パティ&ジミー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
パティ&ジミー
Patty and Jimmy
名称 パティ&ジミー
英語名称 Patty and Jimmy
モチーフ ひと[1]
発売年 1974年
デザイナー ロコ・まえだ[2]
キャラクター大賞順位 5位(第13回)[3]
関連キャラクター パティ
ジミー
ビリー
ドラ
出演 パティ&ジミーの君こそスーパースター
誕生日 2月5日・7月30日[4]
公式サイト パティ&ジミープロフィール
テンプレートを表示

パティ&ジミーラテン文字表記:Patty and Jimmy[5])は、サンリオでデザインされたキャラクターグッズ用キャラクター群。

主人公、パティとジミーは、アメリカ人の男の子と女の子のキャラクターである。カンザスシティ出身[注釈 1][6]

来歴[編集]

1974年にデザイナーである鈴木ひろ子(現、ロコ・まえだ)[7][8]がアメリカ視察の体験を元にキャラクター開発[6][2]。1970年代にはハローキティと肩を並べる人気キャラクターであった[9]

最初期は「パティ&ジミー」という名前は付けられておらず、元はパティのみで「LOVE IS A LITTLE WISH」と呼ばれていた[10][11][12]。ジミーのキャラクターは「パティ&ジミー」と命名されたときに登場した[12]

1980年代に入ると人気が低迷し、新規の商品展開も殆どなくなっていたが、1991年11月にサンリオピューロランドで開催されたハローキティ誕生祭でマグカップとショルダーバッグを限定販売。1998年には久々の商品展開が行われた。

2003年にはサーフ&ストリート・マガジン『Fine』(日之出出版)とのコラボレーションを実施。

2010年9月15日、サンリオ創業50周年を記念して商品シリーズ「ゴールデンメモリーズ」を発売し、パティ&ジミーのほか、「ハローキティ」や「マイメロディ」や「リトルツインスターズ」の1970年代-1980年代前半のデザインを使用して新規に企画した商品、もしくは当時の商品を模した商品を発売した。パティ&ジミーからは17アイテムが発売された[13]

キャラクター[編集]

  • パティ
    お転婆で少しおっちょこちょいなところもあるが、明るく元気いっぱいでスポーツ万能な女の子。勉強は不得手で特に作文と宿題は大の苦手。誕生日は2月5日[6][4][14]
  • ジミー
    優しく勉強が得意な男の子。勉強は算数が得意科目。トランプとチェスも得意でチェスはクラス一の腕前である。スポーツは苦手。将来の夢は大統領。誕生日は7月30日[5][14]
  • ビリー
    男の子。無愛想でナイーブなところもあるが心優しい[5][4]。スポーツは万能で似顔絵描きが得意。
  • ドラ
    女の子。本名はドロシー。ジミーにひそかにあこがれている。手芸が趣味なロマンチスト[5]
  • ファジー
    パティ―とジミーに拾われたパティの飼い犬。トレードマークの赤いスカーフを身に着けている[5]

書籍[編集]

  • 『パティーとジミーの一週間』 サンリオ、1975年12月

音楽[編集]

レコード・CD[編集]

  • みんな一緒に(サンリオレコード、PTS-20001、1977年、EP盤[5][15]
    • B面は「パティ パティは女の子 ジミー ジミーは男の子」。
  • みんなでうたおう!キャラクターソング(サンリオ、SACV2030、1992年8月21日、CDアルバム)
    • 4曲目に「みんないっしょに」のタイトルで上記EP盤のリメイク版を収録[16]
  • Fine(avex trax、AVCD-17316、2003年7月2日、CDアルバム[17]
    • 覆面ユニット「Patty&Jimmy」が歌唱する企画作品。J-POP楽曲のレゲエ調カバー・アルバム。
  • 「トイキャラポップコレクション Vol.2 ファンシー&カワイイ編」(ウルトラ・ヴァイヴ、CDSOL-1781、2017年3月22日、CDアルバム)
    • 6・7曲目に上記EP盤(サンリオレコード、PTS-20001)の2曲が収録されている[18]

イメージソング[編集]

