パリの日本人コミュニティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
大学都市にある学生寮「パリ日本館

パリの日本人コミュニティでは、フランスパリにある日本人または日系人社会集団について説明する。

パリ都市圏には日本人コミュニティが存在し、2013年時点でパリにいる日本人居住者の公式人数は16277人である[1]

歴史[編集]

1960年代初頭、日本人観光客向けの免税店がパリに開業した。その後、長期滞在者向けのビジネスも行われるようになった。『OVNI』発行の主幹Bernard Bérnaudは「フランスに移住してくる日本人の数は1965年まで非常に少なく、70年代に入ってもなお少なかった」と述べている[2]。1991年、『ルック・ジャパン英語版』のジェシカ・ラットマン(Jessica Rutman)は、日本の経済的地位があったため、アフリカや中国からの移民が生み出した民族主義の緊張を、日本人移住者が煽ることはなかったと記した[3]

地理的分布[編集]

他のアジア系民族が貧しい難民としてパリに到着し、パリ中華街などのコミュニティ集合体[訳語疑問点]を形成する一方、1995年にやって来た日本人は主に比較的短期滞在で、各々の職場付近に住んでいた。1995年に在フランス日本国大使館の一等書記官であった新井辰夫は、パリには日本人学生のための寄宿舎「パリ日本館(Maison du Japon)」以外に日本人居住者が集中している地域はほとんどない、と述べた[2]。日本人向け食料品店の経営者イザベル・モリウー(Isabelle Molieux)が1995年にニューヨーク・タイムズ紙に語ったところでは、パリの日本人コミュニティは「非常に個人主義的」であり、日本人のアイデンティティを公然主張するよりもパリの文化に適応することを望んでいる、それゆえ彼らは同じ地域に住む傾向もあまりない、とのことである[2]

2013年、日本のビジネスマンはパリ西部と西側の郊外、主にパリ15区16区にある賃貸物件に定住する傾向があった[4]。1991年には、日本人は15区と16区のほかブローニュ=ビヤンクールヌイイ=シュル=セーヌの郊外に住む傾向があった。これらの地域は高価であるため、それはフランス社会に同化するのではなく、より広いコミュニティから自分を遠ざける日本人の例であるとラットマンは述べた[3]。『日本人とヨーロッパ―経済的文化的衝突』の著者マリー・コンティ=ヘルム(Marie Conte-Helm)は、子供を持つ日本人家族がパリ都市圏で住む地域は、実質的に日仏文化学院パリ日本人学校からのバス路線によって規定されていると書いた[5]。日本人はランクに応じて異なる地域に定着し、社長の経営者達はヌイイ=シュル=セーヌ周辺に集まり、会社の取締役・役員はパッシー英語版で暮らしており、社会経済的ランクの低い日本人はホテル・ニッコー周辺かリヴ・ゴーシュフランス語版で生活した[4]。ヌイイ=シュル=セーヌ周辺には「社長通り (Shachō Dōri)」という冗談名称があるほどである[5]

1995年、オペラ地区には多くの日本企業があったが、日本人居住者がほとんどいないため、この地域がチャイナタウンと同じように考えられることはないだろうと新井は述べた[2]

商業[編集]

三越パリ店、2010年に閉店。

ビジネスマンとその家族は、大丸フランス(注:1998年撤退)とポルト・マイヨのパリ国際センターで日本食を購入する傾向がある。予算がない居住者や学生はパリの中華街に行って、日本食を購入する傾向がある[1]。大丸フランスは1973年9月に設立された[6]。パリには70種類以上の日本食レストランがあり、価格帯や顧客層が異なる。オペラ大通り英語版とサン=タンヌ (Sainte Anne) 地区には、カラオケバー、デパート、オフィス、銀行、ショップ、百貨店などがある[1]

日本のパン・ケーキ店としては東急グループサンジェルマンとらや山崎製パンのチェーン店がパリで営業している。パリのサンジェルマン店舗は1979年に開業した[1]

パリにある日本人運営の企業には、建設会社、法律事務所、ホテル、ゴルフクラブ、旅行代理店、不動産会社、広告会社、新聞社などがある。パリにある日本人居住者向けの商業店舗には、服飾店、書店、理髪店、百貨店、眼鏡店などがある[4]

1995年には、オペラ地区に20以上の日本人向け免税店があった。同年のサンタンヌ通りには複数の日本食レストランがあり、フランス人向けの店も日本人向けの店もあった。フランス人向けの店は、主にカンボジア人タイ人ベトナム人など非日本人で運営されていた[2]

