パペット大騒査線 追憶の紫影

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
パペット大騒査線 追憶の紫影
The Happytime Murders
監督 ブライアン・ヘンソン
脚本 トッド・バーガー英語版
原案 トッド・バーガー
ディー・オースティン・ロバートソン
製作 ブライアン・ヘンソン
ベン・ファルコーン
メリッサ・マッカーシー
ジェフリー・ヘイズ
製作総指揮 リサ・ヘンソン
ジョン・ハイド
ディー・オースティン・ロバートソン
ドナルド・タン
テディ・シュワルツマン
ベン・スティルマン
ワン・チョンジュン
ワン・チョンレイ
フェリス・ビー
ロバート・シモンズ
アダム・フォーゲルソン
出演者 メリッサ・マッカーシー
マーヤ・ルドルフ
ジョエル・マクヘイル
エリザベス・バンクス
音楽 クリストファー・レナーツ
撮影 ミッチェル・アムンドセン英語版
編集 ブライアン・スコット・オールズ
製作会社 STXエンターテインメント英語版
フワイ・ブラザーズ英語版
ザ・ジム・ヘンソン・カンパニー英語版
オン・ザ・デイ・プロダクションズ
TMP
配給 アメリカ合衆国の旗 STXエンターテインメント
日本の旗 パルコ
公開 アメリカ合衆国の旗 2018年8月24日
日本の旗 2019年2月22日
上映時間 91分[1]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $40,000,000[2]
興行収入 世界の旗 $27,506,452[2]
テンプレートを表示

パペット大騒査線 追憶の紫影』(パペットだいそうさせん ついおくのパープル・シャドー The Happytime Murders)は2018年アメリカ合衆国コメディ映画。監督はブライアン・ヘンソン、主演はメリッサ・マッカーシーが務めた。本作のキャッチコピーは「日本よ、これがハリウッドの相棒」である[3]

ストーリー[編集]

パペットと人間が共存する世界。パペットは二級市民として扱われていた。フィル・フィリップスはパペットとして初めてロサンゼルス市警の警察官に採用されたが、後に解雇されてしまい、それ以来私立探偵として活動していた。そんなある日、フィルはサンドラという名前のパペットから「自分を脅迫している人間を探し出して欲しい」という依頼を受けた。フィルはとあるポルノショップに手掛かりがあると睨んでいたが、そのポルノショップで殺人事件が発生した。

現場に駆けつけたフィルは、警察官時代の相棒だったコニー・エドワーズ刑事と再会することになった。12年前、エドワーズはパペットの犯罪者に銃口を突きつけられた。フィルは犯罪者を撃ってエドワーズを救い出そうとしたが、誤って無実のパペットを射殺してしまった。しかも、そのパペットの娘が殺害の一部始終を目撃していたのである。エドワーズと犯罪者は銃撃戦になり、犯罪者は殺害されたものの、エドワーズも負傷した。エドワーズがフィルに不利な証言をした結果、フィルは警察を解雇されることになり、パペットの警官採用を禁止する法律まで制定されてしまった。

エドワーズはポルノショップでの一件を物盗りによる犯行と結論づけたが、フィルは被害者が故意に殺された可能性を疑っていた。その日の夜、フィルの兄であるラリーが殺害されるという事件が発生した。事ここに至り、エドワーズとフィルは殺人犯を見つけるために再度タッグを組むことになった。

キャスト[編集]

パペットの声[編集]

  • ビル・バレッタ英語版 - フィル・フィリップス/ボアー/ジャンクヤード
  • ドリエン・デイヴィース - サンドラ・ホワイト
  • ケビン・クラッシュ - ライル/ミスター・バンブリーパンツ
  • ドリュー・マッセー英語版 - グーファー/ヴィニー
  • テッド・マイケルズ - エズラ/チンピラ
  • コリーン・スミス - カラ/ダルメシアン/キャロル
  • アリス・ディニーン英語版 - シーラ
  • ドナ・キンボール - ダイアン/ウシ
  • ブライアン・ヘンソン - カニ
  • アラン・トラウトマン英語版 - タコ/医者
  • ヴィクター・イェリド英語版 - ラリー・フィリップス/老人

製作[編集]

