パトリック・ド・バナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

パトリック・ド・バナ(Patrick de Bana)は、ドイツ出身のバレエダンサー振付家。日本では主に、マニュエル・ルグリ東京バレエ団との共演で知られる。

経歴[編集]

ハンブルクナイジェリア人の父とドイツ人の母のもとに生まれる。ジョン・ノイマイヤー率いる「ハンブルク・バレエ団」で学ぶ。1987年モーリス・ベジャール率いるスイスのバレエカンパニー「ベジャール・バレエ・ローザンヌ」に所属し、プリンシパルを務める[1]ミラノ公演を観たナチョ・ドゥアトに誘われ[2]1992年にナチョ率いるスペイン国立ダンスカンパニー(Compania Nacional de Danza)に移籍し、10年間プリンシパルを務める。この間にイジー・キリアーンウィリアム・フォーサイスらのコンテンポラリーダンスに触れる[1]

2003年に自らのカンパニーNafas Dance Companyを設立し、スペインバレンシア州から最優秀男性ダンサー賞を授与されたほか、2005年2007年にはカルロス・サウラ監督の映画で振付を担当。2007年にカンパニーを解散し、その後はダンサー、振付師として、ファドシンガーやフラメンコダンサーたちのツアーに参加するほか[1]マニュエル・ルグリアニエス・ルテステュファルフ・ルジマートフらと共演するなど、さまざまなバレエ公演に客演している[3]

主な振付作品には、『マリー・アントワネット』『ルートヴィッヒ二世―白鳥の王』『クレオパトラ―イダ・ルビンシュタイン』 『アポロ』などがある[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c Patric de Bana公式サイト
  2. ^ a b ベジャールとジュルジュ・ドンが教えてくれたこと 公演直前インタビュー:パトリック・ド・バナ Patrick de Bana チャコットwebマガジン
  3. ^ 東京春祭のStravinsky vol.2ストラヴィンスキー・ザ・バレエ~ド・バナの《アポロ》、ベジャールの《春の祭典》 東京・春・音楽祭-東京のオペラの森2013