パウル・ヴィルヘルム・フォン・ヴュルテンベルク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
パウル・ヴィルヘルム・フォン・ヴュルテンベルク
Paul Wilhelm von Württemberg
Paul Wilhelm of Württemberg.jpg

出生 (1797-06-25) 1797年6月25日
死去 (1860-11-25) 1860年11月25日(63歳没)
配偶者 マリア・ゾフィア・フォン・トゥルン・ウント・タクシス
子女 マクシミリアン
家名 ヴュルテンベルク家
父親 オイゲン・フォン・ヴュルテンベルク
母親 ルイーゼ・ツー・シュトルベルク=ゲーデルン
テンプレートを表示

フリードリッヒ・パウル・ヴィルヘルム・フォン・ヴュルテンベルク(Friedrich Paul Wilhelm, Herzog von Württemberg、1797年6月25日 - 1860年11月25日)は、ヴュルテンベルク家の一員である。博物学者として知られ、19世紀始め、北アメリカ北アフリカ探検を行った事で知られる。

略歴[編集]

ヴュルテンベルク公オイゲンと、シュトルベルク=ゲーデルン侯女ルイーゼの間の5番目の子で末子である。1822年から1824年の間、最初の主要な探検旅行としてキューバと北アメリカへ旅した。ヴュルテンベルクは、訪れた場所の自然や民族について詳細に記録した日記を残し、同行した画家が風景や動植物の絵を残した。1827年4月にトゥルン・ウント・タクシス侯カール・アレクサンダーの娘マリア・ゾフィアと結婚し、息子マクシミリアン(1828年 - 1888年)をもうけるが1835年に離婚した。

特に南北アメリカの研究に従事し、西部アメリカを探検した時には、ショーショーニー族インディアンの女性のサカガウィアの息子でガイドのシャルボノー(Jean Baptiste Charbonneau)と知り合った。ヴュルテンベルクの探検隊は5ヶ月間、アッパーミズーリに留まり、交易所やインディアンの部族を訪れ、多くの科学的な資料を集めた。ミシシッピ川ミズーリ川の源流を訪れた探険家の一人となった。

1850年代の終わりには、テキサス州のシスターデールに入植した学者のオットマー・フォン・ベーアを訪ね、1855年にニューブローンフェルズに入植した画家のCarl G. von Iwonskiをたずねた。

バート・メルゲントハイムの宮殿に膨大な科学コレクションを作り上げた。これらのコレクションは現在はシュトゥットガルトのシュロス・ローゼンシュタイン博物館(Schloss Rosenstein Museum)などに保存されている。

著作[編集]

  • Friedrich Paul Wilhelm Herzog von Württemberg: Reise in Nordamerica während den Jahren 1822, 1823 und 1824. Erster Theil. Mergentheim [Druckerei Johann Georg Thomm] 1828.
  • Paul Wilhelm Herzog von Württemberg: Erste Reise nach dem nördlichen Amerika in den Jahren 1822 bis 1824. Stuttgart und Tübingen 1835.

参考文献[編集]

  • Siegfried Augustin (Hg.): Herzog Paul Wilhelm von Württemberg, Reise nach dem nördlichen Amerika in den Jahren 1822 bis 1824. München 1978.
  • Kazimierz Bobowski: Paul Herzog von Württemberg. In: Das Haus Württemberg - Ein biographisches Lexikon. Kohlhammer, Stuttgart 1997, ISBN 3-17-013605-4
  • Monika Firla/Hermann Forkl: Herzog Paul Wilhelm von Württemberg (1797 - 1860) und Afrika (Sudan, Äthiopien, Kanuri und Afroamerika). In: Tribus, N.F. 47/1998. S. 57-95.
  • Kilian Klann: Die Sammlung indianischer Ethnographica aus Nordamerika des Herzog Friedrich Paul Wilhelm von Württemberg. Wyk auf Föhr 1999.
  • Monika Firla: Herzog Paul Wilhelm von Württemberg. Naturforscher, Ethnograph, Reisender, Sammler und Museumsgründer. In: Gerhard Thaddey/Joachim Fischer (Hg.): Lebensbilder aus Baden-Württemberg. Band 20. Stuttgart 2001. S. 226-257.