パラッツォ・ブランカッチョ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ファサード

パラッツォ・ブランカッチョブランカッチョ宮殿 (イタリア語: Palazzo Brancaccio) はイタリア共和国ローマに現存するパラッツォである。現在はイベント用施設として、また、施設の一部は国立オリエント博物館として使用されている。

エスクイリーノの丘北東部に位置し、近隣の駅はローマ地下鉄A線ヴィットーリオ・エマヌエーレ駅またはローマ地下鉄B線カヴール駅[1]

パラッツォ自体は1880年から1885年にかけて建設された。サルヴァトーレ・ブランカッチョと、その妻でメアリー(アメリカの大富豪の娘)の依頼によったもので、「ローマ貴族の最後の宮殿」とも評される。内部の装飾はフランチェスコ・ガイが担当した。[2]

1953年の映画『ローマの休日』の序盤で登場人物のアン王女が滞在する大使館内部の舞台として、謁見やバルコニーづたいに脱走するシーンなどで使用された[2]。1969年に宮殿は一般公開され[2]、2011年現在はローマパーティー (ROMAPARTY) 社が所有している[3]。パーティーなどのイベント用施設に転用されており、コカ・コーラメルセデス・ベンツクリスチャン・ディオールといった顧客を得ているという。一般の人々の結婚式に使用されることもある。[4]

各部屋の広さはまちまちであるが、広い部屋では200平方メートルを超えるものも存在し[5]、それぞれ彫刻、絵画やタペストリーで彩られている[2]

敷地内には庭、噴水、池などがあり、国立オリエント博物館も併設されている[3]。博物館は1957年に設立され、翌年に一般公開された[6]。中東やインドをはじめ、日本を含む極東までの範囲の遺物を収蔵している[7][8]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ How to get there” (英語). Museo Nazionale d’Arte Orientale. 2014年5月24日閲覧。
  2. ^ a b c d (日本語) ローマの休日 (DVD). パラマウント ジャパン株式会社.. (2011年). 該当時間: 特典映像.4. EAN 4988113761451ASIN B004MKN25O 
  3. ^ a b 前掲『ローマの休日』、添付資料.「ローマの名所めぐり」。
  4. ^ about us” (英語). 2014年5月24日閲覧。
  5. ^ Palazzo Brancaccio (PDF)”. オーバーシーズネットワーク. 2014年5月24日閲覧。
  6. ^ Home - Museo Nazionale d'Arte Orientale” (英語). Museo Nazionale d'Arte Orientale. 2014年5月24日閲覧。
  7. ^ DIPARTIMENTI” (イタリア語). Museo Nazionale d'Arte Orientale. 2014年5月24日閲覧。
  8. ^ 日本の浮世絵コレクションもある。Category:Art of Japan in the Museo nazionale d'arte orientale (Rome)(ウィキメディア・コモンズ)。

座標: 北緯41度53分41秒 東経12度30分00秒 / 北緯41.894856度 東経12.499953度 / 41.894856; 12.499953