パシフィック・スパイク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Pacific Spike
基本情報
船種 ばら積み貨物船
船籍 パナマ
所有者 Sky Tree Shipping S.A.
運用者 住友商事NSユナイテッド海運
建造所 新来島どっく大西工場
経歴
竣工 2014年8月29日
要目
総トン数 20,506トン
載貨重量 24,041DWT
長さ 187.0m
全長 189.0m
28.2m
深さ 14.0m
喫水 8.0m
主機関 MAKITA-MITSUI-MAN B&W 6S42MC7.1 5,100kW
速力 約14ノット
テンプレートを表示

Pacific Spike(パシフィック・スパイク)は、ばら積み貨物船。世界初の長尺レール運搬専用船[1]日本船舶海洋工学会が選ぶシップ・オブ・ザ・イヤー2014大型貨物船部門賞[1]

構造[編集]

1本150メートルのレールを積載するため、長さ約155メートルの単一の貨物倉を有する[2]。1本当たり約10トンのレールを2,000本積載できる。通常の外航貨物船は貨物倉が水密隔壁で仕切られて複数に分かれているが、本船は、水密隔壁なしで船体の強度や安全性を確保する設計により、長尺レールの積載を可能にした[2]

左舷甲板上に50トンデッキクレーンを3基有する[2]。これらのクレーンは、居住区前の操作デッキからリモコンで操縦できる[2]。長尺レールを荷役する際には、5本のレールを3基のクレーンで同時に吊り上げる。このため、1基のクレーンを操縦すると、ほかの2基が同じ動きをするように制御できる[2]

ファンネルマークアメリカ国道の標識(en:U.S. Route shield)に似た図形の上段に「LRC」、下段に「480」が入ったもの。「LRC」は長尺レール運搬船(long rail carrier)を表し、「480」はレールの長さ(480フィート、約146メートル)を表す[3]

運航[編集]

本船は住友商事の関連会社のSky Tree Shipping S.A.(パナマ法人)が所有し、NSユナイテッド海運傭船し、運航する。

2014年から、北九州市北九州港からアメリカ合衆国 カリフォルニア州 ストックトンのストックトン港(en:Port of Stockton)まで、日本製鉄八幡製鉄所で製造したレールを運搬している。両港の間を年6往復する[3]。ストックトン港で陸揚げされたレールはユニオンパシフィック鉄道(UP鉄道)に納入される。

八幡製鉄所では世界で唯一、150メートルの長さでレールを製造している[4]。しかしながら、同製鉄所では従来、これを6分割して25メートルの長さにし、貨物船に積載していた[4]。本船の就航と製鉄所・陸揚げ港の取扱い設備の完成により、150メートルのレールの輸出が初めて可能になった(日本国内向けは、鉄道輸送)。

UP鉄道では、従来、25メートルの定尺レールを溶接して4分の1マイル(約400メートル)の長さにした上で貨車で現場に運び、更に現場で溶接して長くして使用していた[3]。150メートルの長尺レールに切り替えたことで、レールの溶接箇所を従来の6分の1に減らすことができた。これにより、安全性の向上、溶接作業のコスト削減、軌道の保守点検作業のコスト削減が図られた[3]。UP鉄道は、150メートルのレールの使用を「数十年来の夢」(dream more than a decade)と評価した[5]

出典[編集]

  1. ^ a b シップ・オブ・ザ・イヤー 2014(日本船舶海洋工学会)
  2. ^ a b c d e 長尺レール運搬船「PACIFIC SPIKE」竣工(日本船舶海洋工学会、2015年6月30日)
  3. ^ a b c d Long rail carrier(American Shipper、2015年1月24日)
  4. ^ a b 長尺(150メートル)レール輸送船の新造整備について(住友商事、2014年4月23日)
  5. ^ Long rail is a game changer(ユニオンパシフィック鉄道、2015年3月27日)