パリは燃えているか

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
パリは燃えているか
Paris brûle-t-il ?
Is Paris Burning?
監督 ルネ・クレマン
脚本 ゴア・ヴィダル
フランシス・フォード・コッポラ
原作 ラリー・コリンズ
ドミニク・ラピエール
製作 ポール・グレッツフランス語版
出演者 カーク・ダグラス
グレン・フォード
ゲルト・フレーベ
イヴ・モンタン
ジャン=ポール・ベルモンド
ロバート・スタック
アラン・ドロン
音楽 モーリス・ジャール
撮影 マルセル・グリニヨンフランス語版
編集 ロバート・ローレンス
製作会社 パラマウント映画
配給 パラマウント映画
公開 フランスの旗 1966年10月26日
アメリカ合衆国の旗 1966年11月10日
日本の旗 1966年12月21日
上映時間 173分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
フランスの旗 フランス
言語 英語
フランス語
配給収入 日本の旗 1億8683万円[1]
テンプレートを表示

パリは燃えているか』(パリはもえているか、: Paris brûle-t-il?: Is Paris Burning?)は、1966年アメリカフランス合作のオールスターキャストによる戦争映画

ラリー・コリンズドミニク・ラピエールによるレジスタンス(共産主義者とドゴール派)と自由フランス軍によるパリの解放を描いた原作[2]ルネ・クレマンが監督した。脚本はゴア・ヴィダルフランシス・フォード・コッポラが担当している。

概要[編集]

1944年8月7日から、8月19日のレジスタンスの蜂起開始、アメリカ軍の援護を受けて、8月25日のフランスの首都パリの解放に至るまでを描く。

物語はドイツ軍の降伏に貢献したレジスタンス運動を中心にしている。主な登場人物は、レジスタンスのアンリ・ロル=タンギーフランス語版大佐やジャック・シャバン・デルマス大佐、ドイツ軍のディートリヒ・フォン・コルティッツ将軍、アメリカ軍のジョージ・パットン将軍、自由フランス軍のフィリップ・ルクレール将軍などである。

映画の終盤、降伏前にパリを破壊しろというアドルフ・ヒトラー総統の命令が下ったが、最終的にコルティッツ将軍は命令に従わずに連合国に無条件降伏し、パリを破壊から守った。パリ側のドイツ軍本部内でうち捨てられた電話機からヒトラーの「パリは燃えているか?(命令通りに破壊したか?)」との声が聞こえていた。

ストーリー[編集]

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
イヴォン・モランダ ジャン=ポール・ベルモンド 山田康雄
モノー博士 シャルル・ボワイエ 大木民夫
フランソワーズ・ラベ レスリー・キャロン 平井道子
アンリ・カルチャー中尉 ジャン=ピエール・カッセル 阪脩
タンクのGI ジョージ・チャキリス 曽我部和行
アンリ・ロル=タンギー大佐 ブリュノ・クレメール
レーベル大佐 クロード・ドーファンフランス語版
ジャック・シャバン=デルマス アラン・ドロン 久富惟晴
ジョージ・パットン将軍 カーク・ダグラス 西田昭市
アレクサンドル・パロディ ピエール・デュクスフランス語版
オマー・ブラッドレー将軍 グレン・フォード 木村幌
ディートリヒ・フォン・コルティッツ将軍 ゲルト・フレーベ 田中明夫
イヴ・バイエット ダニエル・ジェラン
ザ・ベイカー ジョルジュ・ジェレフランス語版
アルフレート・ヨードル ハンネス・メッセマードイツ語版
フォン・アルニム少佐 ハリー・マイエンドイツ語版
マルセル・ビジアン軍曹 イヴ・モンタン 家弓家正
ワレンGI アンソニー・パーキンス 津嘉山正種
エドガー・ピザーニ ミシェル・ピコリ
エーベルナッハ大尉 ヴォルフガング・プライス
フィリップ・ルクレール クロード・リッシュフランス語版
カフェの女主人 シモーヌ・シニョレ 遠藤晴
ウィリアム・L・シーバート将軍 ロバート・スタック 仁内建之
サージ大尉 ジャン=ルイ・トランティニャン
ロジャー・ガロア少佐 ピエール・ヴァネックフランス語版 堀勝之祐
クレール マリー・ヴェルシニフランス語版 信沢三恵子
チャーリー スキップ・ワード 野島昭生
ラウル・ノルドリンク領事 オーソン・ウェルズ 金田龍之介
ルイゼ知事 ミシェル・エチェベリフランス語版
アドルフ・ヒトラー ビリー・フリックフランス語版
フォン・ヴォインブルク将軍 エルンスト・F・フュアブリンガードイツ語版
パンタンの指揮官 ギュンター・マイスナー
フレデリック・ジョリオ=キュリー サッシャ・ピトエフ英語版
ディビュ・ブライデル マイケル・ロンズデール[3]
パウエル諜報員 E・G・マーシャル[3]
日本語版ナレーション N/A 山内雅人

