パトリア (七尾市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
パトリア
PATRIA
Patoria (nanao city).jpg
地図
店舗概要
所在地 926-0811
石川県七尾市御祓町1番地[1]
座標 北緯37度2分36.4秒 東経136度57分48.1秒 / 北緯37.043444度 東経136.963361度 / 37.043444; 136.963361座標: 北緯37度2分36.4秒 東経136度57分48.1秒 / 北緯37.043444度 東経136.963361度 / 37.043444; 136.963361
開業日 1995年(平成7年)4月29日
正式名称 パトリア
施設所有者 七尾都市開発株式会社[2]
株式会社のとのと
施設管理者 パトリア管理組合
敷地面積 8,058.82 m²
延床面積 39,435.28 m² (容積率489%)
商業施設面積 6,787,61 m²
中核店舗 カジマート七尾パトリア店
パトリア大和
店舗数 52店舗
営業時間 9:00-20:00(一部深夜営業)
駐車台数 528台
駐輪台数 224台
前身 ユニー七尾店
商圏人口 約8万人 (七尾鹿島商圏)
最寄駅 七尾駅
最寄IC 七尾城山IC
外部リンク パトリア
七尾駅(「あい・あいばし」より)

パトリア(PATRIA)は、石川県七尾市御祓町にある複合商業施設。七尾市の第三セクターである七尾都市開発が指定管理者として施設を運営していた[2]

施設概要[編集]

石川県道132号七尾港線を挟んで隣接する商業施設「ミナ.クル」とともにJR七尾駅周辺地区の中核施設となっており、都市再開発法に基づき、駅前の市街地再開発事業として旧ユニー七尾店などの跡地に1995年平成7年)4月に開店した[1]

核テナントは、総合GMS企業であるユニーが運営するピアゴ七尾店[1]であったが、2017年(平成29年)2月12日に閉店[2]。同店の開業時は能登地方最大の食料品売場を持つ店舗となっていた。ユニー七尾店として開店したが、2009年(平成21年)2月21日にユニーからピアゴに改称された。

副核テナントは大和のギフトショップ[3]パトリア大和。売場面積は約1,210m2[1]。ギフトショップとしては比較的大きな面積を持つ。また生涯学習施設「フォーラム七尾」を併設している。

なお、「パトリア」とは、「故郷」を意味するイタリア語である。

従来は特定のタクシー乗り場がなく、往来の多い通沿いにタクシーが停車して乗降していたが危険だったため、同館1階の屋内駐輪場の一画を改装して2台分のタクシー乗り場を設置して2011年(平成23年)2月24日から利用を開始している[4]

ユニーの撤退、カジマートの出店へ[編集]

2015年(平成27年)10月、施設の所有者「七尾都市開発」に2017年(平成29年)4月以降の契約更新をしないことを通知しており、同社の2016年(平成28年)5月の取締役会を経て、2017年2月12日での閉店が正式に決まった[5]。なお、核テナントの撤退であり、施設全体は閉鎖されず、後継テナントの誘致を進めることになっていたが、1階の食料品フロアの後継には、株式会社鍜治商店(石川県河北郡津幡町)が展開する食品スーパー・カジマートの出店が決まった。2017年(平成29年)4月29日に「カジマート七尾パトリア店」としてオープンし、2階および3階の空きフロアには専門店が順次オープンしていた[6]

運営会社の破産[編集]

カジマートが出店したものの、七尾市を含む能登地方の人口減少や能登有料道路の無料化に伴い競合店との競争が激化したことにより、来客数が減少[7]。ユニー撤退によって賃料収入が減少して債務が増加した[2]

