パパとマチルダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
パパとマチルダ
A Simple Twist of Fate
監督 ギリーズ・マッキノン
脚本 スティーヴ・マーティン
原作 ジョージ・エリオット
(「サイラス・マーナー」より)
製作 リック・キドニー
製作総指揮 スティーヴ・マーティン
出演者 スティーヴ・マーティン
ガブリエル・バーン
アラナ・オースティン
音楽 クリフ・エデルマン
撮影 アンドリュー・ダン
編集 ハンフリー・ディクソン
製作会社 タッチストーン・ピクチャーズ
配給 アメリカ合衆国の旗 ブエナビスタ
公開 アメリカ合衆国の旗 1994年9月2日
日本の旗 劇場未公開
上映時間 106分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $3,430,583[1]
テンプレートを表示

パパとマチルダ』(原題:A Simple Twist of Fate)は、1994年制作のアメリカ合衆国コメディ映画ジョージ・エリオット原作の小説「サイラス・マーナー」の映画化。スティーヴ・マーティン主演・脚本・製作総指揮。日本では劇場未公開。

あらすじ[編集]

家具職人のマイケルは、最愛の妻に裏切られて心に深い傷を負って人間嫌いとなり、金貨の収集にしか生きがいを見出せなくなっていた。

ある大雪の夜、マイケルは歩くのもやっとの小さな女の子と出会う。彼女は母親を亡くしたばかりで、ほかに身寄りのない身であった。彼女を不憫に思ったマイケルは彼女を引き取り、養女として育てることを決意、マチルダと名付けて一緒に暮らし始める。

マイケルはマチルダに精一杯の愛情を注ぎ、そのおかげでマチルダはすくすくと成長していく。2人はいつしか実の父娘のような関係を築いていった。

しかしある日突然、2人の前にマチルダの実の父親だという富豪の男が現われ、彼女を連れて行ってしまう。マチルダを取り戻したいマイケルは、産みの親と育ての親のどちらに親の権利があるのかを問うべく、親権裁判を起こす。

キャスト[編集]

※VHS版。DVDには吹替未収録。

脚注[編集]

  1. ^ A Simple Twist of Fate (1994)”. Box Office Mojo (1994年9月20日). 2015年3月8日閲覧。