パリ市名誉市民の一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

パリ市名誉市民 (パリしめいよしみん; Citoyens d'honneur de la Ville de Paris) は、基本的自由のための闘いを称え、かつ、称号授与者を保護することを目的とする称号である。授与者の決定はパリ議会が行い、決定に至るまでの議論と決議はパリ市公式ウェブサイトで公開される。

称号授与者一覧[編集]

授与者 活動
2001 ムミア・アブ=ジャマール[1] アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国

警察官を殺害したとして死刑判決を受けた政治運動家、ジャーナリスト。

2002
Ingrid Betancourt Pulecio.jpg
イングリッド・ベタンクール[2]  コロンビア フランスの旗 フランス

コロンビアの政治家。コロンビア革命軍 (FARC) に誘拐され、6年半の捕虜生活の後、2008年にコロンビア国軍によって解放された。

2003
Yury Bandazhevsky, Geneva 2009.jpg
ユーリ・バンダジェフスキー[2] ロシアの旗 ロシア

ロシアの医師・病理解剖学者。チェルノブイリ原子力発電所事故の影響に関する調査を行った。

2004
アウンサンスーチー[2] ミャンマーの旗 ミャンマー 【2018年、剥奪】

ミャンマーにおける非暴力民主化運動の指導者。2018年12月、パリ議会は、アウンサンスーチーが指導者としてロヒンギャに対する暴力・虐殺に対応しなかったとして、パリ市名誉市民の称号の取消を決定した[3][4]

2005
Hauwa Ibrahim human rights lawyer.jpg
ハウワ・イブラヒム ナイジェリアの旗 ナイジェリア

ナイジェリアの弁護士・人権活動家。2005年、サハロフ賞受賞。特に、ナイジェリアでイスラム法(シャリーア)により石打ちによる死刑宣告を受けた女性たちのために闘った。

2008
Hu Jia China Humanright activist.jpeg
胡佳[2] 中華人民共和国の旗 中華人民共和国

中華人民共和国の民主化運動家。

2008
ダライ・ラマ14世[2] 中華人民共和国の旗 中華人民共和国 チベット(ガンデンポタン)の旗 チベット

チベット文化の保護とチベット民族の結束に貢献した。

2008
タスリマ・ナスリン[2] バングラデシュの旗 バングラデシュ

バングラデシュの作家、フェミニスト、人権活動家。イスラム法(シャリーア)を批判し、女性の抑圧を告発。イスラム過激派による死刑宣告により、亡命生活を余儀なくされながらも、女性の権利表現の自由のために闘った。

2008
Flickr - Israel Defense Forces - After 5 Years of Captivity.jpg
ギルアド・シャリート[2] イスラエルの旗 イスラエル フランスの旗 フランス

イスラエル国防軍の兵士。拘束中の パレスチナ人テロリストの解放を要求するテロ組織によって誘拐、2011年まで5年半にわたって監禁された。

2010
Ebadi.jpg
シーリーン・エバーディー[5] イランの旗 イラン

イランの弁護士で、人権活動家、民主運動家。2003年、ノーベル平和賞受賞。

2011
Jafar Panahi, Cines del Sur 2007-1 (cropped).jpg
ジャファール・パナヒ[6] イランの旗 イラン

イランの映画監督。イランの体制批判などにより逮捕。20年にわたって映画製作を禁止されたり、出国を余儀なくされたりしながら表現の自由のために闘った。

2011
Raoni 4.jpg
ラオニ・メティクティア[7] ブラジルの旗 ブラジル

先住民カヤポ族の首長。アマゾン熱帯雨林保護のために闘い、ブラジル政府や世界の環境保護活動団体に対する働きかけにより、18万平方km²の地域が国立公園に指定され、保護されることになった。

2012
Alaksandr Bialacki.jpg
アレス・ビアリアツキフランス語版[8]  ベラルーシ

ベラルーシの人権擁護活動家、ビアスナ人権センター所長。2011年に逮捕され、4年半の拘禁刑を受けた。彼の拘禁は人権を擁護する彼の活動を妨害することが目的であるとされる[9]

2013
Nelson Mandela-2008 cropped.jpg
ネルソン・マンデラ[10]  南アフリカ共和国

南アフリカ共和国の政治家、弁護士。反アパルトヘイト運動に身を投じ、国家反逆罪で終身刑の判決を受けた。27年間に及ぶ獄中生活の後、1990年に釈放。

2015
Je suis Charlie.svg
シャルリー・エブド[11] フランスの旗 フランス

フランスの風刺新聞。2015年1月7日のシャルリー・エブド襲撃事件で、風刺画家5人を含む12人がイスラム過激派に殺害された。10年近くにわたってイスラム過激派による脅迫を受けながらも表現の自由・報道の自由のために闘った。

2015 アーシア・ビビ[12]  パキスタン

パキスタンの女性キリスト教徒。イスラムの預言者を侮辱したとして死刑判決を受け、上訴はすべて却下された。2018年10月31日、パキスタン最高裁が無罪判決を下した[13]アーシア・ビビ事件)。