みんな一緒に
作詞:八坂裕子[15] 作曲:青木望[19] 編曲:不明 歌:不明[注釈 2]
EPシングル「みんな一緒に」のA面に収録されている。また、CDアルバム「トイキャラポップコレクション Vol.2 ファンシー&カワイイ編」の6曲目にも収録されている。2分19秒。
パティ パティは女の子 ジミー ジミーは男の子
作詞:八坂裕子[15] 作曲:青木望[19] 編曲:不明 歌:真木悠子[20]
EPシングル「みんな一緒に」のB面に収録されている。また、CDアルバム「トイキャラポップコレクション Vol.2 ファンシー&カワイイ編」の7曲目にも収録されている。3分44秒。
みんないっしょに
作詞:八坂裕子 作曲:青木望 編曲:佐橋俊彦 歌:竹田えり[16]
上記EPシングルのA面曲「みんな一緒に」のリメイク版。曲名は平仮名で「みんないっしょに」と称する。CDアルバム「みんなでうたおう!キャラクターソング」の4曲目に収録されている。2分10秒。

映像化[編集]

『オリジナルストーリーアニメ』シリーズ
  • 『パティ&ジミーの君こそスーパースター』 - サンリオ 1994年 VHS(SAVV-174): ISBN 4-387-93230-9 - 『ハローキティのパパなんて大きらい』とのカップリング。

声優[編集]

サンリオキャラクター大賞の順位[編集]

いちご新聞』の読者投票企画「サンリオキャラクター大賞」では第13回(1998年)の5位[3]が歴代最高である。 「パティ&ジミー」は1975年から『いちご新聞』(11号)上で実施されたサンリオキャラクター大賞の前身である「サンリオキャラクター人気コンテスト」[3][22]の第1回(1975年)からエントリーしている。ちなみに第1回のノミネートは外部版権(オラーシオなど)を含めた10キャラクターで、その結果はパティ&ジミーは1位のスヌーピーに次ぐ順位で、3位のハローキティより上であった[3][23]

2013年サンリオキャラクター大賞28位[24]。2013年サンリオキャラクター大賞の特別企画である「これやります宣言」で、「10位以内ならゴスロリ着てギフトゲートの店長やります!」と宣言していたが[25]、ランクインを逃し実現とはならなかった。近年は35位前後と低下傾向である。

また、いちご新聞オリジナル企画で2016年より「サブキャラコンテスト」が開催されている。 第1回(2016年)は「ファジー」がノミネートされ35位にランクインされた[26]。第2回(2017年)以降は「パティ&ジミー」のサブキャラはノミネートしていない。また、第4回(2019年)の第1回(2016年)〜第3回(2018年)までの上位20キャラクター同士の決戦コンテストも、「ファジー」はトップ20位圏外のためノミネートしていない[27]

  • 2020年サンリオキャラクター大賞39位(いちご新聞ランキング35位[28])。
  • 2019年サンリオキャラクター大賞40位(いちご新聞ランキング47位[29])。
  • 2018年サンリオキャラクター大賞36位(いちご新聞ランキング29位[30])。
  • 2017年サンリオキャラクター大賞36位(いちご新聞ランキング34位[31])。
  • 2016年サンリオキャラクター大賞35位(いちご新聞ランキング23位タイ[32]) / なでる投票41位[33]
  • 2015年サンリオキャラクター大賞32位[34](いちご新聞ランキング22位[35])。
  • 2014年サンリオキャラクター大賞20位圏外[36][注釈 3](いちご新聞ランキング19位[38])。
  • 2013年サンリオキャラクター大賞28位
  • 2012年サンリオキャラクター大賞16位[39]
  • 2011年サンリオキャラクター大賞11位[40]
  • 2010年サンリオキャラクター大賞15位[41]
  • 2009年サンリオキャラクター大賞8位[3]
  • 2008年サンリオキャラクター大賞10位。
  • 2005年〜2007年サンリオキャラクター大賞10位圏外。
  • 2004年サンリオキャラクター大賞7位。
  • 2003年サンリオキャラクター大賞8位。
  • 2002年サンリオキャラクター大賞8位。
  • 2001年サンリオキャラクター大賞8位。
  • 2000年サンリオキャラクター大賞7位。
  • 1999年サンリオキャラクター大賞7位。
  • 1998年サンリオキャラクター大賞5位。
  • 1986年〜1997年サンリオキャラクター大賞10位圏外。

