パブロ・ヤン・フェレイラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
パブロ Football pictogram.svg
名前
カタカナ パブロ・ヤン・フェレイラ
ラテン文字 Pablo Yan Ferreira
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 (1994-08-30) 1994年8月30日(25歳)
出身地 サン・ジョゼー・ド・リオ・プレト熊本県八代市
身長 176cm[1]
体重 76kg[1]
選手情報
ポジション FW
利き足
ユース
2002-2004 FC岐阜U-15
2005-2008 秀岳館高等学校
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2013-2015 ロアッソ熊本 0 (0)
2014 ヴォルカ鹿児島 2 (1)
2015 鈴鹿アンリミテッドFC(loan) 12 (1)
2016- 鈴鹿アンリミテッドFC 10 (2)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

パブロ・ヤン・フェレイラポルトガル語: Pablo Yan Ferreira1994年8月30日 - )は、ブラジルサン・ジョゼー・ド・リオ・プレト出身で日本に帰化していたサッカー選手。ポジションはFW

経歴[編集]

曾祖母が日本人である日系ブラジル人。日本でプレーしたいとの思いから、FC岐阜U-15へ入団する。途中で熊本県八代市に引越し帰化[2] したものの、Jリーグへの登録はブラジル国籍[3] のままになっている。高校は秀岳館高等学校に進学した。

プリンスリーグ九州1部では得点王(21得点)に輝くなど活躍し、2013年シーズンにロアッソ熊本へ加入することが決まった。

2013年7月9日、2013年12月31日まで、九州サッカーリーグ所属のヴォルカ鹿児島期限付き移籍することが発表された。

2014年、熊本へ復帰[4] したものの、トレーニング中に靭帯断裂の重症を負い、復帰は2015年シーズン以降となった。なお、シーズン途中にブラジル国籍であるアンデルソンが加入したことにより一時的に登録選手から外れている。

2015年3月、FC鈴鹿ランポーレへ期限付き移籍[5]。同シーズンはチームの主力としてプレーしたが、わずか1得点の結果にとどまり、熊本からは契約満了の通達を受けた。2016年より鈴鹿アンリミテッドFCに完全移籍で加入した[1]

2018年12月7日、現役を引退すると発表した[6]

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2013 熊本 25 J2 0 0 - - 0 0
2013 V鹿児島 10 九州 2 1 - - 2 1
2014 熊本 25 J2 0 0 - 0 0 0 0
2015 0 0 - - 0 0
2015 鈴鹿R/鈴鹿U 11 東海1部 12 1 - - 12 1
2016 20 5 1 - 0 0 5 1
2017 26 5 1 - 0 0 5 1
2018 -
通算 日本 J2 0 0 - 0 0 0 0
日本 東海1部 22 3 - 0 0 22 3
日本 九州 2 1 - 0 0 2 1
総通算 24 4 0 0 0 0 24 4

その他公式戦

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g “パブロ選手、鈴鹿アンリミテッドFCへ完全移籍のお知らせ” (プレスリリース), ロアッソ熊本, (2016年2月5日), http://roasso-k.com/news/news_view.htm?id=2415 2016年2月5日閲覧。 
  2. ^ [1] - 八代市公式ホームページ 2012年11月1日
  3. ^ [2] - パブロ選手の登録について(ロアッソ熊本公式サイト) 2014年8月8日
  4. ^ パブロ ヤン フェレイラ選手、ロアッソ熊本へ復帰のお知らせ - ロアッソ熊本公式ホームページ 2013年12月30日
  5. ^ パブロ選手 ロアッソ熊本より期限付き移籍加入のお知らせ - FC鈴鹿ランポーレ公式ホームページ 2015年3月20日
  6. ^ “フェレイラ・パブロ・ヤン選手 現役引退のお知らせ” (プレスリリース), 鈴鹿アンリミテッドFC, (2018年12月7日), https://suzuka-un.co.jp/news/23403/ 2019年9月20日閲覧。 

関連項目[編集]