バーローの車輪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
バローの車輪
発明者であるピーター・バーロー

バローの車輪(Barlow wheel)は1822年にイギリス数学者物理学者技術者であったピーター・バーロー(Peter Barlow)とサミュエル・ハンター・クリスティ(Samuel Hunter Christie)によって発明された初期の電動機[1]。1821年に王立研究所マイケル・ファラデーによって考案された単極電動機と並び、電気エネルギー運動エネルギーに変換する装置としては最古の部類に属する[2]

作動原理[編集]

車輪の歯車の先端が水銀に接触すると歯車に電流が流れ、フレミングの左手の法則に則ってその電流永久磁石磁気との作用で歯車には回転する力が与えられる[3]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 発電機と電動機の歴史の概要説明”. 2016年8月24日閲覧。
  2. ^ ファラデーの単極誘導 / 単極モーター の実験”. 2016年8月24日閲覧。
  3. ^ バローの車輪”. 2016年8月24日閲覧。

文献[編集]

  • モーター進化の百年」『大人の科学マガジン』、学研、2008年9月30日、 ISBN 978-4056052763。
  • バーローの車輪」『月刊うちゅう』第18巻第1号、大阪市立科学館友の会、2001年。