その結果、2019年(平成31年)2月15日の取締役会でパトリアを運営する「七尾都市開発」が約18億円の負債について返済の見込みがなくなったため破産手続き申請を承認[8]、同社の従業員は同日付で解雇された[2]。同年2月26日金沢地方裁判所七尾支部へ破産を申請[2]3月3日に営業を終了すると発表した[7][9]。しかし、退去期限が3月15日に設定されたことにより各テナントから「急すぎる」と反発、これを受け営業終了日を5月6日に延期することになった[9]。なお、パトリアに入居していた「ドコモショップ」は「ナッピィモール[10]に、「大和ギフトショップ」も「ミナ.クル」へ移転、「七尾サテライトショップ」としてオープンしている[11]。また3階から5階までは区分所有に基づき七尾市役所健康福祉部が業務を行っている。

施設を運営する管理組合や破産管財人は、破産処理による新しい運営会社への引継ぎを模索し、迅速な破産手続きを進めるためテナント側に退去を求めているが、2019年5月7日以降、賃借権を理由に一部テナントが営業を続け、対立が続いている[12]

施設構造[編集]

鉄骨鉄筋コンクリート造の地上7階地下1階建て[1]で、ミナ.クルとは連絡通路「あい・あいばし」で連結されている。

パトリア 連絡通路
7階 駐車場 屋上広場  
6階 駐車場
5階 駐車場 フォーラム七尾
4階 駐車場
3階 七尾市健康福祉部 専門店 あい・あいばし
2階 専門店
1階 専門店 七尾都市開発㈱ 駐輪場

フォーラム七尾[編集]

  • 施設
    • 多目的ホール(【大・中】全ホール)
    • フィットネスルーム(シャワー・ロッカールーム)
    • 健康サロン
    • 会議室(2部屋)
    • 和室(2部屋)
    • 生活実習室
    • 応接室
  • 利用時間 - 10:00-20:30

周辺施設[編集]

交通[編集]

鉄道
バス

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e “ユニー、能登最大の食品売場「七尾店」”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (1995年4月28日) 
  2. ^ a b c d e f 2019年(平成31年)2月度こうして倒産した・・・”. 東京商工リサーチ. 2019年7月20日閲覧。
  3. ^ “新潟3店、小松店を閉鎖 大和が経営再生計画”. 北國新聞 (北國新聞社). (2009年10月15日) 
  4. ^ “お年寄りらの安全追求 七尾のパトリアにタクシー乗り場”. 北陸中日新聞 (中日新聞社). (2011年2月25日) 
  5. ^ JR七尾駅前のピアゴ、来年2月に閉店(朝日デジタル・2016年5月25日)
  6. ^ スーパーはカジマート 七尾駅前のパトリア、能登地区で初出店[リンク切れ](北国新聞・2016年11月16日閲覧)
  7. ^ a b “七尾駅前の商業施設「パトリア」、3月3日に閉店”. 日本経済新聞. (2019年2月19日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO41413780Y9A210C1LB0000/ 2019年7月20日閲覧。 
  8. ^ “七尾駅前「パトリア」破産へ”. 北陸朝日放送YouTube公式チャンネル. (2019年2月16日). https://www.youtube.com/watch?v=MM9GrdDjtS0 2019年7月20日閲覧。 
  9. ^ a b “駅前の商業施設が閉鎖も店舗は営業 ナゼ?”. 日テレNEWS24. (2019年3月6日). http://www.news24.jp/articles/2019/03/06/07419872.html 2019年7月20日閲覧。 
  10. ^ “パトリア ドコモショップが移転”. 北陸朝日放送YouTube公式チャンネル. (2019年3月15日). https://www.youtube.com/watch?v=O4XL55TVL_s 2019年7月20日閲覧。 
  11. ^ “大和、七尾サテライト店を25日に移転開業”. 日本経済新聞. (2019年4月23日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO44101520T20C19A4LB0000/ 2019年7月20日閲覧。 
  12. ^ “七尾駅前「パトリア」が突然破産 テナント反発、住民困惑”. 毎日新聞. (2019年4月23日). https://mainichi.jp/articles/20190423/k00/00m/020/049000c 2019年7月20日閲覧。