パウロ・オルランド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • パウロ・オーランド
パウロ・オルランド
Paulo Orlando
シカゴ・ホワイトソックス (マイナー)
Paulo Orlando (36806048595).jpg
ロイヤルズ時代(2017年8月16日)
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
出身地 サンパウロ州サンパウロ
生年月日 (1985-11-01) 1985年11月1日(33歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
210 lb =約95.3 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 2005年 アマチュアFA
初出場 2015年4月10日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム ブラジルの旗 ブラジル
WBC 2013年

パウロ・ロベルト・オルランドPaulo Roberto Orlando, 1985年11月1日 - )は、ブラジル連邦サンパウロ州サンパウロ出身のプロ野球選手外野手)。右投右打。MLBシカゴ・ホワイトソックス傘下所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

高校時代まで短距離のブラジル代表として活躍していた。

プロ入りとホワイトソックス傘下時代[編集]

2005年1月21日にシカゴ・ホワイトソックスと契約してプロ入り。

2006年に傘下のA級カナポリス・インティミディターズ英語版でプロデビュー。116試合に出場して打率.262、6本塁打、31打点、29盗塁を記録した。

2007年はA+級ウィンストン・セイラム・ワースホッグス英語版でプレーし、102試合に出場して打率.253、8本塁打、34打点、20盗塁を記録した。

2008年もA+級ウィンストン・セイラムでプレーし、112試合に出場して打率.261、12本塁打、51打点、29盗塁を記録した。

ロイヤルズ時代[編集]

2008年8月9日にホラシオ・ラミレスとのトレードで、カンザスシティ・ロイヤルズへ移籍した[1]。移籍後は傘下のA+級ウィルミントン・ブルーロックスでプレーし、18試合に出場して打率.254、3本塁打、9打点、1盗塁を記録した。

2009年もA+級ウィルミントンでプレーし、101試合に出場して打率.261、2本塁打、34打点、20盗塁を記録した。

2010年はAA級ノースウエストアーカンソー・ナチュラルズでプレーし、121試合に出場して打率.305、13本塁打、64打点、25盗塁を記録した。

2011年はまずAAA級オマハ・ストームチェイサーズで58試合に出場したが、打率.235、1本塁打、27打点、6盗塁と結果を残せず、7月にAA級ノースウエストアーカンソーへ降格した。同球団では45試合に出場して打率.305、4本塁打、24打点、8盗塁を記録した。

2012年はAA級ノースウエストアーカンソーでプレーし、116試合に出場して打率.279、6本塁打、40打点、21盗塁を記録した。

オフに第3回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)予選のブラジル代表に選出された[2]

2013年開幕前の3月に開催された第3回WBC本戦のブラジル代表に選出された。

シーズンではAAA級オマハでプレーし、92試合に出場して打率.276、5本塁打、46打点、8盗塁を記録した。

2014年もAAA級オマハでプレーし、136試合に出場して打率.301、6本塁打、63打点、34盗塁を記録した。オフの11月3日にロイヤルズとメジャー契約を結び、40人枠入りした[3]

2015年は初めて開幕25人のロースター入りを果たすと4月10日のホワイトソックス戦に「8番・左翼手」で先発出場し、ブラジル人史上3人目のメジャーデビュー(野手ではヤン・ゴームズに次いで2人目)を果たした。第二打席にジョン・ダンクスから三塁打を放ちメジャー初安打を記録した。この年は控え外野手としてコンスタントに出番を得て、86試合で打率.249、7本塁打、27打点、3盗塁という成績を残した。なお、四球が極端に少なく5つだけであり、出塁率は打率より.020高いだけだった。守備面では45試合で右翼手、37試合で左翼、5試合で中堅手を守り、計4つの失策を犯したものの、全ポジションでプラスのDRSを記録、トータルでは+8を記録した。

2016年は右翼のレギュラーに抜擢され、128試合に出場。打撃面では打率.302、5本塁打、43打点、14盗塁という好成績を残した。ただ、13四球に対して105三振を喫し、選球眼の課題も残った。右翼の守備は、89試合で3失策・守備率.982・DRS +5、中堅37試合で1失策・守備率.988・DRS +5と、いずれのポジションでも好守を発揮した。

2017年は39試合に出場して打率.198、2本塁打、6打点、1盗塁を記録した。

2018年は25試合に出場して打率.167、5打点を記録した。オフの11月2日にFAとなった[4]

ドジャース傘下時代[編集]

2019年1月4日にロサンゼルス・ドジャースとマイナー契約を結んだ[5]

ホワイトソックス傘下復帰[編集]

2019年5月10日に金銭トレードで、ホワイトソックスへ移籍した[6]

人物・プレースタイル[編集]

サンパウロ生まれで、12歳のころに日系の子どもたちに交じって野球に親しんだ[7]。 俊足が特徴で国際陸上競技連盟の公式ホームページの選手名鑑によれば、2004年4月(18歳時)の大会で200メートル21秒10、400メートルで46秒58を記録している[8]。 マイナー9年間通算で200盗塁、63本の三塁打を記録した俊足であり、メジャー昇格後は最初の3安打がすべて三塁打であった。これは史上初の記録である。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2015 KC 86 251 241 31 60 14 6 7 107 27 3 3 2 1 5 0 2 53 0 .249 .269 .444 .713
2016 128 484 457 52 138 24 4 5 185 43 14 3 3 3 13 1 7 105 12 .302 .329 .405 .734
2017 39 90 86 9 17 3 0 2 26 6 1 1 0 0 1 0 2 20 3 .198 .225 .302 .527
2018 25 93 90 6 15 3 0 0 18 5 0 0 0 0 3 0 0 25 3 .167 .194 .200 .394
MLB:4年 278 918 874 98 230 44 10 14 336 81 18 7 5 4 22 1 11 203 18 .263 .289 .384 .673
  • 2018年度シーズン終了時

背番号[編集]

  • 16(2015年 - 2018年)

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Royals acquire outfielder Orlando from White Sox for Horacio Ramirez” (英語). MLB.com Royals Press Release (2008年8月9日). 2014年12月28日閲覧。
  2. ^ BRAZIL ROSTER[リンク切れ]
  3. ^ Royals select contract of outfielder Paulo Orlando” (英語). MLB.com Royals Press Release (2014年11月4日). 2014年12月28日閲覧。
  4. ^ MLB公式プロフィール参照。2019年2月11日閲覧。
  5. ^ Mark Polishuk (2019年1月4日). “Dodgers Sign Paulo Orlando To Minors Contract” (英語). MLB Trade Rumors. 2019年2月11日閲覧。
  6. ^ Jeff Todd (2019年5月10日). “White Sox Acquire Paulo Orlando” (英語). MLB Trade Rumors. 2019年5月11日閲覧。
  7. ^ 元陸上選手、三塁打を量産 ブラジル出身のオルランド
  8. ^ 巨人ロペスがブラジル俊足男情報/WBC

関連項目[編集]