ザ・ジム・ヘンソン・カンパニーは2008年に本作の企画を立ち上げ[4]2010年10月にライオンズゲートが製作に乗り出した[5]。11月、キャメロン・ディアスが本作の出演交渉に臨んでいるとの報道があった[6]2012年2月、ディアスの降板を受けて、キャサリン・ハイグルが代役として起用された[7]

2015年7月、STXエンターテインメントがライオンズゲートの持っていた権利を購入し、本作の映画化に乗り出したと報じられた[8]2016年4月、ジェイミー・フォックスに本作の出演オファーが出ているとの報道があった[9]2017年5月、メリッサ・マッカーシーが主演に起用されたと報じられた[10]。8月、マーヤ・ルドルフがキャスト入りした[11]。9月、エリザベス・バンクス、ビル・バレッタ、ジョエル・マクヘイルの出演が決まった[12][13][14]。同月11日、本作の主要撮影がロサンゼルスで始まった[15]

本作の撮影には125体の人形が使用され、そのうち40体は特注品であった。全てのセットは人形を操る人が立ったまま人形を操れるように組み立てられた。その結果、俳優が移動できるスペースは歩幅にして2歩分しかなかった[16]。本作の視覚効果を担当したサム・ニコルソンは「今までやってきた仕事の中でも最も複雑な作業を要した。1体の人形は4人で操るものなので、仮に8体の人形が出てきたら、24人をCGで消さなければならない。」と回想している[17]

公開・マーケティング[編集]

当初、本作は2018年8月17日に全米公開される予定だったが[18]、後に1週間延期され、同年8月24日公開となった[19]

2018年5月18日、本作のファースト・トレイラーが公開された[20][21]

訴訟[編集]

2018年5月、『セサミストリート』の制作元であるセサミワークショップは、STXエンターテインメントをロゴの無断使用で告発した。セサミワークショップは「子供向け教育番組である『セサミストリート』と大人向けコメディ映画を結びつけることは、『セサミストリート』の評判を傷つけるものである」と主張した。それに対し、STXエンターテインメントは全面的に争う姿勢を見せた[22][23]。同月30日、セサミワークショップの訴えは裁判官によって退けられた。その直後、STXエンターテインメントは「我々は『セサミストリート』に敬意を払っており、その偉業を傷つける意図は微塵もなかった」という主旨の声明文を発表した[24]

本作のテレビCMで「『セサミストリート』から訴えられたスタジオが送る」という宣伝文句が使用され、訴訟騒ぎまでもがネタになった[25]

興行収入[編集]

本作は『A-X-L/アクセル』と同じ週に封切られ、公開初週末に1350万ドル前後を稼ぎ出すと予想されていたが[26]、実際の数字はそれを下回るものであった。2018年8月24日、本作は全米3256館で公開され、公開初週末に953万ドルを稼ぎ出し、週末興行収入ランキング初登場3位となった[27]。この数字はメリッサ・マッカーシー主演作としては過去最低のものであった[28]

作品の評価[編集]

映画批評家によるレビュー[編集]

本作に対する批評家からの評価は芳しいものではない。映画批評集積サイトのRotten Tomatoesには216件のレビューがあり、批評家支持率は23%、平均点は10点満点で3.8点となっている。サイト側による批評家の見解の要約は「『パペット大騒査線 追憶の紫影』は捻りのきいた設定を活かせず、ウィットに乏しいコメディ映画になってしまった。娯楽性のあるストーリーを展開する代わりに、闇雲にネタをばらまいている。」となっている[29]。また、Metacriticには48件のレビューがあり、加重平均値は27/100となっている[30]。なお、本作のシネマスコア英語版はC-となっている[31]

受賞歴[編集]

部門 対象者 結果
第39回ゴールデンラズベリー賞 最低作品賞 ノミネート
最低監督賞 ブライアン・ヘンソン
最低脚本賞 トッド・バーガー英語版
ディー・オースティン・ロバートソン
最低主演女優賞 メリッサ・マッカーシー 受賞
最低助演男優賞 ジョエル・マクヘイル ノミネート
最低スクリーンコンボ賞 俳優またはパペットのコンビ全て

出典[編集]

