パウロ・リンク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
パウロ・リンク Football pictogram.svg
名前
本名 パウロ・ロベルト・リンク
Paulo Roberto Rink
ラテン文字 PAULO RINK
基本情報
国籍 ドイツの旗 ドイツ
ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 (1973-02-21) 1973年2月21日(45歳)
出身地 クリチバ
身長 184cm
体重 82kg
選手情報
ポジション FW (CF)
利き足 右足
ユース
1989-1990 ブラジルの旗 アトレチコ-PR
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1991 ブラジルの旗 アトレチコ-MG
1992-1996 ブラジルの旗 アトレチコ-PR 35 (14)
1995 ブラジルの旗 シャペコエンセ (loan)
1997-2001 ドイツの旗 レバークーゼン 88 (29)
1999-2000 ブラジルの旗 サントス (loan) 12 (0)
2002 ドイツの旗 ニュルンベルク 19 (3)
2002-2003 ドイツの旗 コットブス 13 (3)
2003-2004 キプロスの旗 オリンピアコス・ニコシア 14 (9)
2004 オランダの旗 フィテッセ 17 (5)
2004 大韓民国の旗 全北現代 11 (1)
2004-2006 キプロスの旗 オリンピアコス・ニコシア 21 (14)
2006 キプロスの旗 オモニア・ニコシア 13 (10)
2006-2007 ブラジルの旗 アトレチコ-PR 13 (1)
代表歴
1988-2000 ドイツの旗 ドイツ 13 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

パウロ・ロベルト・リンクPaulo Roberto Rink, 1973年2月21日 - )は、ブラジルパラナ州クリチバ出身の元サッカー選手。元ドイツ代表。現役時代のポジションはフォワード。現政治家。

経歴[編集]

クラブ[編集]

ドイツハイデルベルクから20世紀初頭にブラジルへ移住したドイツ人祖父母を持つ[1]リンクは、ブラジルのアトレチコ・ミネイロでキャリアを始め、翌年にはアトレチコ・パラナエンセへ移籍した。1995年に期限付き移籍したシャペコエンセカンピオナート・カタリネンセ得点王(23得点)を獲得する[2]活躍を見せて同年にアトレチコ・パラナエンセへ復帰すると、オゼアスとコンビを組み2部優勝にして1部昇格に貢献した。また、1997年にカンピオナート・パラナエンセで21得点を挙げて得点王に輝いている[3]

1997年夏に移籍金約800万ドルでドイツ1部バイエル・レバークーゼンと契約[4]。開幕戦である8月1日のシャルケ04戦 (2-1) で74分にイェンス・ノヴォトニーに代わり初出場を飾り、23日のカールスルーエSC戦で初得点を記録した。移籍1シーズン目クリストフ・ダウム監督の下で主にジョーカーとして起用され、実に20試合に途中出場し5得点を挙げた。先発出場した試合ではウルフ・キルステンとコンビを組み、最終的に29試合9得点を記録した[5]。翌1997-98シーズンは、キルステンに次ぐ5得点を挙げていたものの、エリック・マイヤーオランダ語版の存在から出場機会を減らした[6]ため、1999年夏にサントスFCへ半年の期限付き移籍に出された[7]。冬にチームへ復帰すると16試合10得点を挙げて力を示すことに成功したが、その好調さを翌2000-01シーズンまで維持することが出来ず、2001-02シーズン開始直後に1.FCニュルンベルクへ売却された。

ニュルンベルクではヤツェク・クジノヴェクマレク・ニクル英語版と共にチーム最多のアシストを提供[8]したが、翌シーズンに再度所属先を変更することとなり、エネルギー・コットブスと契約した。しかし、期待外れの得点力に終わったために2部へと降格するコットブスに別れを告げ、2003年夏にキプロス1部オリンピアコス・ニコシア英語版と契約[9]。キプロスの地で活躍を見せると、同年冬にオランダ1部フィテッセに引きぬかれ、2003年夏まで在籍した。

その後、韓国1部全北現代モータースへ移籍したが振るわず、レバークーゼン在籍時のチームメートであるロブソン・ポンテには韓国からのオファーを拒否し日本に行くよう勧めた[10](この後、ポンテは浦和レッドダイヤモンズでプレー)。オリンピアコス・ニコシアに復帰し、2005-06シーズン冬に同リーグのオモニア・ニコシアへ籍を移した[11]。それから半年後に祖国ブラジルの古巣アトレチコ・パラナエンセに復帰したリンクは、2007年5月2日に現役引退を表明し、24日にクリチバでのチャリティーマッチをもってキャリアを終了した[12]

代表[編集]

ドイツ人の祖父母を持つリンクは、ドイツに渡ってからドイツの市民権を取得し、1998年9月2日のマルタ戦で63分にオラフ・マーシャルドイツ語版に代わりドイツ代表初出場を飾る。また、この試合でドイツ代表初の帰化選手となった[13][14]。その後、エーリッヒ・リベック監督の下でFIFAコンフェデレーションズカップ1999UEFA EURO 2000の2大会に出場し、EUROの方では切り札と目されていた[15]が、両大会共グループリーグを敗退。リンク自身も得点を挙げることが出来ないなど全く活躍出来ず、特にEUROのポルトガル戦では戦犯扱いされた[16]。2000年9月2日に2002 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選ギリシャ戦でアレクサンダー・ツィックラーに代わり残り20分から途中出場したのが代表最後の試合となり、ドイツ代表として13試合0得点を記録した。

引退後[編集]

引退後は、プロのポーカー選手[17][18]やアトレチコPRのフットボールマネージャーを務め[19]、2012年にブラジルの社会人民党ポルトガル語版からクリチバの市会議員に選出された[20][21]

タイトル[編集]

個人[編集]

脚注[編集]