パオロ・ルフィニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
パオロ・ルフィニ(Paolo Ruffini)
Ruffini paolo.jpg
Paolo Ruffini
生誕 (1765-09-22) 1765年9月22日
Flag of the Papal States (pre 1808).svg 教皇領(現イタリアの旗 イタリア)、ヴァレンターノ
死没 1822年5月10日(1822-05-10)(56歳)
Flag of the Duchy of Modena.svg モデナ=レッジョ公国(現イタリアの旗 イタリア)、モデナ
研究分野 数学
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

パオロ・ルフィニ(Paolo Ruffini、1765年9月22日-1822年5月10日)はイタリア数学者哲学者医者

Teoria generale delle equazioni, 1799

生涯[編集]

彼はヴァレンターノで生まれて数学と医学を学び、モデナ大学で数学の教授となった。また医者として発疹チフスの治療をおこなった。その後、彼はモデナで没した。

業績[編集]

五次方程式冪根を用いては解けないことの不完全な証明や、多項式除算を効率的に行うルフィニのルールがある。また、群論確率論や円の求積法に関する研究など。

五次方程式が代数的に解けないことを証明する過程で、部分集合から部分群を発見し、方程式の問題を群論の問題としてアプローチした先駆者である。

ラグランジュは並び替えの数学に興味を示さず、ルフィニが並び替えから群論を生み出し、群論と方程式の関連性を主張した。

方程式と群論の橋渡しをした歴史的な偉業は大きい。

関連項目[編集]