パウロ・エンヒキ・サンパイオ・フィーリョ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この名前は、ポルトガル語圏の人名慣習に従っています。第一姓(母方の)はサンパイオ第二姓(父方の)はフィーリョです。
パウリーニョ Football pictogram.svg
Paulinho-2018-08-19.jpg
名前
本名 パウロ・エンヒキ・サンパイオ・フィーリョ
ラテン文字 Paulo Henrique Sampaio Filho
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 (2000-07-15) 2000年7月15日(18歳)
出身地 リオデジャネイロ
身長 175cm
体重 75kg
選手情報
在籍チーム ドイツの旗 バイエル・レバークーゼン
ポジション FW(LW)
背番号 7
利き足 右足
ユース
2010-2017 ブラジルの旗 ヴァスコ・ダ・ガマ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2017-2018 ブラジルの旗 ヴァスコ・ダ・ガマ 18 (3)
2018- ドイツの旗 バイエル・レバークーゼン 15 (0)
代表歴2
2015-2016  ブラジル U-15 6 (3)
2016-2017  ブラジル U-17 21 (7)
2018-  ブラジル U-20
1. 国内リーグ戦に限る。2019年7月1日現在。
2. 2017年10月13日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

パウリーニョポルトガル語: Paulinhoブラジル・ポルトガル語: [pawˈlĩj̃u])ことパウロ・エンヒキ・サンパイオ・フィーリョPaulo Henrique Sampaio Filho2000年7月15日 - )は、ブラジルリオデジャネイロ出身のサッカー選手バイエル・レバークーゼン所属。ポジションはフォワード

クラブ歴[編集]

ヴァスコ・ダ・ガマ[編集]

CRヴァスコ・ダ・ガマの下部組織出身で、ミルトン・メンデス監督時代の2017年6月17日にトップチームに昇格した[1]。7月13日、16歳と363日でカンピオナート・ブラジレイロ・セリエAに初出場し、プロデビュー。途中出場であったがギリェルミが獲得した4点目をアシストしプロ初アシストも決めた[2]。11日後にはスターティングメンバーになり、アトレチコ・ミネイロとのアウェー戦で2得点を記録し2-1の勝利の立役者となり、カンピオナート・ブラジレイロ・セリエA最年少得点記録を更新、2000年以降の生まれで初めて同リーグで得点した選手となった[3][4]。12月3日の最終節でも得点し、クラブのコパ・リベルタドーレス2018予選出場権を獲得に貢献した[5]

コパ・リベルタドーレス2018ではCDウニベルシダ・デ・コンセプシオン戦の第1試合でエヴァンデルの得点をアシスト、第2試合では彼自身が得点した。これによって2000年以降の生まれで初めてコパ・リベルタドーレスで得点を記録した選手となった[6]

バイエル・レバークーゼン[編集]

2018年4月27日にドイツ・ブンデスリーガバイエル・レバークーゼンに加入することが発表された。移籍金はCRヴァスコ・ダ・ガマ史上最高額である2000万ユーロ。2018-19シーズン開始に先立って加入し、5年契約を締結する予定である[7]

代表歴[編集]

2017年3月に2017 南米U-17選手権を優勝。彼は決勝のチリ戦での得点を含む2得点の結果を残した[8][9]。同年10月に2017 FIFA U-17ワールドカップに出場し、開幕節のスペイン戦で決勝点を決めた他、朝鮮民主主義人民共和国戦、準決勝のドイツ戦で得点を決め、ブラジル代表の3位に貢献した[10]

タイトル[編集]

代表[編集]

個人[編集]

  • カンピオナート・カリオカ最優秀選手賞: 2018
  • カンピオナート・カリオカベストイレブン: 2018
  • カンピオナート・カリオカ最優秀若手選手賞: 2018[11][12]
  • エスポルチ・インテルアティヴォ紙選定ヘヴェラソン・ド・カンピオナート・ブラジレイロン: 2017[13]
  • ガーディアン紙選定サッカー界の若きタレントベスト60[14]
  • グローボエスポルチ選定30ヘヴェラソイン・ド・ブラジレイロン[15]
  • モンテギュー国際大会得点王: 2016

記録[編集]

全て当時の新記録

  • CRヴァスコ・ダ・ガマプロ最年少出場: 16歳11ヶ月29日
  • カンピオナート・ブラジレイロ・セリエA最年少得点: 17歳9日
  • コパ・リベルタドーレス最年少得点(CRヴァスコ・ダ・ガマ所属): 17歳6ヶ月23日

参考文献[編集]

  1. ^ Reforçado por joia, Vasco treina visando clássico com o Botafogo”. Vasco da Gama (2017年6月19日). 2017年8月24日閲覧。(ポルトガル語)
  2. ^ Vasco vence o Vitória, deixa abatimento de lado e crava primeiro triunfo fora”. GloboEsporte.com (2017年7月13日). 2017年8月24日閲覧。(ポルトガル語)
  3. ^ Paulinho marca dois gols no Horto, e Vasco derrota o Galo para colar no G-6”. GloboEsporte.com (2017年7月24日). 2017年8月24日閲覧。(ポルトガル語)
  4. ^ Vickery, Tim (2017年7月25日). “Paulinho emerges from Vinicius Junior shadow to strike Brazilian record”. ESPN. 2017年10月6日閲覧。
  5. ^ Base decide, Vasco vence Ponte Preta e confirma vaga na Libertadores”. GloboEsporte.com (2017年12月3日). 2017年12月3日閲覧。(ポルトガル語)
  6. ^ Paulinho faz história, e Vasco confirma classificação na Libertadores”. GloboEsporte.com (2018年2月7日). 2018年2月9日閲覧。(ポルトガル語)
  7. ^ Brasiliens Top-Talent Paulinho wechselt unters Bayer-Kreuz”. Bayer Leverkusen. 2018年4月28日閲覧。
  8. ^ Brasil golea 5-0 a Chile y es campeón del Sudamericano Sub-17”. CONMEBOL (2017年3月20日). 2017年8月24日閲覧。(ポルトガル語)
  9. ^ a b Brazil head up South American quartet”. FIFA (2017年3月20日). 2017年10月6日閲覧。
  10. ^ Paulinho scores against Spain in U17 World Cup”. 2017年10月7日閲覧。
  11. ^ Ferj divulga seleção do Campeonato Carioca: Fluminense e Vasco dominam indicações”. UOL (2018年4月8日). 2018年4月9日閲覧。
  12. ^ Ferj divulga seleção do carioca com cinco jogadores do Flu e dois do Bota”. Globoesporte.com (2018年4月8日). 2018年4月9日閲覧。
  13. ^ Paulinho, do Vasco, é eleito como a 'Revelação do Campeonato Brasileiro 2017'”. 2018年4月9日閲覧。
  14. ^ Next Generation 2017: 60 of the best young talents in world football”. The Guardian. 2018年4月9日閲覧。
  15. ^ Arthur, Murilo, Vinícius Júnior: as 30 revelações do Brasileirão 2017”. 2017年11月28日閲覧。