スタッフ[編集]

日本語版[編集]

制作[編集]

本作は主に白黒で撮影された。これは、撮影のためナチスの卍旗を公共の建物に掲げることにフランス当局からの許可が出ず、本来の赤い部分を緑に変色させたものを使用したことをごまかすためである。なお、クロージングクレジットでのパリの空中ショットはカラーで撮影された。

映画の制作は当時、存命であったイヴォン・モランダフランス語版、公的機関(パリ警視庁内務省)の両方から多数の承認が必要となった[5]。また、シャルル・ド・ゴールによって厳しい監修が行われ、ド・ゴールは手紙に書いた規則に従うことを条件にパリでのロケ撮影を許可したという。特にド・ゴールはフランス共産党による解放で果たした活躍の描写を最小限に抑えることを切望しており、脚本のフランシス・フォード・コッポラは後に「露骨な政治的検閲だった」と発言している。その他、制作はフランス共産党フランス労働総同盟の二重の支配があり、ド・ゴールまたは共産主義者のいずれかを怒らせるリスクなしに原作本のすべての要素を使用することができなかったとゴア・ヴィダルは感じたという[6]

撮影は、オテル・デ・ザンヴァリッドコンコルド広場ノートルダム大聖堂カルナヴァレ博物館など、パリ全土の180か所で行われた[7]

クロード・リッシュフランス語版はフィリップ・ルクレール役以外にピエール・ド・ラ・フシャルディエール中尉も演じているが、最終的にクレジットされたのはルクレール役のみであった[8]

カーク・ダグラスは、ジャン=ポール・ベルモンドがキャスティングされていることを知り本作への参加を決めたが、最終的に一緒に写る場面は無かった[9]

主な受賞歴[編集]

結果 部門 受賞者
1967 第39回アカデミー賞 ノミネート 撮影賞 (白黒部門) マルセル・グリニヨンフランス語版
美術賞 (白黒部門) ウィリー・ホルト
マーク・フレデリクス
ピエール・ギュフロワ
第24回ゴールデングローブ賞 作曲賞 モーリス・ジャール

脚注[編集]

  1. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)241頁
  2. ^ 訳書は『パリは燃えているか?』(志摩隆訳、早川書房(上下)、新版2005年)
  3. ^ a b クレジットなし
  4. ^ RELEASE INFORMATION パリは燃えているか-HDリマスター版-”. ハピネット. 2021年1月31日閲覧。
  5. ^ Sylvie Lindeperg, "La Résistance rejouée. Usages gaullistes du cinéma", Politix, volume 6, no 24, 1993, p. 144 à 152.
  6. ^ Cité par René Chateau dans Lui, mai 1966.
  7. ^ Paris brûle-t-il ?
  8. ^ "Pierre de la Fouchardière, libérateur de Paris, vit désormais aux Marquises", La Voix du Nord, 21 juin 2010.
  9. ^ Philippe Durant, Destins croisés : Delon - Belmondo, éditions Carnot, 2004, 351 pages, p.59.