パリンコ学園No.1

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
パリン子学園No.1
ジャンル バラエティ番組
出演者 松本伊代
小泉今日子
堀ちえみ
ジャニーズ少年隊
コント赤信号
山田邦子
ほか
製作
プロデューサー 滝本裕雄
制作 TBS
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1982年10月7日 - 1983年3月31日
放送時間 木曜 19:00 - 19:30
放送分 30分
回数 25
テンプレートを表示

パリン子学園No.1』(パリンコがくえんナンバーワン)は、TBS系列局の一部で放送されていたTBS製作の歌謡バラエティ番組である。全25回。TBSでは1982年10月7日から1983年3月31日まで、毎週木曜 19:00 - 19:30 (日本標準時)に放送。

概要[編集]

「パリン子学園」という架空の学園を舞台に繰り広げられるショートコント、前番組『ピンキーパンチ大逆転』にもあったアイドルの歌のコーナー、レギュラー陣が洋楽に日本語の詞による歌とダンスによるコーナーの3部構成。

放送当時、木曜19時台前半[1]と火曜22時台はTBS系列全局でローカルセールス枠であったことから、系列局であっても、毎日放送 (MBS) (土曜 7:00 - 7:30 に放送)のように遅れネットで放送する系列局やこの番組を放送しなかった系列局やが多数存在した。

出演者[編集]

松本・少年隊・山田は、前番組『ピンキーパンチ大逆転』にもレギュラー出演していた。小泉と堀は、同番組にゲスト出演したことがある。

スタッフ[編集]

(技術)

  • 技術:日野治隆
  • 映像:佐々木章
  • カラー調整:松浦卓雄
  • 音声:渡辺秀樹
  • 照明:笠原義博
  • 音響:寺田卓夫

(美術)

  • 美術デザイン:根本真一、清水袈裟寿
  • 美術製作:中嶋美津夫
  • スタイリスト:高田未芽

(制作)

  • 演出:三角英一、西依正博
  • プロデューサー:滝本裕雄

放送リスト[編集]

一部のサブタイトルには、「○○だよ!ぎゃひ!!」が定型句として使われている。

1982年11月11日の放送は、ソ連ブレジネフ書記長死去に伴う緊急報道特番が放送されたことから休止となった。

放送日 サブタイトル
1 1982年
10月7日
スポーツの秋だよ!ぎゃひ!!
2 10月14日 食欲の秋だよ!ぎゃひ!!
3 10月21日 試験コントだぎゃひ!! 歌も踊りも絶好調!!
4 10月28日 文化祭だよ!! ぎゃひ!!
5 11月4日 旅行だヨ!ぎゃひ!!
6 11月18日 恋だよ!ぎゃひ!!
7 11月25日 お金のコント絶好調!! 歌と踊りはビートルズ
8 12月2日 ファッションだよ!ぎゃひ!!
9 12月9日 伊代今日子ちえみ少年隊赤信号邦子の変な趣味
10 12月16日 もうすぐ冬休み マッチ家の一日は
11 12月23日 コントはやっぱり変なクリスマス
12 12月30日 '82ベストヒットで踊れば気分はもうお正月
13 1983年
1月6日
伊代今日子ちえみ少年隊赤信号邦子の変な夢!!
14 1月13日 友情だよ!ぎゃひ!!
15 1月20日 君達のお母さんはどのタイプ!?
16 1月27日 今日子佐和子のホステス
17 2月3日 青春…愛…、そして涙
18 2月10日 みんなで健康的なコントやり放題!!
19 2月17日 無駄ムダむだ!ぎゃひ!!
20 2月24日 受験シーズン来る!みんな受かるといいね
21 3月3日 女性バンザイ!ぎゃひ!!
22 3月10日 秘密だヨ!ぎゃひ!!
23 3月17日 約束よ ねえ約束よ 約束よ
24 3月24日 見よ家族愛に満ちた若者達を!! 必見Aトレイン
25 3月31日 卒業・・・・もうお別れだよ!!涙の最終回

関連項目[編集]

  • シェフにおまかせ!:毎日放送テレビで本番組放送時、木曜19時台前半に放送された関西ローカル番組
  • アーノルド坊やは人気者:CBCテレビで本番組放送時、木曜19時台前半に東海3県ローカルで放送されたアメリカのコメディー番組

脚注[編集]

  1. ^ クイズタイムショック』の同時ネットや他系列番組の遅れネットに充てた系列局が多かった。
TBS 木曜 19:00 - 19:30
前番組 番組名 次番組
ピンキーパンチ大逆転
(1982年4月1日 - 1982年9月30日)
パリン子学園No.1
(1982年10月7日 - 1983年3月31日)
イーグルサム
(1983年4月7日 - 1984年3月29日)
MBS 土曜 7:00 - 7:30
ピンキーパンチ大逆転
パリン子学園No.1