パニック (小説)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

パニック』は、作家開高健の作品である。大量繁殖したネズミの処置を通して、保身に汲々とする役人の無能と愚かさを痛烈に風刺した作品。作品を通じて、組織の中にある人間について考究されている点に特色がある。1957年に『新日本文学』誌に発表され、平野謙に称賛されて注目を浴びた。

あらすじ[編集]

県庁山林課の飼育室で、俊介が課長に、イタチが鼠を全部仕留める所を見させる所から始まる。去年の秋、この地方では120年ぶりに一斉に笹が花を開き、実を結んだ。笹は救荒植物の一つであり、この実を巡って、あらゆる種類の野ネズミが集まり、田畑や林から一斉移動し、大量繁殖するという現象が起きる。

やがて、山林課は多数の鼠害の苦情や陳情書に押し寄せられて忙しくなった。どの地方でも植栽林が禿げあがっており、田畑では撒かれた麦が鼠の為に全く発芽しなか った。山林課は緊急に鼠害対策委員会を設け、俊介の意向で近県の動物業者から鼠の天敵であるイタチやヘビを買い、マークを付けて野に放ち、殺鼠剤を業者から買い集めて、被害地に配る計画を立てたが、鼠の数は予想以上に多く、対策は丸で効果が無かった。次第に人々は鼠を媒介とした伝染病の幻に怯え始め、街の医師は誇大妄想に陥った患者の対応に追われた。

ネズミ騒動は政治現象にまで発展し、野党がこぞって官僚・知事の腐敗・怠慢を非難するようになった。この騒動の渦中に、購入したイタチにマークを付けて放ったイタチが含まれるという不正事件が起きた。俊介は課長に動物業者の出入りの差し止めを申し出た。その夜、俊介は課長に呼ばれて料亭に付き合った。そこには局長の姿があり、ラジオと新聞で鼠害が終了したと言う嘘の宣言をするよう頼まれた。翌日、俊介は課長から左遷を告げられる。

その夜、泥酔して自宅に帰った俊介を待ちうけていた農学者の車に乗せられて、鼠が大移動していることを聞かされる。車内で農学者は俊介に、酒を飲んでばかりで的 確な対応をしなかったとして非難を浴びせた。自動車は鼠を追って山道を登り、鼠の大群が集団ヒステリーで湖の中に次々と飛び込む奇怪な様を目撃し、ネズミ騒動はここに終結した。俊介は帰りの自動車の中で、夜明けに街道を歩く一匹の汚れた野良猫を見て、ある侘びしさの混じった満足感から、

「やっぱり人間の群れに戻るより仕方ないじゃないか」

と呟いた。

出典[編集]

関連項目[編集]