パリ三越は1971年に開業し、1996年には売上57億円を達成した。9月11日のテロ事件後、消費者が航空機での旅行を避けるようになった。2010年までに日本人観光客相手のビジネスは下火になり、多くが三越の代わりに地元のお店を巡るようになった。2009年には同社の売上が17億円となり、日本人訪問者の不足のため2010年に閉店した[7]

教育[編集]

日仏文化学院パリ日本人学校は、パリのモンティニー=ル=ブルトンヌー郊外にある日本人学校である。1973年にトロカデロ駅周辺に創立され、1990年に現在の場所に移転した[5]。学校の主要言語は日本語で、小学校と中学校の授業を行っているが、フランス語の授業もある[3]。パリ地区には同校までの距離が遠い地域もあるため、一部の家族は子供たちをフランスの学校に送り、パリの私立運営校であるTakehara Schoolなど、土曜の日本語学校に子供たちを通わせる[8]

高等学校の一部学生は、パリ・インターナショナル・スクール英語版(ISP) に通っている[8]。1992年には、日本人はISPで最大のグループになり、その年の学生の19%を占めた[9]。歴史的には、2005年に廃校となったアルザス成城学園[8][10]、2013年に廃校となったフランス甲南学園トゥレーヌが存在した[8][11]。アルザス成城学園は、東京にある成城学園が運営、フランス甲南学園トゥレーヌは神戸にある甲南学園が運営していた[3]

サン=ジェルマン=アン=レーにあるリセ・インターナショナル・サンジェルマンアンレー英語版には、日本人学生向けのセクションがある。

補足的な日本語教育プログラムのパリ日本語補習校は、パリの16区にある聖フランソワ・デロー幼稚園兼小学校 (École Maternelle et Primaire Saint Francois d'Eylau) で行われており[12]、同事務局は在仏日本人会 (AARJF) にある[13]。さらに、ブローニュ=ビヤンクールにはエベイユ学園がある。また日本の文部科学省は、サン=ジェルマン=アン=レーにあるリセ・インターナショナル・サンジェルマンアンレー英語版での日本語セクションを一時的な補習プログラムとしてリスト掲載している[12]

コンティ=ヘルムは、「一部の日本人の子供たちはフランスの地元の学校に一部時間は出席しているが、より国際的な考えの日本の両親でさえ、滞在後半になると帰国後に順応しやすいように子供を日本人学校に移籍させる」と書いた[5]

1991年にジェシカ・ラットマンは、日本人のインターナショナル・スクールという選択は、より広いコミュニティに同化するより自分たちを隔離しようとする日本人の例であると書いた[3]

機関[編集]

在仏日本人会の本部がある建物。

在仏日本人会 (Association Amicale des Ressortissants Japonais en France、略称:AARJF) は、日本人とフランス人の個人約1万人および3700家族の会員を有する。その本部はパリ16区内のアルマ=マルソー駅付近にある[14]

AARJFは、パリ最大の日本人団体の1つである[15]。この協会は、フランスに新たに到着した日本人が新しい土地に適応できるよう手助けをしている[2]。同協会には貸出を行う図書館が施設内にある。 コンティ=ヘルムは「より排他的な志向を持つヨーロッパの日本人コミュニティ」とは異なり、この日本人会は「より心の広さを感じさせる雰囲気」を持っている、と書いた[4]。同協会ではこの性格のもと、仕事で住む家族、観光客、学生を含む様々なグループの日本人が交流している[4]

日本政府は、在フランス日本国大使館をパリで運営している。

メディア[編集]

2013年、パリには7つの日本語のダイジェスト誌があった。在仏日本人会会誌『Journal Japon』は日本の文化的レクリエーション、日本のニュース、日本のサービスに関する情報を伝えている。在仏日本人会は、文化活動を列挙する『Le Guide Pratique - La Vie en France (フランス生活便利メモ)』も出版している[4]

生活様式とレクリエーション[編集]

フランスに住む典型的な日本の会社員は、そこで約3-5年を過ごす[8]。1991年には一般的な日本企業は駐在員に対して住居(社宅)や自動車を支給していた[3]。滞在期間が短いため彼らの社会活動の中心は職場だけとなり、1995年に新井は「(そのため)コミュニティ意識を発展させる機会がほとんどない」と述べた[2]。イザベル・モリウーは「パリでは、日本人は自分たちの文化を家の外に持ち出そうとしない」と述べた[2]

