パリ警視庁賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

パリ警視庁賞: Prix du Quai des Orfèvres)は、フランス推理小説の賞。1946年、ジャック・カリノー(Jacques Catineau)により創設された。未発表の長編ミステリ小説を公募し、受賞作はファイヤール社フランス語版から最低保証部数5万部で出版される。新人賞としての意味合いが強いが、ベテラン作家が受賞することもある。

パリ警視庁が後援しており、審査委員長は司法警察長官が務め、その他の警察・司法関係者が審査委員を務める。警察・司法活動の描写の正確性も審査のポイントの一つとなる。

賞名の「Quai des Orfèvres」は「オルフェーヴル河岸」という意味で、これはパリ警視庁の所在地である。

受賞作一覧[編集]

日本語訳のある作家はカタカナで表記する。

著者 フランス語タイトル 日本語訳
1946 Jacques Levert Le Singe rouge
1947 Jean Le Hallier Un certain monsieur...
1948 イーヴ・フージェール Nuit et brouillard
1949 フランシス・ディドロフランス語版 L'Assassin au clair de lune 『月あかりの殺人者』(井上勇訳、ハヤカワ・ミステリ、1961年)
1950 - 受賞作なし
1951 モーリス・デコブラフランス語版 Opération Magali
1952 ジョルジュ・J・アルノーフランス語版 Ne tirez pas sur l'inspecteur
1953 セシル・サン=ローランフランス語版 Sophie et le crime
1954 Alain Serdac & Jean Maurinay Sans effusion de sang
1955 - 受賞作なし
1956 ノエル・カレフフランス語版 Échec au porteur 『その子を殺すな』(宮崎嶺雄訳、創元推理文庫、1961年)
1957 ルイ・C・トーマフランス語版 Poison d'Avril
1958 André Gillois 125, rue Montmartre
1959 Jean Marcillac On ne tue pas pour s'amuser
1960 Rémy (Gilbert Renault) Le Monocle noir
1961 - 受賞作なし
1962 Micheline Sandrel Dix millions de témoins
1963 Roland Pidoux On y va, patron?
1964 Jean-François Vignant Vertige en eau profonde
1965 Paul Drieux Archives interdites
1966 Julien Clay Du sang sur le grand livre
1967 H. L. Dugall La Porte d'or
1968 Bernard-Paul Lallier Le Saut de l'ange
1969 Christian Charrière Dites-le avec des fleurs
1970 Henry Chardot Le Crime du vendredi saint
1971 André Friederich Un mur de 500 briques
1972 Pierre-Martin Perreaut Trop, c'est trop!
1973 - -
1974 Michèle Ressi La Mort du bois de Saint-Ixe
1975 Bernard Matignon Une mort qui fait du bruit
1976 Serge Montigny Une fleur pour mourir
1977 ジャクマール=セネカル Le Crime de la maison Grün 『グリュン家の犯罪』(飛鳥今日子訳、ハヤカワ・ミステリ、1980年)
1978 ピエール・マニャンフランス語版 Le Sang des Atrides 『アトレイデスの血』(三輪秀彦訳、創元推理文庫、1981年)
1979 Julien Vartet Le Déjeuner interrompu
1980 Denis Lacombe Dans le creux de la main
1981 Michel Dansel De la part de Barbara
1982 Hélène Pasquier Coup double
1983 モーリス・ペリッセフランス語版 Périls en la demeure 『メリーゴーランドの誘惑』(高野優訳、ハヤカワ・ミステリ、1984年)
1984 ジャン・ランボレル On écrase bien les vipères 『マムシを殺せ』(佐宗鈴夫訳、ハヤカワ・ミステリ、1984年)
1985 ロジェ・ラブリュス Les Crimes du Bon Dieu 『罪深き村の犯罪』(高野優訳、ハヤカワ・ミステリ、1991年)
1986 Michel de Roy Sûreté urbaine
1987 Nicole Buffetaut Le Mystère des petits lavoirs
1988 フランソワ・ラントラード Un agent très secret 『バルザック刑事と女捜査官』(高野優訳、ハヤカワ・ミステリ、1989年)
1989 Godefroy Hofer Plongée de nuit
1990 Suzanne Le Viguelloux La Mort au noir
1991 Frédéric Hoë Crimes en trompe l'œil
1992 Louis-Marie Brézac Razzia sur l'antique
1993 Gérard Delteil Pièces détachées
1994 Jean-Louis Viot Une belle garce
1995 Michel Gastine Quai de la Rapée
1996 Gilbert Schlogel Rage de flic
1997 Roger Le Taillanter Heures d'angoisse
1998 Michel Sibra La Danse du soleil
1999 André Delabarre Du sang sur les roses
2000 André Arnaud Pierres de sang
2001 Guy Langlois Le fond de l'âme effraie
2002 André Klopmann Crève, l'écran
2003 Jérôme Jarrige Le bandit n'était pas manchot
2004 Sylvie M. Jema Les Sarments d'Hippocrate
2005 ジュール・グラッセ Les Violons du diable 『悪魔のヴァイオリン』(野口雄司訳、ハヤカワ・ミステリ、2006年)
2006 クリステル・モーランフランス語版 L'ombre du soleil 『ヴェルサイユの影』(野口雄司訳、ハヤカワ・ミステリ、2007年)
2007 フレデリック・モレイフランス語版 La 7e femme 『第七の女』(野口雄司訳、ハヤカワ・ミステリ、2008年)
2008 P・J・ランベールフランス語版 Le Vengeur des catacombes 『カタコンベの復讐者』(野口雄司訳、ハヤカワ・ミステリ、2009年)
2009 Christophe Guillaumot Chasse à l'homme
2010 Gilbert Gallerne Au pays des ombres
2011 Claude Ragon Du bois pour les cercueils
2012 Pierre Borromée L’hermine était pourpre

1961年と1962年には「演劇賞」(Prix "théâtre")も授与された。

参考文献[編集]

  • 平岡敦「フランスのミステリ賞総まくり」(『ミステリマガジン』1998年4月号)
  • 権田萬治「パリ警視庁賞」権田萬治監修『海外ミステリー事典』新潮社、2000年、p.244

関連項目[編集]