パコ・ロドリゲス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
パコ・ロドリゲス
Paco Rodriguez
Steven Rodriguez.jpg
ドジャース時代
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 フロリダ州マイアミ
生年月日 (1991-04-16) 1991年4月16日(27歳)
身長
体重
6' 3" =約190.5 cm
220 lb =約99.8 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2012年 MLBドラフト2巡目(全体82位)でロサンゼルス・ドジャースから指名
初出場 2012年9月9日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

スティーブン・フランシス・ロドリゲスSteven Francis "Paco" Rodríguez1991年4月16日 - )はアメリカ合衆国フロリダ州マイアミ出身のプロ野球選手投手)。左投左打。現在は、フリーエージェント(FA)。

経歴[編集]

プロ入りとドジャース時代[編集]

2012年MLBドラフト2巡目(全体82位)でロサンゼルス・ドジャースから指名され、7月5日に入団。A級グレートレイクス・ルーンズでプロデビューし、6試合に登板して0勝0敗2セーブ・防御率0.00・10奪三振の成績を残した。7月下旬にAA級チャタヌーガ・ルックアウツへ昇格。15試合に登板して1勝0敗3セーブ・防御率1.32・22奪三振の成績を残した。9月5日チャド・ビリングズリー故障者リスト入りしたことに伴い、メジャー初昇格を果たした[1]。2012年のドラフトで指名された選手の中では、最初のメジャー昇格選手となった[2]9月9日サンフランシスコ・ジャイアンツ戦でメジャーデビュー。4点ビハインドの8回裏2死から登板し、無失点に抑えた。この年メジャーでは11試合に登板して0勝1敗・防御率1.35・6奪三振の成績を残した。

2013年は開幕ロースター入りした[3]。中継ぎとしてチーム内2位の76試合に登板し、3勝4敗2セーブ・防御率2.32・63奪三振の成績を残した。ポストシーズンでもロースター入りし[4]ディビジョンシリーズアトランタ・ブレーブス戦で2試合に登板した。チームはチャンピオンシップシリーズに進出したが、ロドリゲスはロースターから外れた。

2014年は19試合に留まった。防御率は3.86まで上昇した。

ブレーブス時代[編集]

2015年7月30日アレックス・ウッドジム・ジョンソンルイス・アビランブロンソン・アローヨとのトレードで、エクトル・オリベラ、マイナー選手1名と共にアトランタ・ブレーブスへ移籍した[5]。なお、ドジャースでは18試合にリリーフ登板し、防御率2.61・WHIP1.26という成績を残していたが、ブレーブスでは投げなかった。

2016年2月21日、前年9月にトミー・ジョン手術を受けた[6]ため60日間の故障者リスト入りした[7]。この年は結局、メジャー・マイナーともに登板しなかった。

2017年3月28日に自由契約となった[8]

投球スタイル[編集]

投球時にボールを後方へ高く掲げる変わった投球フォームが特徴[9]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2012 LAD 11 0 0 0 0 0 1 0 0 .000 26 6.2 3 0 4 1 0 6 0 0 1 1 1.35 1.05
2013 76 0 0 0 0 3 4 2 20 .429 208 54.1 30 5 19 4 2 63 3 0 15 14 2.32 0.90
2014 19 0 0 0 0 1 0 0 4 1.000 53 14.0 12 1 4 0 0 14 0 0 6 6 3.86 1.14
2015 18 0 0 0 0 0 0 0 4 ---- 42 10.1 10 0 3 0 0 8 0 0 3 3 2.61 1.26
通算:4年 124 0 0 0 0 4 5 2 28 .444 329 85.1 55 6 30 5 2 91 3 0 25 24 2.53 1.00
  • 2018年度シーズン終了時

背番号[編集]

  • 75(2012年 - 2015年)

脚注[編集]

  1. ^ “Dodgers transfer Chad Billingsley to 60-day DL; select contract of left-hander Steven Rodriguez” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Los Angeles Dodgers), (2012年9月5日), http://m.dodgers.mlb.com/news/article/37947132 2016年2月23日閲覧。 
  2. ^ Alex Angert (2012年9月5日). “Lefty Rodriguez is first 2012 draftee to reach bigs” (英語). MLB.com. http://m.dodgers.mlb.com/news/article/37953010 2016年2月23日閲覧。 
  3. ^ “Dodgers announce 2013 Opening Day roster” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Los Angeles Dodgers), (2013年3月31日), http://m.dodgers.mlb.com/news/article/43582274 2016年2月23日閲覧。 
  4. ^ “Dodgers announce postseason roster” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Los Angeles Dodgers), (2013年10月3日), http://m.dodgers.mlb.com/news/article/62384502 2016年2月23日閲覧。 
  5. ^ Ken Gurnick (2015年7月30日). “LA deals for Braves' Wood, Marlins' Latos” (英語). MLB.com. 2015年7月31日閲覧。
  6. ^ Mark Bowman (2015年10月2日). “Tommy John surgery for Braves' Rodriguez” (英語). MLB.com. 2016年2月23日閲覧。
  7. ^ Transactions | braves.com” (英語). MLB.com (2016年2月21日). 2016年2月23日閲覧。
  8. ^ Bowman, Mark (2017年3月28日). “O'Flaherty, Bonifacio make Opening Day roster”. MLB.com. http://m.mlb.com/news/article/221225532/eric-oflaherty-emilio-bonifacio-make-braves/ 2017年3月30日閲覧。 
  9. ^ 「ロサンゼルス・ドジャース」『2015MLB選手名鑑全30球団コンプリートガイド』 日本スポーツ企画出版社 120頁

関連項目[編集]