2016
Can Dündar par Claude Truong-Ngoc janvier 2017.jpg
ジャン・デュンダルトルコ語版[14] トルコの旗 トルコ

トルコのジャーナリスト、『ジュムフリイェト』紙の元編集長。政教分離を訴え、エルドアン政権を批判。ドイツに亡命中。

2016
Africa from low orbiting satellite Suomi NPP.jpg
生物多様性[15]

個人・団体ではなく「生物多様性」という概念に対して、意識啓発のために、かつ、称号授与者である「生物多様性」を保護するために、パリ市名誉市民の称号を与える。

2018
Bahrain Irish Delegation meet with Nabeel Rajab (cropped).jpg
ナビール・ラジャブフランス語版[16] バーレーンの旗 バーレーン

人権活動家。バーレーン人権センター代表。体制批判やデモ活動により有罪判決を受けた。

2018
Muhammad Yunus - World Economic Forum Annual Meeting 2012.jpg
ムハマド・ユヌス[17] バングラデシュの旗 バングラデシュ 

バングラデシュの経済学者、実業家。グラミン銀行の創設者、マイクロクレジットの創始者。2006年ノーベル平和賞受賞。

2018
Oleg Sentsov, Ukrainian political prisoner in Russia, 2015.JPG
オレグ・センツォフ[18]  ウクライナ

ウクライナの映画監督。2018年現在、ロシアにて収監中。クリミアでのテロ攻撃を計画したとして禁錮20年の実刑判決を言い渡された。

脚注[編集]

  1. ^ Mumia Abu Jamal citoyend'honneur de Paris” (フランス語). L'Obs. 2019年1月6日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g LES CITOYENS D’HONNEUR DE LA VILLE DE PARIS”. www.api-site.paris.fr. 2019年1月6日閲覧。
  3. ^ BFMTV. “Paris retire sa citoyenneté d'honneur à Aung San Suu Kyi” (フランス語). BFMTV. 2019年1月6日閲覧。
  4. ^ Paris retire la citoyenneté d'honneur à Aung San Suu Kyi” (フランス語). LExpress.fr (2018年11月30日). 2019年1月6日閲覧。
  5. ^ ONU : CONFÉRENCE DE PRESSE DE LA FIDH AVEC SHIRIN EBADI, LAURÉATE DU PRIX NOBEL DE LA PAIX 2003” (フランス語). Mouvement mondial des droits humains. 2019年1月6日閲覧。
  6. ^ En bref - Le cinéaste iranien Jafar Panahi fait «citoyen d'honneur de la Ville de Paris»” (フランス語). Le Devoir. 2019年1月6日閲覧。
  7. ^ CulturClub France, RAONI fait citoyen d'honneur de la ville de Paris - discours de BERTRAND DELANOË, https://www.youtube.com/watch?v=MyI5jNjSHkA 2019年1月6日閲覧。 
  8. ^ Paris soutient Ales Bialiatski” (フランス語). Mouvement mondial des droits humains. 2019年1月6日閲覧。
  9. ^ アレス・ビアリアツキの物語” (日本語). www.amnesty.or.jp. 2019年1月6日閲覧。
  10. ^ Paris: Mandela citoyen d'honneur” (フランス語). FIGARO (2013年3月25日). 2019年1月6日閲覧。
  11. ^ Charlie Hebdo fait citoyen d'honneur de la Ville de Paris” (フランス語). L'Obs. 2019年1月6日閲覧。
  12. ^ Paris: Asia Bibi, citoyenne d'honneur” (フランス語). FIGARO (2015年3月17日). 2019年1月6日閲覧。
  13. ^ 最高裁判決に反発、宗教団体の抗議活動で治安が不安定に | ビジネス短信 - ジェトロ” (日本語). www.jetro.go.jp. 2019年2月1日閲覧。
  14. ^ “[https://presse.paris.fr/wp-content/uploads/2016/11/Anne-Hidalgo-remet-la-Citoyennet%C3%A9-d%E2%80%99Honneur-de-la-Ville-de-Paris-%C3%A0-Can-D%C3%BCndar.pdf Anne Hidalgo remet la Citoyenneté d’Honneur de la Ville de Paris à Can Dündar]” (フランス語). presse.paris.fr. 2019年1月6日閲覧。
  15. ^ La "biodiversité" citoyenne d'honneur de la Ville de Paris” (フランス語). Le Point (2016年9月26日). 2019年1月6日閲覧。
  16. ^ “[https://presse.paris.fr/wp-content/uploads/2018/12/La-Ville-de-Paris-r%C3%A9affirme-son-soutien-%C3%A0-son-Citoyen-d%E2%80%99Honneur-Nabeel-Rajab.pdf La Ville de Paris réaffirme son soutien à son Citoyen d’Honneur Nabeel Rajab]” (フランス語). presse.paris.fr. 2019年1月6日閲覧。
  17. ^ “[https://presse.paris.fr/wp-content/uploads/2017/07/Muhammad-Yunus-fait-Citoyen-d%E2%80%99Honneur-de-la-Ville-de-Paris.pdf Muhammad Yunus fait Citoyen d’Honneur de la Ville de Paris]” (フランス語). presse.paris.fr. 2019年1月6日閲覧。
  18. ^ Oleg Sentsov devient Citoyen d’honneur de la Ville de Paris” (フランス語). presse.paris.fr. 2019年1月6日閲覧。

参考資料[編集]

関連項目[編集]