パット・メセニー・グループ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
パット・メセニー・グループ
Pat Metheny Group
PatMetheny.jpeg
基本情報
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ミズーリ州リーズ・サミット
ジャンル ジャズ
フュージョン
スムーズジャズ
活動期間 1977年 -
レーベル ECMゲフィンノンサッチワーナー・ブラザース
公式サイト www.patmetheny.com
メンバー ナンド・ローリア
グレゴア・マレ
ライル・メイズ
パット・メセニー
スティーヴ・ロドビー
アントニオ・サンチェス
クオン・ヴー
旧メンバー ペドロ・アスナール
デヴィッド・ブラマイヤーズ
リチャード・ボナ
ルイス・コンテ
マーク・イーガン
ダニー・ゴットリーブ
マーク・レッドフォード
アーマンド・マーサル
ナナ・ヴァスコンセロス
ポール・ワーティコ

パット・メセニー・グループ (Pat Metheny Group) は、1977年に結成されたジャズフュージョンバンドである。

グループの主要メンバーはギタリストリーダーパット・メセニーキーボーディストピアニストライル・メイズ1981年に加入したベーシストスティーヴ・ロドビーからなっている。その他の多くのミュージシャンがメンバーまたはゲストとして参加している。

経歴[編集]

創設者であるパット・メセニーは2枚のソロ・アルバムと共に1970年代半ばのジャズフュージョン・シーンへ登場した。1977年発表のアルバム『ウォーターカラーズ』で既にキーボーディストのライル・メイズと共演している。続くアルバムはライル・メイズとの共作を含み、アレンジのスタイルも確立され、1978年にセルフ・タイトル・アルバムECMレコードから発表された。グループの2枚目のアルバム『アメリカン・ガレージ』(1980年)はビルボード・ジャズ・チャートからポップ・チャートに幅広くランクされるほどのスマッシュヒットとなった。オープニング・トラックである「(クロス・ザ) ハートランド」の持つ力強さやアップテンポリズムはグループの特徴となっていった。初期の2枚のアルバムにはダニー・ゴットリーブ(ドラム)とマーク・イーガン(ベース)が参加している。グループはアメリカやヨーロッパでの数多くのツアーをこなしながら成長を続けていった。初期のグループはギブソン・ギターでのオクターブ奏法やギター・シンセサイザー、そしてライル・メイズのオーバーハイム・シンセサイザーなどの独特の音を特徴とした。グループは初期から実験的なものからグラスルーツにいたるまで幅広いスタイルに基づきながらオリジナル曲を演奏していた。

1982年から1985年にかけ、グループは『オフランプ』(1982年)、『トラヴェルズ』(1983年)、『ファースト・サークル』(1984年)、『コードネームはファルコン』(1984年同名映画のサントラ)と、立て続けにアルバムをリリースをした。なお、『コードネームはファルコン』収録のデヴィッド・ボウイとの共演作「ジス・イズ・ノット・アメリカ」は、エバー・グリーンの名作として、アメリカのラジオでは現在もオンエアされている。『オフランプ』ではマーク・イーガンに変わりスティーヴ・ロドビーがベーシストとして加入し、ブラジルのパーカッショニストでボーカリストのナナ・ヴァスコンセロスがゲスト参加。『ファースト・サークル』ではアルゼンチンのマルチ・ミュージシャンのペドロ・アスナールとダニー・ゴットリーブに替わりポール・ワーティコがドラマーとして加入した。この時期のパット・メセニー・グループは商業的にも最も人気が高く、ECMレーベルにとっても重要なアーティストとなったが、ECM総裁のマンフレート・アイヒャーとの考えの違いからライブ録音のアルバム『トラヴェルズ』とアルバム『ファースト・サークル』を最後にECMを離れることとなった。

1984年にECMを離れ、セルフ・プロダクション「メセニー・グループ・プロダクション」を創設、ゲフィン・レコードに籍を移す。メセニーはブラジル音楽の影響の強い2連作『スティル・ライフ』(1987年)、『レター・フロム・ホーム』(1989年)をリリース。商業的に大きくヒットする。

1997年にワーナー・ブラザース・レコードに移り、アルバム『イマジナリー・デイ』をリリース。2002年リリースのアルバム『スピーキング・オブ・ナウ』には年間契約の元、リチャード・ボナがベーシスト兼ボーカリストとして参加している。2004年にはワーナー・ミュージック・グループの大幅な改編に伴いワーナー・ブラザース・レコードはジャズ部門を閉鎖、同グループ傘下のノンサッチ・レコードに移り、2005年にアルバム『ザ・ウェイ・アップ』をリリース。CDの構成上は4パートに分かれているが、メセニーは一つの楽曲としてこのアルバムを発表している。尚、日本国内向けの盤では最終パート内に約4分のボーナス部分が含まれており、総演奏時間も72分を超えている。

メンバー[編集]

現在のメンバー[編集]

  • パット・メセニー (Pat Metheny) - ギター、ギター・シンセ
  • ライル・メイズ (Lyle Mays) - ピアノ、シンセサイザー
  • スティーヴ・ロドビー (Steve Rodby) - ベース
  • アントニオ・サンチェス (Antonio Sanchez) - ドラム、パーカッション
  • クオン・ヴー (Cuong Vu) - トランペット、ボーカル、パーカッション
  • グレゴア・マレ (Grégoire Maret) - ハーモニカ、ボーカル、パーカッション
  • ナンド・ローリア (Nando Lauria) - ギター、ボーカル、パーカッション

過去の参加メンバー(PMG名義のアルバム参加メンバー)[編集]

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

コンピレーション・アルバム[編集]

  • 『エッセンシャル・コレクション - ラスト・トレイン・ホーム』 - Essential Collection Last Train Home (2015年、Nonesuch)

映像作品[編集]

  • 『モア・トラヴェルズ』 - More Travels (1992年)
  • 『ウィ・リヴ・ヒア ライヴ・イン・ジャパン 1995』 - We Live Here - Live in Japan (1995年)
  • 『イマジナリー・デイ・ライヴ』 - Imaginary Day Live (2001年)
  • 『スピーキング・オブ・ナウ ライヴ・イン・ジャパン』 - Speaking of Now Live (2003年)
  • 『ザ・ウェイ・アップ・ツアー - ライヴ・イン・コリア』 - The Way Up - Live (2006年)

功績[編集]

グラミー賞[編集]

タイトル 年度 部門
"Travels" 1984 Best Jazz Fusion Performance
"First Circle" 1985 Best Jazz Fusion Performance
"Still Life (Talking)" 1988 Best Jazz Fusion Performance
"Letter From Home" 1990 Best Jazz Fusion Performance
"The Road to You" 1994 Best Contemporary Jazz Album
"We Live Here" 1996 Best Contemporary Jazz Album
"Imaginary Day" 1999 Best Contemporary Jazz Album
""The Roots of Coincidence"" 1999 Best Rock Instrumental Performance
"Speaking of Now" 2003 Best Contemporary Jazz Album
"The Way Up" 2006 Best Contemporary Jazz Album