パシフィック・PR02

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
パシフィック・PR02
Bertrand Gachot 1995 Britain.jpg
カテゴリー F1
コンストラクター パシフィック・グランプリ
デザイナー フランク・コパック
先代 PR01
主要諸元
サスペンション(前) プッシュロッド
サスペンション(後) プッシュロッド
エンジン フォード ED, 2999cc, 75度 V8, 自然吸気, ミッドエンジン
トランスミッション パシフィック 6速 セミオートマ
燃料 エルフ
タイヤ グッドイヤー
主要成績
チーム ウルサス パシフィック・グランプリ
ドライバー 16. フランスの旗 ベルトラン・ガショー
16. イタリアの旗 ジョバンニ・ラバッジ
16. スイスの旗 ジャン=デニ・デレトラーズ
17. イタリアの旗 アンドレア・モンテルミーニ
TD. イギリスの旗 オリバー・ギャビン
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
初戦 1995年ブラジルグランプリ
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
17 0 0 0
テンプレートを表示

パシフィック・PR02(Pacific PR02)は、パシフィック1995年F1世界選手権に投入したフォーミュラ1カー

17番車のドライバーはアンドレア・モンテルミーニがシーズンを通じて務めたが、16番車はチームの株主でもあったベルトラン・ガショーと、ペイドライバーのジョバンニ・ラバッジとジャン=デニ・デレトラーズが交代してドライブした。テストドライバーはオリバー・ギャビンが務めた。マシンはフランク・コパックが設計し、エンジンはフォード EDC 3.0リッターV型8気筒を搭載した。チームはメインスポンサーを持っていなかった。

PR02は前作PR01の改良型であったが、信頼性の低さが欠点であった。2台で34回出走したが、完走したのは7回のみであった。チームはポイントを獲得できずにシーズンを終え、F1から撤退した。


F1における全成績[編集]

(key) (太字ポールポジション斜体ファステストラップ

シャシー エンジン タイヤ ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 ポイント 順位
1995年 パシフィック・レーシング フォード ED V8 G BRA
ブラジルの旗
ARG
アルゼンチンの旗
SMR
サンマリノの旗
ESP
スペインの旗
MON
モナコの旗
CAN
カナダの旗
FRA
フランスの旗
GBR
イギリスの旗
GER
ドイツの旗
HUN
ハンガリーの旗
BEL
ベルギーの旗
ITA
イタリアの旗
POR
ポルトガルの旗
EUR
ドイツの旗
PAC
日本の旗
JPN
日本の旗
AUS
オーストラリアの旗
0 NC
ベルトラン・ガショー Ret Ret Ret Ret Ret Ret Ret 12 Ret Ret 8
ジョバンニ・ラバッジ Ret Ret Ret Ret
ジャン=デニ・デレトラーズ Ret NC
アンドレア・モンテルミーニ 9 Ret Ret DNS DSQ Ret NC Ret 8 12 Ret Ret Ret Ret Ret Ret Ret

参照[編集]