年7月29日閲覧。
  6. ^ Film Details”. MillenniumEntertainment.me (2012年4月27日). 2012年7月29日閲覧。
  7. ^ Bernie”. Rotten Tomatoes. Flixster, Inc.. 2013年9月27日閲覧。
  8. ^ Bernie”. 2013年9月27日閲覧。
  9. ^ Bernie”. 2013年9月27日閲覧。
  10. ^ Knegt, Peter; Smith, Nigel M (2012年11月26日). “'Moonrise Kingdom,' 'Beasts of the Southern Wild' Lead Gotham Award Winners”. IndieWire. SnagFilms. 2012年11月27日閲覧。
  11. ^ Harp, Justin (2012年11月27日). “'Moonrise Kingdom', 'Silver Linings' among Independent Spirit nominees”. Digital Spy. Hearst Magazines UK. 2012年11月27日閲覧。
  12. ^ Awards for 2012”. National Board of Review (2012年12月5日). 2010年6月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年12月11日閲覧。
  13. ^ 'Lincoln' leads the 18th Annual Critics' Choice Movie Awards nominations with a record 13 noms”. 放送映画批評家協会 (2012年12月11日). 2012年12月11日閲覧。
  14. ^ 'Zero Dark Thirty' and 'Lincoln' winners in N.Y. Film Critics Circle Awards”. nj.com (2012年12月3日). 2012年12月4日閲覧。
  15. ^ Official Announcement”. 2013年1月21日閲覧。
  16. ^ Southeastern Film Critics Association Awards: 'Argo' Best of 2012; 'Zero Dark Thirty,' 'Lincoln' Runners-Up”. commercialappeal.com (2012年12月17日). 2012年12月20日閲覧。
  17. ^ St. Louis Critics Announce 2012 Award Nominees”. indieWire (2012年12月11日). 2012年12月12日閲覧。
  18. ^ '2013 Golden Globe Nominations”. 2013年1月19日閲覧。