パパ/ずれてるゥ!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
パパ/ずれてるゥ!
Taking Off
監督 ミロス・フォアマン
脚本 ミロス・フォアマン
ジョン・グエア
ジャン=クロード・カリエール
ジョン・クライン
製作 アルフレッド・W・クラウン
マイケル・ハウスマン(製作補)
出演者 リン・カーリン
バック・ヘンリー
撮影 ミロスラフ・オンドリチェク
編集 ジョン・カーター
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 1971年3月28日
日本の旗 1972年1月29日
上映時間 93分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

パパ/ずれてるゥ!』(原題: Taking Off)は、1971年アメリカ映画ミロス・フォアマンの米国移住後の監督第一作である。

カンヌ国際映画祭審査員特別グランプリを受賞した。

あらすじ[編集]

歌手になりたいジーニーはオーディション会場に行くため家族に無断で外出し、母親リンを心配させた。 妻から娘を探すよう頼まれたラリーはバーで酔っ払い、戻ってきたジーニーに暴力を振るったため、彼女は再び家出。 困り果てた夫妻は「家出少年少女の親の会」に参加し、他の参加者とともに若者の気持ちを知るべくマリファナを試した。 マリファナでおかしくなった二人が他の親とともにストリップ・ポーカーへ興じているところへ、ジーニーが家に帰ってきてしまい、大変なことになる。

キャスト[編集]

役名 俳優 備考
リン・タイン リン・カーリン英語版
ラリー・タイン バック・ヘンリー
ジーニー・タイン リニア・ヒーコック
マーゴット ジョージア・エンジェル英語版
トニー トニー・ハーヴェイ
アン・ロックストン オードラ・リンドレイ英語版
ベン・ロックストン ポール・ベネディクト
ヴィンセント ヴィンセント・スキャヴェリ 本作品が映画デビュー作となった。
ノーマン アレン・ガーフィールド
ボボ・ベイツ キャシー・ベイツ
オーディションの歌手 カーリー・サイモン
オーディションの歌手 ジェシカ・ハーパー
本人 アイク&ティナ・ターナー 本人役としてナイトクラブの場面で出演。

その他[編集]

  • オーディションの場面で中心的に歌われる楽曲は、ザ・モンタナズが1970年に発表した "Let's Get a Little Sentimental"。なお同曲をエディ・シーゴーと共作したマイク・リーンダーは、上記「シーズ・リーヴィング・ホーム」のオーケストレーションをジョージ・マーティンの代わりに担当している。

脚注[編集]

  1. ^ 日本版DVD『パパ/ずれてるゥ!』(キングレコード、2011年2月)のパッケージより。