パット・ギャリティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
パット・ギャリティ
Pat Garrity
Pat Garrity in 2008.jpg
2008年のギャリティ
デトロイト・ピストンズ A-GM
役職 アシスタントGM
ポジション(現役時) PF/SF
背番号(現役時) 8
身長(現役時) 206cm (6 ft 9 in)
体重(現役時) 108kg (238 lb)
基本情報
本名 Patrick Joseph Garrity
ラテン文字 Pat Garrity
誕生日 (1976-08-23) 1976年8月23日(41歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ネバダ州ラスベガス
出身 ノートルダム大学
ドラフト 1998年 19位 
選手経歴
1998-1999
1999-2008
フェニックス・サンズ
オーランド・マジック
指導者経歴
2016- デトロイト・ピストンズ (A-GM)

パット・ギャリティPatrick Joseph Garrity 1976年8月23日 - )は、アメリカ合衆国ネバダ州ラスベガス出身の元バスケットボール選手。NBAオーランド・マジックなどで活躍し、現在はデトロイト・ピストンズのアシスタントGMを務めている。。

来歴[編集]

コロラド州のルイス・パーマー高校で活躍し、州のチャンピオンに輝き、同校の永久欠番も授与されるなど注目されたギャリティは、大学進学の際に多くの有力校からの誘いを受け、最終的にノートルダム大学に進学。1997年にはBECの最優秀選手に選出されるなど[1]、同大学の主力選手として活躍。最終学年の4年生までプレーし、1998年のNBAドラフトでは、19位でミルウォーキー・バックスから指名されるも、同じくバックスが9位で指名したダーク・ノヴィツキーの権利を軸としたダラス・マーベリックスフェニックス・サンズを交えた大型三角トレードで、ギャリティの権利はサンズに移動した[2]。因みに、このトレードの内訳は、ノヴィツキーの権利がバックスからマーベリックスに、マーベリックスが6位で指名したロバート・トレイラーの権利がバックスに、スティーブ・ナッシュがサンズからマーベリックスに移籍するという内容だった。

入団したサンズではベンチプレーヤーとしてプレーオフ出場に貢献するも、1999年オフにアンファニー・ハーダウェイサイン・アンド・トレードの一環としてオーランド・マジックに移籍。マジック加入1年目の1999-2000シーズンは、大半がベンチスタートながら全82試合にフル出場し、ハーダウェイ放出後のマジックを支える。2000年夏はトレイシー・マグレディグラント・ヒルが加入し、マジックに大きな期待が膨らむも、ヒルが足首の負傷でシーズンの大半を欠場する事態に陥ったこともあり、ギャリティにチャンスが廻り、2001-02、2002-03シーズンは先発出場が増え、平均得点も10点以上を記録した。

ところが2003-04シーズンは、右膝の不調で結局は「マイクロフラクチャー手術」(Microfracture surgery) を受けた為にシーズンほぼ全休[3]。以降は精彩を欠き、2007-08シーズンまでプレーしたものの、2008年9月11日に引退を表明した[4]

2016年6月16日、デトロイト・ピストンズのアシスタントGMに就任したことが発表された[5]

脚注[編集]

[ヘルプ]