パブロ・マチン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はマチン第二姓(母方の)はディアスです。
パブロ・マチン Football pictogram.svg
名前
本名 パブロ・ハビエル・マチン・ディアス
Pablo Javier Machín Díez
ラテン文字 Pablo Machín
基本情報
国籍 スペインの旗 スペイン
生年月日 (1975-04-07) 1975年4月7日(44歳)
出身地 ソリア県ソリア
身長 182cm
選手情報
ポジション DF
利き足 右足
ユース
スペインの旗 CDヌマンシア
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1993-1994 スペインの旗 CDヌマンシア 5 (0)
監督歴
1998-2000 スペインの旗 カラサンス
2000-2006 スペインの旗 CDヌマンシア (ユース)
2006-2007 スペインの旗 CDヌマンシア B
2007-2011 スペインの旗 CDヌマンシア (コーチ)
2011-2013 スペインの旗 CDヌマンシア
2014-2018 スペインの旗 ジローナFC
2018-2019 スペインの旗 セビージャFC
2019- スペインの旗 RCDエスパニョール
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

パブロ・ハビエル・マチン・ディアス(Pablo Javier Machín Díez, 1975年4月7日 - )は、スペインソリア県ソリア出身の元サッカー選手・現サッカー指導者。

来歴[編集]

選手時代[編集]

地元ソリアCDヌマンシアに入団後。1993-94シーズンにトップチームデビューを果すも、膝の負傷に苦しみ、1998年に現役を引退。指導者として再出発した。

監督時代[編集]

1998年から2シーズンCDカラサンスの監督を務め、2000年にCDヌマンシアに復帰。以降カンテラのコーチや監督を務める。

2011年5月30日、トップチームの監督に昇格[1]。2シーズントップチームの監督を務めるも、1部リーグに導くことはできず、2012-13シーズン終了後に退任。

2014年3月9日、ジローナFCに監督に就任[2]。2014-15、2015-16シーズンを、セグンダ・ディビシオンで3位、4位に導きながらも、昇格プレーオフで敗退。しかし、2016-17シーズンに2位で終え、チーム創設87年目にして初のラ・リーガに導く。トップリーグ1年目となった2017-18シーズンは10位で終え、1部残留に導いた。

2018年5月28日、セビージャFCの監督に就任した[3]

脚注[編集]

  1. ^ Pablo Machín toma las riendas del Numancia”. AS (2011年5月30日). 2018年5月28日閲覧。
  2. ^ El Girona destituye a Javi López, llega Pablo Machín”. SPORT.es (2014年3月9日). 2018年5月28日閲覧。
  3. ^ セビージャ新指揮官は3バックの使い手ジローナのマチン招へいを発表Goal.com