パトリシア・モラーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
パトリシア・モラーズ
Patricia Moraz
生年月日 (1939-09-23) 1939年9月23日
没年月日 (2019-04-16) 2019年4月16日(79歳没)
出生地 フランスの旗 フランス共和国オート=サヴォワ県サランシュフランス語版
死没地 フランスの旗 フランス パリ
国籍 フランスの旗 フランススイスの旗 スイス
職業 映画監督脚本家映画プロデューサー女優
著名な家族 パトリック・モラーツ(弟)

パトリシア・モラーズPatricia Moraz1939年9月23日[1] - 2019年4月16日)は、フランス及びスイス映画監督脚本家映画プロデューサーである[1][2]キーボーディストパトリック・モラーツは弟[1]

来歴・人物[編集]

1939年、フランス オート=サヴォワ県サランシュフランス語版に生まれる[2]。幼少時代をスイスアルジェリアで過ごし、教師や記者として働いた[2]

1968年、4人の若手監督クロード・シャンピオンフランシス・ロイセール、ジャック・サンドス、イヴ・イェルサンが、自分たちの製作会社「ミロス・フィルム」での第一作、オムニバス映画『Quatre d'entre elles』をつくる際、そのうちの一篇、ロイセール監督の『22 ans - Patricia』の主演女優としてデビューした。翌1969年、ロイセール監督の長篇デビュー作『Vive la mort』で、監督と共同で脚本を書き、脚本家としてデビューする。ロイセールとはのちの『Le Grand soir』(1976年)にも共同で脚本を書いている。アラン・タネールクロード・ゴレッタとともに「グループ5」社を設立したジャン=ルイ・ロワ監督の『Black Out(ブラック・アウト)』(1971年)に共同監督として参加する。

1977年、長編映画『インディアンはまだ遠くに』で映画監督としてデビューする。イザベル・ユペールを主演にしたフランス・スイス合作映画である。同作は、同1977年ロカルノ国際映画祭でエキュメリック審査員特別賞を獲得した。1980年には、スイス・フランス・ベルギー合作の第二作『Le Chemin perdu(失われた道)』を監督した。ヌーヴェルヴァーグの重要な作家であり人類学者ジャン・ルーシュの弟子でもあるジャクリーヌ・ヴーヴ監督と並んで、1970年代の「ヌーヴォー・シネマ・スイス」の生んだ女性監督と目された[3]

1984年には映画プロデューサーとして、『Strangulations blues』(1980年)など短篇を撮っていた当時24歳のレオス・カラックス監督に、長篇映画『ボーイ・ミーツ・ガール』を撮らせ、映画監督としてデビューさせた。同作は、同年の第37回カンヌ国際映画祭のパラレルセクションで上映され、青年のための賞をカラックス監督が受賞した。

1991年には、ヴェルナー・シュレーター監督の『Malina』で、インゲボルク・バッハマンの小説を原作に、小説家エルフリーデ・イェリネクミヒャエル・ハネケ監督の『ピアニスト』の原作者)が書いた脚本に関わり、フランス語脚本を書いた。

2019年4月16日、パリで死去した。79歳没[2][4]

フィルモグラフィー[編集]

  • 22 ans - Patricia オムニバス『Quatre d'entre elles』の一篇 1968年 主演
監督フランシス・ロイセール
参加監督クロード・シャンピオン、フランシス・ロイセール、ジャック・サンドス、イヴ・イェルサン、製作会社ミロス・フィルム(レ・ヴェリエール
  • Vive la mort 1969年 共同脚本 ※脚本デビュー作
監督・脚本・編集フランシス・ロイセール、撮影レナート・ベルタ、音楽パトリック・モラーツ、製作フレディ・ランドリー、ミシュリーヌ・ランドリー=ベガン、製作会社ミロス・フィルム、フレディ・ランドリー・プロデュクション
  • Black Out(ブラック・アウト) 1971年  共同脚本
脚本・監督ジャン=ルイ・ロワ、撮影ロジェ・バンパージュ、主演リュシ・アヴネー、製作会社グループ5、コンドル・フィルム、パノラ・フィルム、テレヴィジオン・スイス・ロマンドTSRジュネーヴ
  • Le Grand soir 1976年 共同脚本
監督・脚本フランシス・ロイセール、共同脚本ジャック・ベイナック、撮影レナート・ベルタ、録音リュック・イェルサン、出演ニエル・アレストラップ、製作会社アルトコ・フィルム(ジュネーヴ)、キャディア(ローザンヌ)、C.E.C.R.T.(パリ) 
  • インディアンはまだ遠くに Les Indiens sont encore loin 1977年 監督・脚本 ※監督デビュー作、ロカルノ国際映画祭でエキュメリック審査員特別賞受賞
撮影レナート・ベルタ、録音リュック・イェルサン、出演イザベル・ユペール、クリスティーヌ・パスカル、ニコール・ガルシア、製作会社フィルム・コレクティヴ(チューリッヒ)、フランス国立視聴覚研究所INA、パリ)、レ・フィルム・2001(パリ)、テレヴィジオン・スイス・ロマンド(TSR、ジュネーヴ)
  • Le Chemin perdu(失われた道) 1980年 監督・脚本
脚本協力セルジュ・シューキン、撮影サシャ・ヴィエルニー、録音リカルド・カストロ、音楽パトリック・モラーツ、出演シャルル・ヴァネルデルフィーヌ・セイリグ、マガリ・ノエル、クリスティーヌ・パスカル、製作会社アビレーヌ・プロデュクシオン、カクテュス・フィルム、F3(ブリュッセル)、MK2プロデュクシオン
  • La Bête noire 1983年 アソシエイト・プロデューサー
監督パトリック・シャピュ、撮影リシャール・コパンス、出演リシャール・ボーランジェ、サビーヌ・オードパン、ベルナデット・ラフォン、製作会社シネテーク、スターダスト・プロデュクシオン
監督・脚本レオス・カラックス、製作総指揮アラン・ダアン、撮影ジャン=イヴ・エスコフィエ、出演ドニ・ラヴァン、ミレーユ・ペリエ、製作アビレーヌ・プロデュクシオン
  • L'Arbre sous la mer 1985年 テクニカルコンサルタント
監督・脚本フィリップ・ミュイル
  • Malina 1991年 フランス語脚本
監督ヴェルナー・シュレーター、原作インゲボルク・バッハマン、脚本エルフリーデ・イェリネク、出演イザベル・ユペール、マチュー・カリエール

[編集]

  1. ^ a b c MORAZ Patricia” (French). Les Gens du cinéma. 2019年4月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年4月26日閲覧。
  2. ^ a b c d Frédéric Maire (2019年4月23日). “Disparition de la cinéaste Patricia Moraz” (French). Cinémathèque suisse. 2019年4月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年4月26日閲覧。
  3. ^ シネマテーク・スイスの公式サイトのREDECOUVRIR LE NOUVEAU CINEMA SUISSEでの記述より。
  4. ^ “Décès de la réalisatrice et productrice Patricia Moraz” (French). AFP. TV5MONDE. (2019年4月23日). オリジナルの2019年4月25日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190425203333/https://information.tv5monde.com/culture/deces-de-la-realisatrice-et-productrice-patricia-moraz-296699 2019年4月26日閲覧。