パナイティオス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
パナイティオス

パナイティオス[pəˈnʃiəs]; ギリシャ語: Παναίτιος: Panaitios、紀元前180年ごろ‐紀元前109年ごろ)は、古代ギリシア哲学者。中期ストア派ロドス島で生まれ、アテネで没した[1]。中期ストア再興の祖。ローマにおいてラエリウスやスキピオ・アエミリアヌスらと関わった。ゼノンディオゲネス・オブ・ベビロン英語版タルススのアンティパトロスなどに影響を与えた。

脚注[編集]

  1. ^ 第2版,日本大百科全書(ニッポニカ), ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典,百科事典マイペディア,世界大百科事典. “パナイティオスとは” (日本語). コトバンク. 2021年1月21日閲覧。