パイオニア戦志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

パイオニア戦志(パイオニアせんし)は、かつて存在した日本プロレス団体。日本のプロレス界におけるインディー団体の嚆矢とされる。

歴史[編集]

旗揚げまでの経緯[編集]

国際プロレス所属選手で全日本プロレスに参戦していた剛竜馬高杉正彦アポロ菅原(いずれも国際血盟軍のメンバー)が、全日本の選手過剰による人員整理要員とされて、1986年4月から参戦が決定していたユニット「カルガリーハリケーンズ」と入れ替わるように、「エキサイティングウォーズ'86」のシリーズ中3月2日岩手県陸前高田市の市民体育館大会をもって全日本を解雇された[1]。当時、新日本プロレスと全日本の関係が悪化していたことから3人は上がるリングを事実上失ってしまった[2]。その後、剛と高杉は全日本にスポット参戦する機会があったが継続参戦する場はなく、剛はお好み焼き屋の店長、高杉は自身が経営するジムの運営、菅原は、たけしプロレス軍団のコーチを務めるなどして生計を立てていた[3]

旗揚げ[編集]

その折、高杉が自身の後援者からプロレス団体の設立を薦められ、剛と菅原に参加を要請。1988年11月15日アニマル浜口レスリング道場で設立記者会見を行う。団体名は菊池孝によって国際プロレスのキャッチフレーズだった「パイオニア精神」にちなみ、パイオニア戦志と命名される[3]

1989年4月30日後楽園ホールで旗揚げ戦を開催。当時、男子プロレス界は新日本、全日本、UWFの3団体時代であり物珍しさもあって滅多にない旗揚げ戦を、この目で見ようと駈け付けたファン1600人(主催者発表)の観客を集める。

しかし所属選手が剛、高杉、菅原しかいなかったため、剛と当時FMWを旗揚げする前で、フリーの立場であった大仁田厚によるシングルマッチをメインイベントに、高杉対菅原戦をセミファイナルとして2試合のカードしか組むことができず、苦肉の策として練習生の公開練習と一般参加のアームレスリング大会を試合前に行った。すなわち記念すべき旗揚げ戦のリングに最初に上がったのは素人ということになる。

旗揚げ戦から半年後の10月に第2戦を開催するが、その時点で菅原が退団し、穴埋めとしてジャパンプロレス崩壊後フリーの立場であった新倉史祐を招聘し代役を務め、メインイベントには大仁田との対戦で知られるようになった空手家の青柳政司を招聘し、剛とシングルマッチを行う。だが、当日の急なカード変更や、剛対青柳戦で両者レフェリーストップの裁定に客が暴動寸前になり、激怒した立会人のアニマル浜口が剛と青柳を控室からリングに引きずり戻し、往復ビンタして試合再開させる珍事まで起きている。

その後、新日本プロレスと交流を行い、藤波辰巳(現:藤波辰爾)や獣神サンダー・ライガーを招聘するがメジャー団体の力を見せ付けられる結果となってしまう。この時期、新日本プロレスに参戦した剛と高杉がタッグを組んで長州力&佐々木健介組と対戦してフォール勝ちするなどの活躍も見せるが地味な勝ち方で評価もあまり芳しくなかった。

旗揚げ第2戦以降、新日本プロレスとの交流や、誠心会館より青柳政司や松永光弘の参戦、ジャパン女子プロレスの試合を招聘するなどしていたがプロレス界に確固たる地位は築けず、また興行に関しては素人であったため経営に行き詰まって1990年12月に解散。その後、剛を始めとする所属選手たちは、しばらくの休止期間を経て1992年6月に新団体『オリエンタルプロレス』を旗揚げし再出発した。

FMWよりも先に設立して、その点においてはインディー団体の先駆けになったプロレス団体ではあるがデスマッチ等の奇抜な試合は行わず正攻法なプロレスにこだわったこと、興行に関しての専門家がいなかったこと、なまじ新日本と交流を行ったため格下プロレス団体のイメージがついてしまったことなどからFMWのようなムーブメントを起こせなかった。

所属選手[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 剛竜馬UWFから移籍する形で1984年高杉正彦国際プロレス崩壊後にメキシコに遠征した後の1982年アポロ菅原は国際プロレス崩壊直後に全日本プロレスに入団。
  2. ^ 1986年全日本プロレスは11カードが組まれていたのに対して新日本プロレス1984年から続いていた大量離脱の影響で8カードが組まれるまで減少しており日本人選手同士の抗争も1986年1月から参戦した剛竜馬と確執を起こしたUWFとの戦いにシフトしていた。高杉正彦アポロ菅原国際プロレス崩壊時に新日本入りを拒否している。
  3. ^ a b 『G SPIRITS VOL.46』2018年 辰巳出版 ISBN 9784777820047 34Pから43Pの高杉正彦による証言