パナギオティス・ギオニス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
パナギオティス・ギオニス Table tennis pictogram.svg
基本情報
生年月日 (1980-01-07) 1980年1月7日(37歳)
選手情報
最高世界ランク 18位
利き腕
グリップ シェークハンド
ラケット コルベル-ST
フォア面ラバー テナジー・05(裏ソフト)
バック面ラバー フェイント・ロング2(粒高)
戦型 カット主戦型
■テンプレート(■ノート ■解説)プロジェクト:卓球

パナギオティス・ギオニス(Panagiotis Gionis, 1980年1月7日 - )はギリシャ代表卓球選手。身長186cm、体重85kg。ジオニス、イオニスと標記されることもある。

愛称はギオ。 アテネ在住。歯科医師。 2009年5月発表の世界ランクでは41位に位置している。しかし最近は世界ランク30位以内を維持しているベテランカットマン。

略歴[編集]

初めて出場した国際大会である1996年のバルカン選手権男子ダブルス優勝して以来、数々の大会に出場し、2004年にエジプトカイロで開かれたITTFプロツアーでは男子ダブルスでベスト4、ポーランドワルシャワで開催された大会の男子ダブルスで準優勝するなどの好成績を収める。 世界選手権には1997年マンチェスター大会から2009年横浜大会にかけて11大会連続出場しており、2005年の上海大会では男子シングルスの1・2回戦で、それぞれプリモラッツ吉田海偉を破り、3回戦にまで進出。そして2009年の横浜大会では荘智淵などを破り4回戦まで進出し、ベスト16入りした。 オリンピックには2004年のアテネ大会と2008年の北京大会と2012年のロンドン大会、2016年のリオデジャネイロ大会に出場している。

プレースタイル[編集]

シェークカット主戦型の選手。 バックハンドでのサービスは裏ソフトと粒高を巧みに使い分ける。バックカットで回転に変化をつけ、フォア側に来たボールをフォアハンドドライブで仕留める。

腕っぷしの強さと体格の良さを活かした粒高での猛烈に切れたバックカットと、クレアンガばりのフルスイングから放たれる相手コートで伸びるような、カットマンとは思えないほどの強烈な威力を誇るフォアハンドドライブが持ち味。

主な戦績[編集]

その他[編集]