パネンカ (ペナルティーキック)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
由来となったアントニーン・パネンカ(2013年)

パネンカPanenka)は、サッカーペナルティーキックにおけるテクニックの一つである。

概要[編集]

普通、PKは他のシュートと同じようにしっかり足をボールに当て、キーパーにセーブされないようゴールの隅を狙って蹴る。パネンカではキーパーを欺くためにゴールの中心に向かってチップキックと同じ要領で柔らかく蹴る。UEFA欧州選手権1976決勝で、チェコスロバキア代表のアントニーン・パネンカがドイツ代表のキーパーゼップ・マイヤーにチップキックでPKを決めチェコスロバキア代表を優勝に導いた。このことからチップキックによるPKのことを「パネンカ」と呼び表すようになった[1][2]。なおイタリア語圏ではパネンカのことをIl cucchiaio (イル・クッキアイオ, スプーンの意)と呼んでいる[3]

パネンカ以降、パネンカを試みた選手は非常に数が限られている[4][5]フランチェスコ・トッティUEFA EURO 2000)、ジネディーヌ・ジダン2006 FIFAワールドカップ・決勝)、セバスティアン・アブレウ2010 FIFAワールドカップ準々決勝)、アンドレア・ピルロUEFA EURO 2012[6][7]アレクシス・サンチェスコパ・アメリカ2015決勝)[8]オマル・アブドゥッラフマーンAFCアジアカップ2015準々決勝)といった面々が大舞台でパネンカを成功させている。

脚注[編集]

  1. ^ The footballers who have moves named after them”. 2010年11月14日閲覧。
  2. ^ Antonin Panenka - the footballer Pele described as "either a genius or a madman"”. 2010年11月14日閲覧。
  3. ^ Il rigore di Panenka” (Italian). Storie di Calcio. 2016年5月9日閲覧。
  4. ^ Euro 2012: Pirlo’s courage to kick a penalty like Panenka helped Italy’s 4-2 win over England”. The Star. 2017年12月30日閲覧。
  5. ^ Andrea Pirlo explains THAT Panenka penalty which bamboozled Joe Hart at Euro 2012”. The Mirror. 2017年12月30日閲覧。
  6. ^ BBC Sport – Euro 2012 analysis: Peerless Pirlo exposes England”. BBC Sport (2012年6月24日). 2012年6月28日閲覧。
  7. ^ Pirlo: 'Why I chipped Hart'”. Football Italia (2012年6月24日). 2012年6月28日閲覧。
  8. ^ “Chile 0-0 Argentina (4-1 pens): Hosts claim first Copa America title with shoot-out victory”. Sky Sports. (2015年7月4日). http://www1.skysports.com/football/chile-vs-argentina/338158 2015年7月4日閲覧。