  1. ^ パペット大騒査線 追憶の紫影”. 映画.com. 2018年12月28日閲覧。
  2. ^ a b The Happytime Murders” (英語). Box Office Mojo. 2018年12月28日閲覧。
  3. ^ “エロくて、エモくて、超おバカ!パペットなのに子どもは見ちゃダメ-R指定にならず完全自主規制!『パペット大騒査線 追憶の紫影(パープル・シャドー)』”. cinefil. (2018年12月28日). http://cinefil.tokyo/_ct/17239535 2018年12月28日閲覧。 
  4. ^ Peter Sciretta (2008年10月15日). “Happytime Murders – A Muppet Noir” (英語). /Film. https://www.slashfilm.com/happytime-murders-a-muppet-noir/ 2018年12月28日閲覧。 
  5. ^ Bill Graham (2010年10月12日). “Lionsgate Picks Up Dark Jim Henson Co. Puppet Film HAPPYTIME MURDERS” (英語). Collider. http://collider.com/happytime-murders-jim-henson-todd-berger/ 2018年12月28日閲覧。 
  6. ^ Bill Graham (2010年11月9日). “Cameron Diaz Offered Role in Dark Henson Puppet Film THE HAPPYTIME MURDERS” (英語). Collider. http://collider.com/cameron-diaz-happytime-murders-dark-henson-puppet-movie/ 2018年12月28日閲覧。 
  7. ^ Adam Chitwood (2012年2月3日). “Casting Call: Katherine Heigl Up for Film Noir Puppet Comedy THE HAPPYTIME MURDERS; Al Pacino Set as Villain in DESPICABLE ME 2” (英語). Collider. http://collider.com/katherine-heigl-happytime-murders-al-pacino-despicable-me-2/ 2018年12月28日閲覧。 
  8. ^ Borys Kit (2015年7月7日). “Jim Henson's Crime Puppet Movie Finds New Home at STX” (英語). The Hollywood Reporter. https://www.hollywoodreporter.com/heat-vision/jim-hensons-crime-puppet-movie-807262 2018年12月28日閲覧。 
  9. ^ Anita Busch (2016年4月27日). “Jamie Foxx Negotiating To Star In ‘The Happytime Murders’ At STX” (英語). Deadline.com. https://deadline.com/2016/04/jamie-foxx-happytime-murders-movie-stx-1201745407/ 2018年12月28日閲覧。 
  10. ^ Dave McNary (2017年5月2日). “Melissa McCarthy to Star in Puppet Comedy ‘Happytime Murders’” (英語). Variety. https://variety.com/2017/film/news/melissa-mccarthy-happytime-murders-1202407388/ 2018年12月28日閲覧。 
  11. ^ Dave McNary (2017年8月23日). “Maya Rudolph to Reunite With Melissa McCarthy in ‘Happytime Murders’” (英語). Variety. https://variety.com/2017/film/news/maya-rudolph-melissa-mccarthy-happytime-murders-1202536883/ 2018年12月28日閲覧。 
  12. ^ Dave McNary (2017年9月13日). “Elizabeth Banks Joins Melissa McCarthy in ‘Happytime Murders’” (英語). Variety. https://variety.com/2017/film/news/elizabeth-banks-joins-melissa-mccarthy-in-happytime-murders-1202556786/ 2018年12月28日閲覧。 
  13. ^ Ashley Lee (2017年9月13日). “Elizabeth Banks Joins STX's Puppet Comedy 'Happytime Murders'” (英語). The Hollywood Reporter. https://www.hollywoodreporter.com/news/elizabeth-banks-joins-stxs-puppet-comedy-happytime-murders-1038674 2018年12月28日閲覧。 
  14. ^ Borys Kit (2017年9月15日). “Joel McHale Joins Melissa McCarthy in Puppet Comedy 'Happytime Murders' (Exclusive)” (英語). The Hollywood Reporter. https://www.hollywoodreporter.com/heat-vision/joel-mchale-joins-melissa-mccarthy-puppet-comedy-happytime-murders-1039688 2018年12月28日閲覧。 
  15. ^ Patrick Hipes (2017年9月13日). “Elizabeth Banks Joins Gang For ‘The Happytime Murders’” (英語). Deadline.com. https://deadline.com/2017/09/elizabeth-banks-happytime-murders-cast-melissa-mccarthy-stxfilms-1202168833/ 2018年12月28日閲覧。 
