パップスの定理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

数学において「パップスの定理」と呼ばれる定理は複数のものが知られている。いずれもアレキサンドリアのパップスによって発見されたものである。

  • パップス=ギュルダンの定理 - パップス・ギュルダンの定理(Pappus-Guldin theorem)は、回転体の体積に関する定理。パップスによる発見の後、1100年ほど後にパウル・ギュルダンによって独立に発見された。