1991年に『ルック・ジャパン英語版』のジェシカ・ラットマンは、一般に日本の労働者にはフランス人と職場で親しくなる機会があるが、パリにいる特に日本人学校に通う多くの日本の子供たちは「フランス人の同年代の友達を作れないかもしれない」と述べた[3]。ラットマンは、三越地域、日本食レストラン、ネイルサロンなど日本人向けの多くのビジネスが日本語で行われていることから、主婦は「おそらく日本人コミュニティの中で生活し、初歩以上のフランス語を習得しない可能性が高い」と付け加えた[3]。フランス語を学びにフランスに来る日本人なら、企業から送られた日本人よりもフランス人と接する可能性が高い、とラットマンは述べている[16]

アリアンスフランセーズは、日本語話者に合わせたフランス語の授業を提供している[3]。日本人コミュニティのレクリエーション活動としては、毎年のアートクラブ展示会、バザー、体育大会、書道大会、囲碁俳句、日本語授業、フランス語授業などがある[4]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d Conte-Helm, p. 81.
  2. ^ a b c d e f g h Crampton, Thomas. (1995年2月20日). “French Are 'Foreign' in Opéra District : A Japanese Haven In Central Paris”. The New York Times. 2018年1月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年1月3日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i Rutman, Jessica. "At Home Abroad." Look Japan, Volume 37, Issues 421-432. Look Japan, Limited, 1991. p. 42.「昨年、パリの日本人学校(Ecole Japonaise)では、小学生から中学生までの563人が学校生活の大半を母国語で話して暮らしており、フランス語の授業は3時間だった。パリの公立高校に代わるものとして、東京の成城学園が運営するアルザス成城学園がある(注:2005年に廃校)ほか、フランス人との混在を希望する学生には神戸の甲南学園が運営するフランス甲南学園トゥレーヌがある(注:2013年に廃校)」
  4. ^ a b c d e f g Conte-Helm, p. 82.
  5. ^ a b c d Conte-Helm, p. 84.
  6. ^ Moody's International Manual, Volume 3. Moody's Investors Service, Mergent FIS, Inc, 1998. p. 5145. "In Sept. 1973, Co. established Daimaru France SA in Paris."
  7. ^ "Mitsukoshi shutters flagship Paris store." (Archive) Kyodo at The Japan Times. October 2, 2010. Retrieved on January 8, 2014.
  8. ^ a b c d e Conte-Helm, p. 85.
  9. ^ Neher, Jacques. "As Multinationals Call in Expatriates, Private Institutions Tighten Their Belts: Recession Pinches Paris-Area School." The New York Times. October 8, 1992. Retrieved on January 3, 2014.
  10. ^ "Seijo Gakuen closes French campus." (archived from the original) The Japan Times. Sunday February 13, 2005. Retrieved on 2 January 2013.
  11. ^ Home page Archived 2007-03-14 at the Wayback Machine.. (Archive) Lyc?e Konan. Retrieved on 2 January 2014.
  12. ^ a b "欧州の補習授業校一覧(平成25年4月15日現在)" (Archive). Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology (MEXT). Retrieved on May 10, 2014. "パリ ECOLE DE LANGUE JAPONAISE DE PARIS Ecole Maternelle et Primaire Saint Francois d'Eylau 20 av. Bugeaud 75116 Paris,France" and "エベイユ Association Eveil Japon 27 rue de Serves 92100Boulogne-Billancourt ,France"
  13. ^ パリ日本語補習校ホームページ・お知らせ
  14. ^ 在仏日本人会、事務所のご案内
  15. ^ 石川 文也L'INTERACTION EXOLINGUE:ANALYSE DE PHE ́NOME`NES METALINGUISTIQUES: Continuite et discontinuite entre situation d'enseignement/apprentissage et situation《naturelle》. 春風社, 2002. 4921146594, 9784921146597, p. 403. 「これらの交流は日本人とフランス人の間で行われる。フランス語コースは1996年に、定期的にフランス語の授業を実施している最も大きな日本人団体の一つである在仏日本人会で行われ、その大半は初心者向けである。」
  16. ^ Rutman, Jessica. "At Home Abroad." Look Japan, Volume 37, Issues 421-432. Look Japan, Limited, 1991. p. 42-43.

参考文献[編集]