バーンパイン駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
バーンパイン駅
Bang Pa-In Railway Station, Ban Len, Ayutthaya, Thái Lan - panoramio.jpg
บางปะอิน
Bang Pa-In
クローンプッサー (6.12km)
(4.75km) バーンポー
所在地 タイ王国の旗 タイ王国
アユタヤ県
バーンパイン郡
駅番号 1028
所属事業者 タイ国有鉄道
等級 一等駅
所属路線 北本線
東北本線
キロ程 58.00km(クルンテープ駅起点)
電報略号 บอ.
駅構造 地上駅
ホーム 3面4線
乗降人員
-統計年度-
500-700人/日
開業年月日 1897年3月26日
テンプレートを表示

バーンパイン駅(バーンパインえき、タイ語:สถานีรถไฟบางปะอิน)は、タイ王国中部アユタヤ県バーンパイン郡にある、タイ国有鉄道北本線である。

概要[編集]

バーンパイン駅は、タイ王国中部アユタヤ県の、人口9万人が暮らすバーンパイン郡にある。駅の正面側は西向きであり、町の中心部に位置するが、小さな町である。駅の反対側には1989年に設立されたバーンパイン工業団地がある。

一等駅であり(2012年3月15日に2等駅から昇格)タイ国鉄北本線東北本線の共用区間に位置する。この為列車頻度が高く、1日当たり38列車(19往復)の発着があり、その内訳は快速5往復、普通14往復であり、特急急行は停車しない。当駅を含むランシット駅-バーンパーチー分岐駅が3線区間でもある。

クルンテープ駅から58.00kmであり、普通列車利用の場合運賃は12バーツ(約30)となっており、時間的にも1時間30程度である。

当駅より800mに、バーンパイン宮殿がありそのため当駅には王室専用待合所がある[1]

歴史[編集]

タイ最初の官営鉄道としてバンコク - ナコンラチャシーマが建設される事になり、その最初の開通区間として当駅を含むクルンテープ駅 - アユタヤ駅間が、1897年3月26日に開業した[2]。目標のナコンラチャシーマまで開通後北本線を建設する事になり、当駅より31.95km北にあるバーンパーチー駅より分岐してチエンマイまでの工事が開始された。

  • 1897年3月26日 【開業】クルンテープ駅 - アユタヤ駅 (71.08km)

駅構造[編集]

単式1面、及び島式2面の複合型ホーム3面4線をもつ地上駅であり、駅舎はホームに面している。

駅周辺[編集]

バーンパイン宮殿(プラティーナン・アイスワンティップアート)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 渡邉乙弘 『タイ国鉄4000キロの旅』 (文芸社、2013年)p.599
  2. ^ 柿崎一郎 『王国の鉄路 タイ鉄道の歴史』 (京都大学学術出版会、2010年)p.25

参考文献[編集]

  • 柿崎一郎 『王国の鉄路 タイ鉄道の歴史』 (京都大学学術出版会、2010年)ISBN 978-4-87698-848-8
  • 渡邉乙弘 『タイ国鉄4000キロの旅』 (文芸社、2013年)ISBN 978-4-286-13041-5

関連項目[編集]