豆知識[編集]

  • いちご新聞』でパティ&ジミーが初めて表紙を飾ったのは、1975年6月1日号(4号)である[42][43]。また、いちご新聞の姉妹誌である『サンリオ』では1977年8月号(No.3)でパティ&ジミーが初めて表紙を飾っている[44]
  • パティ&ジミーのキャラクターデザインは正面向きで横顔は存在しなかったが、読者からの声を受けて雑誌『サンリオ』1975年10月1日号(No.4)で初めて描かれた[44]。近年では2016年の31stサンリオキャラクター大賞で横顔のデザインが起用された[45]
  • 1977年、サンリオ音楽出版より発売された小椋桂の『やっぱりおめでとう-お誕生日に-』(サンリオレコード、OKS-20001)のレコードジャケットにはサンリオキャラクターのハローキティリトルツインスターズなどに交じってパティ&ジミーも描かれている。
  • パティ&ジミーはサンリオピューロランドにも出演していたが[46]、2015年4月以降より公式ページのキャラクター欄より名前が無くなっている。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 「カンザスシティ」はアメリカに2つあり、どちらかは明記されていない。
  2. ^ 作詞および作曲者はジャケット・歌詞カード・レーベルには記載がないが、JASRAC作品データベースには記載あり。編曲および歌手名はJASRAC作品データベースにも記載なし。
  3. ^ この回は全100種のキャラクターをA〜Eグループの5グループに分けて1stステージ(予選)が行われ、各グループの上位4種、全20種のキャラクターからファイナルステージ(決戦)が行われ順位が決定されたため、21位以下が存在しない。パティ&ジミーはCグループ(1stステージ7位、1stステージ敗退)にノミネートしていた[37]

出典[編集]