  16. ^ Christina Radish (2018年7月12日). “‘The Happytime Murders': 25 Things to Know about the Long-Developing R-Rated Puppet Movie” (英語). Collider. http://collider.com/what-is-the-happytime-murders/ 2018年12月28日閲覧。 
  17. ^ Ian Failes (2018年9月4日). “The Puppet Masters Behind THE HAPPYTIME MURDERS” (英語). VFX Voice Magazine. http://vfxvoice.com/the-puppet-masters-behind-the-happytime-murders/ 2018年12月28日閲覧。 
  18. ^ JD Knapp (2017年7月1日). “STX Sets Dates for ‘Molly’s Game,’ ‘Happytime Murders’ With Melissa McCarthy” (英語). Variety. https://variety.com/2017/film/news/mollys-game-happytime-murders-melissa-mccarthy-stx-sets-dates-1202486046/ 2018年12月28日閲覧。 
  19. ^ Matt Goldberg (2018年6月22日). “STX Films Shifts ‘Mile 22’ and ‘The Happytime Murders’ Release Dates” (英語). Collider. http://collider.com/mile-22-happytime-murders-new-release-dates/ 2018年12月28日閲覧。 
  20. ^ Sandy Schaefer (2018年5月18日). “Happytime Murders Trailer: Melissa McCarthy's Filthy Puppet Noir” (英語). Screen Rant. https://screenrant.com/happytime-murders-trailer-red-band/ 2018年12月28日閲覧。 
  21. ^ Haleigh Foutch (2018年5月18日). “Melissa McCarthy Snorts Ecstasy and Punches Puppets in NSFW ‘The Happytime Murders’ Trailer” (英語). Collider. http://collider.com/the-happytime-murders-trailer/ 2018年12月28日閲覧。 
  22. ^ Ricardo Lopez (2018年5月25日). “‘Sesame Street’ Creators Sue STX Entertainment Over Marketing for ‘The Happytime Murders’” (英語). Variety. https://variety.com/2018/film/news/sesame-street-stx-happytime-murders-1202822955/ 2018年12月28日閲覧。 
  23. ^ “Sesame Street sues over violent, puppet-based Happytime Murders film” (英語). BBC News. (2018年5月26日). https://www.bbc.com/news/entertainment-arts-44263925 2018年12月28日閲覧。 
  24. ^ Dominic Patten, Erik Pedersen (2018年5月30日). “‘Happytime Murders’ Lawsuit: Judge Kicks ‘Sesame Street’ Bosses’ Grouchy Case To The Curb – Update” (英語). Deadline.com. https://deadline.com/2018/05/happytime-murders-lawsuit-sesame-street-melissa-mccarthy-stx-1202398325/ 2018年12月28日閲覧。 
  25. ^ Kevin Burwick (2018年8月13日). “NSFW Happytime Murders Trailer Gets Dirty and Depraved with Puppets” (英語). Movieweb. https://movieweb.com/happytime-murders-trailer-2-red-band/ 2018年12月28日閲覧。 
  26. ^ Brad Brevet (2018年8月23日). “Look for 'Crazy Rich Asians' to Top 'Happytime Murders' for a Second Weekend at #1” (英語). Box Office News. https://www.boxofficemojo.com/article/ed2841707524/ 2020年4月28日閲覧。 
  27. ^ Domestic 2018 Weekend 34 / August 24-26, 2018” (英語). Box Office Mojo. 2020年4月28日閲覧。
  28. ^ Brad Brevet (2018年8月26日). “'Crazy Rich Asians' Dominates the Competition in Its Second Weekend” (英語). Box Office News. https://www.boxofficemojo.com/article/ed2824930308/ 2020年4月28日閲覧。 
  29. ^ The Happytime Murders (2018)” (英語). Rotten Tomatoes. 2018年12月28日閲覧。
  30. ^ The Happytime Murders Reviews” (英語). Metacritic. 2018年12月28日閲覧。
  31. ^ Pamela McClintock (2018年8月26日). “Weekend Box Office: 'Crazy Rich Asians' Earns Crazy $25M; 'Happytime Murders' Bombs With $10M” (英語). The Hollywood Reporter. https://www.hollywoodreporter.com/news/box-office-crazy-rich-asians-earns-crazy-25m-happytime-murders-bombs-1137571 2018年12月28日閲覧。