パラフィン紙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
パラフィン紙

パラフィン紙(パラフィンし、英語 paraffin paperwaxed paper)は、模造紙、クラフト紙などにパラフィンを塗布・浸透させたである。

概要[編集]

「ロウ引き紙」「ロー引き紙」「蝋引き紙」「油紙」と呼ばれることもある。グラシン(グラシン紙)と混同されるが、別物である。グラシンはパラフィン紙の元となる紙の一つだが、元となる紙はグラシンとは限らず、模造紙クラフト紙を使ったものもある。また、パラフィンを使っていない、単なるグラシンもある。

特徴[編集]

  • 繊維の隙間がパラフィンで充填されるため、透明度、光沢、滑らかさが増す。
  • パラフィンの疎水性などの化学的性質により、耐水性耐油性が増す。

用途[編集]

グラシンを使ったパラフィン紙の用途は、グラシンと同様である。ただし、パラフィン紙のほうが高価で特性が優れている。

そのほか、食品包装などに使われる。

歴史[編集]

1897年、防湿性固油紙が二木泰次郎によって創始された[1]

1904年、日露戦争開始時に戦地医療用として納入、パラフィン紙と改称[2]

1919年、ペーパーストローが考案され、以来製造が伸びた[3]

脚注[編集]

  1. ^ 金融研究/199703/ワークショップ「藩札の紙質・印刷技法について」の模様”. 日本銀行研究所. 2020年4月29日閲覧。
  2. ^ 金融研究/199703/ワークショップ「藩札の紙質・印刷技法について」の模様”. 日本銀行研究所. 2020年4月29日閲覧。
  3. ^ 日本国語大辞典, デジタル大辞泉,百科事典マイペディア,世界大百科事典 第2版,大辞林 第三版,日本大百科全書(ニッポニカ),精選版. “パラフィン紙(パラフィンシ)とは” (日本語). コトバンク. 2020年4月28日閲覧。

関連項目[編集]