  1. ^ キャラクターをさがす - サンリオ.2020年10月29日閲覧。
  2. ^ a b 竹村真奈 (2013, pp. 10-19)
  3. ^ a b c d e 竹村真奈 (2013, pp. 140-144)
  4. ^ a b c 森彩子 (2010, pp. 22-23)
  5. ^ a b c d e f SANRIO MEMORIES30-33頁。
  6. ^ a b c 「巻頭大特集 サンリオが大好き!/キキ&ララ・マイメロディ 40周年記念」『月刊モエ』通巻438号(2016年4月号)、白泉社、2016年3月3日、 22頁。
  7. ^ 西沢正史 1990, pp. 49-51
  8. ^ ロコ・まえだ:プロフィール”. 有限会社リバーライズ. 2016年10月16日閲覧。
  9. ^ 西沢正史 1990, p. 139
  10. ^ 『'70s&'80s サンリオのデザイン』6-7頁。
  11. ^ 『'70s&'80s サンリオのデザイン』12-21頁。
  12. ^ a b 『KITTY GOODS COLLECTION』1998 VOL.3、14頁。なお同誌では「パティ&ジミィ」と表記
  13. ^ サンリオ創業50周年記念 1970年代から1980年代前半の懐かしいデザインを使用した「ゴールデンメモリーズ」シリーズ発売 (PDF)”. サンリオ (2010年8月6日). 2016年10月16日閲覧。
  14. ^ a b サンリオキャラクター ミニ図鑑12-14頁。
  15. ^ a b c 竹村真奈 (2013, p. 61)
  16. ^ a b (1992年8月21日) 『みんなでうたおう!キャラクターソング』のアルバム・ノーツ, p. 13 [ライナーノーツ]. 日本: サンリオ (SACV-2030).
  17. ^ パティー&ジミー / ファイン [CCCD] [廃盤]”. CDJournal. 2017年9月4日閲覧。
  18. ^ (1992年8月21日) 『トイキャラポップコレクション Vol.2 ファンシー&カワイイ編』のアルバム・ノーツ, p. 4 [ライナーノーツ]. 日本: ウルトラ・ヴァイヴ (CDSOL-1781).
  19. ^ a b (1992年8月21日) 『トイキャラポップコレクション Vol.2 ファンシー&カワイイ編』のアルバム・ノーツ, p. 1 [ライナーノーツ]. 日本: ウルトラ・ヴァイヴ (CDSOL-1781).
  20. ^ JASRAC作品データベース検索サービスにて確認。
  21. ^ あそぼう!ハローキティ(1994) - allcinema(スティングレイ)、2017年9月5日閲覧。
  22. ^ あなたは知ってる?キャラクター大賞のあれこれ話”. サンリオ(キキとララ☆星のお茶会) (2017年5月22日). 2020年11月14日閲覧。
  23. ^ キキがんばって!”. LittleTwinStars Official★Blog Kiki&Lala Dreamy Diary (2012年5月7日). 2020年11月14日閲覧。
  24. ^ 総得票数176万票超え!ハローキティが2連覇達成!中間5位から1位を奪還「2013年サンリオキャラクター大賞」結果発表”. サンリオ (2013年7月20日). 2018年1月16日閲覧。
  25. ^ 2013年 サンリオキャラクター大賞 中間発表”. サンリオ (2013年6月21日). 2013年7月30日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2018年1月16日閲覧。
  26. ^ 『いちご新聞』2016年8月号(582号)16-19頁。
  27. ^ 『いちご新聞』2019年9月号(619号) 6-7頁。
  28. ^ 『いちご新聞』2020年8月号(630号) 8-25頁。
  29. ^ 『いちご新聞』2019年8月号(618号) 8-19頁。
  30. ^ 『いちご新聞』2018年9月号(607号) 8-19頁。
  31. ^ 『いちご新聞』2017年9月号(595号) 8-19頁。
  32. ^ 『いちご新聞』2016年9月号(583号) 10頁。
  33. ^ 31st サンリオキャラクター大賞 なで時間ランキング”. 株式会社サンリオ (2016年). 2020年10月29日閲覧。
  34. ^ 『いちご新聞』2015年9月号(571号) 4-5頁。
  35. ^ 『いちご新聞』2015年9月号(571号) 24頁。
  36. ^ かわいい戦いが、いま、はじまる。 29th サンリオキャラクター大賞 公式サイト”. サンリオ. 2014年12月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月10日閲覧。
  37. ^ 1stステージ結果発表!”. サンリオ. 2014年6月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月29日閲覧。
  38. ^ 『いちご新聞』2014年10月号(560号) 26-34頁。
  39. ^ 2012サンリオキャラクター大賞結果発表(1位~100位) サンリオキャラクター大賞 公式サイト”. サンリオ. 2012年9月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月10日閲覧。
  40. ^ サンリオキャラクターからみんなへ「ありがとう」 第26回 輝け!! 2011年SANRIO キャラクター大賞 結果大発表”. サンリオ. 2011年9月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月10日閲覧。
  41. ^ 輝け!! 2010年サンリオキャラクター大賞 結果発表”. サンリオ. 2010年8月15日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2020年10月29日閲覧。
  42. ^ 竹村真奈 (2008, pp. 134-141)
  43. ^ 竹村真奈 (2013, pp. 108-113)
  44. ^ a b 竹村真奈 (2013, pp. 58-63)表紙
  45. ^ 31st サンリオキャラクター大賞 in Sanrio Puroland - サンリオピューロランド、2018年1月5日閲覧。
  46. ^ キャラクター”. サンリオピューロランド. 2015年4月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年8月3日閲覧。

参考文献[編集]

  • 西沢正史『サンリオ物語 ―こうして一つの企業は生まれた』サンリオ、1990年11月20日。ISBN 4-387-90198-5。
  • 竹村真奈『サンリオデイズ』ビー・エヌ・エヌ新社、2008年2月29日。ISBN 978-4861005572。
  • 竹村真奈『サンリオデイズ いちご新聞篇 ー「いちご新聞」から生まれたキャラクターのヒミツがいっぱい ー』ビー・エヌ・エヌ新社、2013年10月19日。ISBN 978-4861009020。
  • 『'70s&'80s サンリオのデザイン』グラフィック社、2019年4月25日。ISBN 978-4-7661-3189-5。
  • 『SANRIO MEMORIES』サンリオ、2010年9月15日。ISBN 978-4-387-10066-9。
  • 森彩子『サンリオキャラクター大図鑑』ポプラ社、2010年11月。ISBN 978-4-591-12108-5。
  • 『サンリオキャラクター ミニ図鑑』サンリオ、1992年8月31日。ISBN 4-387-92157-9。

関連項目[編集]