パリ・オペラ座のすべて

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
パリ・オペラ座のすべて
La danse - Le ballet de l'Opéra de Paris
監督 フレデリック・ワイズマン
製作 フランソワ・ガズィオ、ピエール=オリヴィエ・バルデ 、フレデリック・ワイズマン
出演者 オペラ座バレエ団エトワールほかダンサー、スタッフ
撮影 ジョン・デイヴィー
編集 フレデリック・ワイズマン、ヴァレリー・ピコ
配給 ショウゲート
公開 フランスの旗 2009年10月7日
日本の旗 2009年10月10日
上映時間 160分
製作国 フランスアメリカ合作
言語 フランス語
テンプレートを表示

パリ・オペラ座のすべて』(La danse - Le ballet de l'Opéra de Paris)は、フレデリック・ワイズマン監督により、 パリ国立オペラ(オペラ座、Opéra national de Paris)バレエ団を密着取材して製作されたドキュメンタリー映画である。84日間におよび、オペラ座バレエ団の日常を撮影し、エトワールほかダンサーたちの稽古や創作活動の様子、当時芸術監督を務めていたブリジット・ルフェーヴルのマネージメントなど、普段知ることができない内部を写し出している。[1]

あらすじ[編集]

主な登場シーンとしては、エトワールやダンサーたちの稽古風景、舞台のリハーサル、ゲネプロ、公演のレセプション、大口寄付者への特典について話合うスタッフ、経営陣からダンサーに年金についての説明、運営についてのミーティング、メーク風景、食堂のランチ風景、音響テスト、裏方の衣装の制作、屋上でミツバチの巣箱からハチミツを採取するスタッフなどの多岐にわたるシーンが盛り込まれている。特に稽古に関するシーンでは、メートル・ド・バレエとの様々なやりとり、また、役柄について芸術監督に直訴する場面などがあり、映画のメインとなっている。

主な登場人物[編集]

エトワール[編集]

メートル・ド・バレエ、他[編集]

映画に登場する主な作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ allcinema