パイオーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
パイオーンによるパイオニアの創建。

パイオーン古希: Παίων, Paiōn)は、ギリシア神話の人物である。長母音を省略してパイオンとも表記される。主に、

の3人が知られている。以下に説明する。

エンデュミオーンの子[編集]

エーリスの王エンデュミオーンの子で、エペイオスアイトーロスと兄弟である。エンデュミオーンは兄弟に徒競走をさせ、勝利したエペイオスに王位を継がせたが[1]、負けたパイオーンはギリシアの北方の地に去った。そこでその地をパイオニアと呼ぶようになったという[2]

ヘレーの子[編集]

一説にアタマースの娘ヘレーとポセイドーンの子で、エードーノス、アルモープスと兄弟[3]

エンデュミオンの子と(父母に関する伝承が異なるだけの)同一人物とする説もある[4]

アンティロコスの子[編集]

ピュロスの王ネストールの子アンティロコスの子である。パイオーンの子供たちはヘーラクレイダイの帰還によって他の同族同様に追放された[5]。彼らはアテーナイに亡命し、アテーナイの部族パイオニダイの祖になった[6]

脚注[編集]

  1. ^ パウサニアス、5巻1・4。
  2. ^ パウサニアス、5巻1・5。
  3. ^ 高津春繁『ギリシア・ローマ神話辞典』「ヘレー」p.254a。
  4. ^ 高津春繁『ギリシア・ローマ神話辞典』「パイオーン 1.」p.187a。
  5. ^ パウサニアス、2巻18・8。
  6. ^ パウサニアス、2巻18・9。

参考文献[編集]