パガニーニの主題による幻想変奏曲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

パガニーニの主題による幻想変奏曲』作品71(パガニーニのしゅだいによるげんそうへんそうきょく、Fantasy Variations on a Theme by Niccolo Paganini, Opus 71)はジェイムズ・バーンズが作曲した吹奏楽曲

概要[編集]

アメリカ海兵隊軍楽隊(United States Marine Band)の隊長ジョン・ブージョワ(John R. Bourgeois)の委嘱により1988年に作曲され、その年にインディアナポリスで開催された音楽教育者全米会議(Music Educators National Conference)で初演された。海兵隊軍楽隊はその後もミッドウェスト・クリニックを含むコンサートツアーで演奏し、1990年の初のソ連公演でも取り上げている。

ニコロ・パガニーニがヴァイオリン独奏のために作曲した『24の奇想曲』の第24番「クワジ・プレスト」の旋律を主題とする変奏曲として書かれている。海兵隊軍楽隊の高い演奏技術を披露するように、それぞれの変奏に各楽器のソロやセクションをフィーチャーしている。

演奏時間は約15分。楽譜は1989年にサザン・ミュージック(Southern Music Company)から出版された。

編成[編集]

編成表
木管 金管
Fl. 3, Picc. Crnt. 3, Tp. 2 Cb.
Ob. 2(2はE.H.持ち替え) Hr. 4 Timp.
Fg. 2 Tbn. 3 5 (Sn.Dr., B.D., Cym., Tamb., Tri., Whip, Wood Bl., Pang Cym., Tam-t., Bell Tree, Ratchet, Temple Blocks, Tom-Toms, Castanets, Xylo., Orch. Bells, Vibr., Chimes)
Cl. 3, Bass, C-Alto Bar.
Sax. Alt. 2 Ten. 1 Bar. 1Tub.

構成[編集]

序奏、主題と20の変奏からなる。

  1. 序奏
    アレグロ・リゾルート、2/4拍子
    テュッティによる
  2. 主題
    オーボエの独奏で始まり、次いでフルートとアルトサクソフォーンが加わる主題の提示
  3. 第1変奏
    木管楽器と金管楽器による
  4. 第2変奏
    ウン・ポコ・ピウ・モッソ、2/4拍子
    B♭クラリネットによる16分音符の技巧的な変奏
  5. 第3変奏
    アンダンテ・ミステリオーソ、3/4拍子
    ミュートを付けたトロンボーン、コントラバス、ティンパニの伴奏に、コントラアルト・クラリネットの独奏が旋律を奏する
  6. 第4変奏
    プレスト、2/4拍子
    フルートとピッコロによる16分音符の技巧的な変奏
  7. 第5変奏
    モデラート・アッサイ、3/4拍子
    バリトンとテューバの4声によるゆったりとした変奏
  8. 第6変奏
    アレグロ・モデラート、2/4拍子
    バスーンの二重奏にホルンの対旋律が絡む
  9. 第7変奏
    アンダンテ・モデラート、4/4拍子
    オーボエの旋律にB♭クラリネットとバスクラリネットが寄り添う
  10. 第8変奏
    サクソフォーン四重奏による叙情的な変奏
  11. 第9変奏
    アレグロ・ヴィーヴォ、6/8拍子
    バスクラリネットの独奏による軽快な変奏
  12. 第10変奏
    前の変奏にバスーン、B♭クラリネット、ヴィブラフォーン、次いでサクソフォーンとバリトンが加わる
  13. 第11変奏
    2/4拍子
    スネアドラムのリズムに乗って奏される、コルネットとトランペットによる華やかな変奏
  14. 第12変奏
    メノ・モッソ
    トロンボーンによる朗々とした変奏
  15. 第13変奏
    ピウ・モッソ、3/4拍子
    ホルン四重奏による
  16. 第14変奏
    4/4拍子
    テュッティによるクライマックスを迎え、全休止の後、アダージョになってオーボエのカデンツァ風の独奏で次の変奏に続く
  17. 第15変奏
    ウン・ポコ・ピウ・モッソ、3/4拍子
    バスーン、アルト・サクソフォーン、ホルン、バリトンによる叙情的な変奏
  18. 第16変奏
    アダージョ・マ・ノン・トロッポ、5/4拍子
    イングリッシュホルンによるロマンティックな変奏
  19. 第17変奏
    アレグロ・ジョコーソ、2/4拍子
    打楽器群のみによる変奏
  20. 第18変奏
    木管楽器による軽快な変奏
  21. 第19変奏
    金管楽器群で始まり、サクソフォーン、次いで木管楽器が加わり、テュッティで次の変奏に続く
  22. 第20変奏
    フィナーレ、ア・テンポ・プリモ
    テュッティによる壮大な旋律の後、ピウ・ヴィーヴォで劇的に終わる

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]