パリの大泥棒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
パリの大泥棒
Le voleur
監督 ルイ・マル
脚本 ルイ・マル
原作 ジャン=ジャック・ポーヴェール
出演者 ジャン=ポール・ベルモンド
音楽 アンリ・ラノエ
撮影 アンリ・ドカエ
配給 日本の旗 ユナイト
公開 フランスの旗 1967年2月22日
日本の旗 1967年12月23日
上映時間 120分
製作国 フランスの旗 フランス
言語 フランス語
テンプレートを表示

パリの大泥棒』(ぱりのおおどろぼう、Le voleur)は1967年フランスサスペンス映画ルイ・マル監督の作品で、出演はジャン=ポール・ベルモンドなど[1]

ストーリー[編集]

20世紀初頭のパリに有名な泥棒ジョルジュ・ランダルがいた。ある年、パリ警察が大々的な泥棒狩りを行ったので、ジョルジュはロンドンに拠点を移す。ここで彼は小さい時に一緒に暮らし、愛していた従妹のシャーロットに再会した。彼はシャーロットと共に、小さい頃の自分から全財産とシャーロットを奪った伯父の財産を奪う計画を立てる。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替(初回放送1975年3月16日『日曜洋画劇場』)

スタッフ[編集]

日本語版[編集]

出典[編集]