パウル・ハインライン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

パウル・ハインラインPaul Hainlein 1626年4月11日 - 1686年8月6日)は、ドイツ作曲家トランペット製作者。

ハインラインはニュルンベルクに生まれた。一家はニュルンベルクの有名な楽器製作家であった。12歳になったハインライは自らStudiosus musicusと名乗り、葬送曲を1曲書いた。1646年、父のゼバスティアン・ハイライン2世の薦めに従い、ハイラインはリンツミュンヘンへと留学する。続く1647年1648年に北イタリアを巡った彼は、複数の旅行記をしたためて現地の音楽事情を書き残しているが、中でも特にジョヴァンニ・ロヴェッタの名前が挙げられている。帰郷したハイラインはニュルンベルク市の音楽評議員の職を得るとともに、トランペット製作者として父の傍らで働いた。1651年までには賞を獲得している。彼の工房で制作された楽器は、現在バート・ゼッキンゲンドイツ語版、ニュルンベルク、ベルリンコペンハーゲンブリュッセルのコレクションで目にすることができる。

1651年に提出された婚姻届の職業欄に音楽家、オルガニストと記載されていることから、ハインラインが音楽家を主業としていたことは間違いない。1655年には聖エジディーン教会ドイツ語版1658年には重要な聖ゼーバルト教会ドイツ語版のオルガニストに任用されている。

ハインラインはニュルンベルクに没している。

主要作品[編集]

ハインラインの器楽曲の大半は散逸しているが、ニュルンベルクの歌曲コレクションにはいくつかの声楽曲が遺されている。

  • Mehrere Geistliche Konzerte
  • 歌唱と通奏低音のための『Besondere Melodeyen über die zwölff Monaten
  • Sonata a 5 Battalia
  • レオポルト1世のニュルンベルク訪問のための祝典音楽