パット・エデリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
2000年

パトリック・ジェームズ・ジョン・エデリーPatrick James John Eddery1952年3月18日 - 2015年11月10日【死去報道】)は、パット・エデリーとして知られるアイルランド出身の平地競馬の元騎手調教師キルデア州生まれ。

来歴[編集]

1967年にデビューし、イギリスの平地競馬でサー・ゴードン・リチャーズ (Sir Gordon Richards) に次ぐ 4,632 の勝鞍を挙げた。エプソムダービーの勝馬3頭に騎乗し、レスター・ピゴット (Lester Piggott) と並ぶ記録の11度チャンピオンジョッキーとなった。

1985年、ペブルス (Pebbles) に騎乗してブリーダーズカップ・ターフに勝利した。

1987年には日本のワールドスーパージョッキーズシリーズでも騎乗している。

1991年にはシェイクアルバドゥ (Sheikh Albadou) に乗りブリーダーズカップ・スプリントを獲得した。

1990年レスター賞の最優秀平地騎手賞を受賞、1991年と1996年にも受賞した(後者はランフランコ・デットーリ (Lanfranco Dettori) と同時受賞)。2002年2003年の2度、平地騎手特別賞も授与されている。2003年の平地シーズンの終わりに騎手を引退。

2005年7月にエデリーは調教師ライセンスを取得し、アイルズベリ近郊のネザーウィンチェンドンにマスクヒル・スタッドファーム (Musk Hill Stud Farm) として40頭の厩舎を開設した。パット・エデリー・レーシングを共同設立した2人のレーシングマネージャー、サイモン・ダブル (Simon Double) とジョン・ニューマン (John Newman) が控える良いチームを持ち、馬の共有のためのさまざまなオーナーシンジケートを所有している。

調教師としてのパット・エデリーの最初の出走馬は Perez で、2005年12月にウルヴァーハンプトン競馬場のオールウェザーコースの未勝利戦で2着となった。調教師初勝利は2006年4月ケンプトンパーク競馬場のハンデキャップ競走で、馬は Visionist だった。

コースでのパットの初勝利はグッドウッド競馬場の6ハロンの未勝利戦で、2歳牝馬のCavortだった。

2005年 OBE に叙勲。パットの父ジミー・エデリー (Jimmy Eddery) 、実弟のポール・エデリー (Paul Eddery) も騎手。妻キャロリンは平地騎手マニー・マーサー (Manny Mercer) の娘で、ジョー・マーサー (Joe Mercer) 騎手の姪、ハリー・ラッグ (Harry Wragg) 騎手の孫娘にあたる。

2015年11月10日、エデリーが逝去したことをイギリスのレーシング・ポスト紙が報じた[1][2]

おもな勝鞍(騎手)[編集]

イギリス[編集]

アイルランド[編集]

フランス[編集]

ドイツ[編集]

スロバキア[編集]

  • スロヴェンスケダービー - (1) - Lonango (1997)

アメリカ合衆国[編集]

カナダ[編集]

日本[編集]

脚注[編集]