パトリシオ・ガリーノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はガリーノ第二姓(母方の)はグロッタです。
パトリシオ・ガリーノ
Patricio Garino
Patricio Garino 2015.jpg
アルゼンチン代表でのガリーノ (2015年)
サスキ・バスコニア  No.29
ポジション SG/SF
背番号 29
身長 201cm (6 ft 7 in)
体重 92kg (203 lb)
ウィングスパン 208cm  (6 ft 10 in)
シューズ ナイキ
基本情報
本名 Patricio Garino Gullotta
愛称 Pato
ラテン文字 Patricio Garino
スペイン語 Patricio Garino Gullotta
誕生日 (1993-03-17) 1993年3月17日(26歳)
アルゼンチンの旗 アルゼンチン
イタリアの旗 イタリア
出身地 ブエノスアイレス州の旗 ブエノスアイレス州マル・デル・プラタ
出身 ジョージ・ワシントン大学
ドラフト 2016年 ドラフト外 
選手経歴
2016-2017
2017
2017-
オースティン・スパーズ (Dリーグ)
オーランド・マジック
スペインの旗 サスキ・バスコニア
代表歴
キャップ アルゼンチンの旗 アルゼンチン 2015-

パトリシオ・ガリーノ・グロッタ (Patricio Garino Gullotta , 1993年3月17日 - )は、アルゼンチンブエノスアイレス州マル・デル・プラタ出身のバスケットボール選手。アルゼンチン代表

来歴[編集]

15歳の時にNBA選手を目指す為に渡米し、フロリダ州のモントヴェルデ・アカデミー高校に留学。

大学はジョージ・ワシントン大学に進学。A-10のディフェンスチームに4年連続で選出。2016年には同カンファレンスの2ndチームにも選出[1]されるなど、同大学の主力選手として活躍したものの、2016年のNBAドラフトでは、どのチームからも指名を受けることは出来なかった。

カレッジ成績[編集]

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG PPG
2012–13 ワシントン大学 30 30 26.9 .427 .286 .648 3.4 2.1 2.3 0.4 8.8
2013–14 26 14 28.7 .561 .343 .593 4.4 2.0 1.6 0.8 12.1
2014–15 35 35 31.6 .531 .296 .735 5.3 1.5 1.7 0.8 12.4
2015–16 38 38 32.0 .510 .430 .689 4.2 1.5 1.4 0.8 14.1

NBA[編集]

ガリーノは2016年のNBAサマーリーグで、オーランド・マジックの一員として参加。そこでのプレー振りがサンアントニオ・スパーズのスカウト陣の目に留まり、同月29日にスパーズと2016-17シーズン前のシーズンキャンプに関する契約を結んだが、開幕前の10月22日に解雇[2]。2017年4月3日にオーランド・マジックと2年契約を結び、念願のNBA入りが実現した[3]。しかし、シーズン終了後に解雇された。

スペインへ[編集]

2017年8月7日、リーガACBサスキ・バスコニアと3年契約を結んだ[4]

アルゼンチン代表[編集]

2015年にリオデジャネイロオリンピック出場を懸けたFIBAアメリカ大陸選手権でアルゼンチン代表デビュー。見事に本大会出場に貢献し、オリンピック代表にも選出されている[5]

その他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]