パルティアンショット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
狩猟におけるパルティアンショット
画像は、キダーラ朝(en:Kidarites. クシャーナ朝の後継勢力)にゆかりある銀製の鉢「エフタルの銀鉢 (en:Hephthalite silver bowl)」(今では否定されているが、長らくエフタルの産物と考えられていたため、その名を冠している。)の表面にあしらわれた、馬に乗って狩りをする貴族たちのレリーフの一部で、馬上から獣を狩る貴族たちのうちの、該当箇所だけをトリミングしたもの。丸い鉢の外側表面は4画面構成になっており、それぞれに異なる技で獣を仕留めようとしている様子が描かれている。460年から479年の間の作。ガンダーラで出土。[1]
画像は、キダーラ朝英語版クシャーナ朝の後継勢力)にゆかりある製のエフタルの銀鉢英語版[注 1]の表面にあしらわれたレリーフの一部で、馬に乗って狩りをする貴族たちのうちの、該当箇所だけをトリミングしたもの。460-479年間の作。ガンダーラで出土。[1]
丸い鉢の外側表面は4画面構成になっており、それぞれに異なる技で獣を仕留めようとしている様子が描かれている。槍でイノシシを狩る者、剣で雄ライオンを狩る者、正面への騎射でヤギ属動物を狩る者、そして、後方への騎射で雌ライオンを狩る者の4種類である。後方への騎射で狩りをする者の視線の先には、前半身を起こしている2頭の雌ライオンが描かれており、1頭は逃げ、1頭は人に向かってきている。襲い掛かる大型ネコ科動物(ライオン、トラ、ほか)と後方へ騎射する人というモチーフは、8世紀・唐代のトルファンのアスターナ古墓群やササン朝ペルシアの遺跡(現・ロシア領内)から発見された考古遺物にも見られる。
丸い鉢の外側表面は4画面構成になっており、それぞれに異なる技で獣を仕留めようとしている様子が描かれている。イノシシを狩る者(左上)、ライオンを狩る者(左下)、正面への騎射でヤギ属動物を狩る者(右上)、そして、後方への騎射で雌ライオンを狩る者(右下)の4種類である。後方への騎射で狩りをする者の視線の先には、前半身を起こしている2頭のライオンが描かれており、1頭は逃げ、1頭は人に向かってきている。襲い掛かる大型ネコ科動物(ライオン、トラ、ほか)と後方へ騎射する人というモチーフは、8世紀・代のトルファンアスターナ古墓群やササン朝ペルシアの遺跡(現・ロシア領内)から発見された考古遺物にも見られる。
戦いにおけるパルティアンショット
6世紀後半にササン朝ペルシアとアクスム王国が衝突したエチオピア・ペルシア戦争 (en:Aksumite–Persian wars) の様子を描いた布。パルティアンショットの体勢をとっている弓騎兵が一部に描かれている。
6世紀後半にササン朝ペルシアアクスム王国が衝突したエチオピア・ペルシア戦争英語版の様子を描いた布。左上のほうに描かれている弓騎兵がパルティアンショットの体勢をとっている。
パルティアンショットを行うオスマン帝国の弓騎兵。中世の年代記として編まれた装飾写本に描かれているミニアチュール。
パルティアンショットを行うオスマン帝国の弓騎兵 / 中世の年代記として編まれた装飾写本に描かれているミニアチュール

パルティアンショットParthian shot)とは、弓術(広義)における射法の一つ。軍事においては弓騎兵の射法の一つであり[2]、また、その射法を用いた戦術をも指す。

軍事においては、遊牧民族の弓騎兵が一撃離脱戦法のための用いる射法の一つ、および、その射法による戦法を指す語である。「パルティアの射撃」を原義とするこの語が成立したのは、西暦紀元前後数百年のあいだ古代オリエント世界の中央部で繁栄したパルティア王国紀元前247年頃 - 226年)が、その使い手として知られ、何度も交戦したローマ人を体験者としてのちのヨーロッパ人にまで語り継がれたことによる。オンライン・エティモロジー・ディクショナリーによれば、そもそも英語の "Parthian" という語は、1580年代にパルティアンショットについて言及した一節 "of or pertaining to the Parthians," に初出している[3]

なお、パルティアで開発されたものではなく[2]、それより遥かに古いスキタイ起源を求める説が有力である[2]

古代中国ではアルサケス朝(パルティア)を漢訳名で「安息」と呼んだことから、現代中国語では「安息回馬箭簡体字安息回马箭)、現代日本語では「安息式射法(あんそく しき しゃほう)」とも呼ぶ。

射法[編集]

ここでは、射手/アーチャー(に乗った狩人弓騎兵など)が用いる射法としての "Parthian shot" について解説する。

弓騎兵戦術[編集]

軍事分野におけるパルティアンショットは、戦いの最前線に出ては馬上で後ろ向きに矢を放ってから後退することを繰り返す戦闘方法である[4]

パルティアは遊牧民が政権中核を構成した国家であり、と馬の扱いに秀でていた。そのため軍隊の主力にも軽騎兵を採用しており、機動力を生かした戦いを得意としていた。軽騎兵はではなく弓で武装し、一定の距離を保ち矢を放って敵を苦しめた。こうした軽騎兵を効果的に活用するためにパルティア軍英語版は接近した白兵戦につながる会戦をできるだけ避け、戦闘になっても会戦で決着をつけようとはせずにすぐに退却した。退却するパルティアの部隊が追撃する敵に逃げながら矢を放つと、その損害に敵が浮き足立ったり、高速移動に敵の戦列が対応できずに戦闘隊形が乱れる。すると、パルティアの部隊は踵(きびす)を返して攻勢に転じた。こうした戦法は、パルティア独自のものではなく、スキタイ匈奴モンゴル帝国といった遊牧国家の戦争に共通したものであるが、ヨーロッパに古典文明を伝えた古代ローマが本格的に対峙した遊牧民勢力がパルティアであったため、ヨーロッパ人にとって遊牧民の戦法は、パルティア的なものとして記憶されるようになった。このようなパルティアの戦い方から、逃げながら馬上から振り返りざまに打つ弓矢の騎撃を「パルティアンショット」と呼ぶようになった。

こうした馬上の弓術は、パルティアの後継政権であるササン朝帝王狩猟図像などに記録されているものを、今日でも見ることができる。

なお、日本騎射では、通常的ではないが、後方からの前方射撃への対処としてパルティアンショットに似た後方射撃の技術「押し捻り(おしひねり)」が存在し、戦況の次第ではこれを使用した。

考古遺物[編集]

捨て台詞[編集]

ここでは、捨て台詞としての "parting shot" および "Parthian shot" について解説する。

(立ち去る前に発せられる)捨て台詞[注 2]」を意味する英語慣用句 "parting shot日本語音写例:パーティングショット)" は、上述の英語 "Parthian shot" と同根語の関係にある。ここに見られる "parting" は、「パルティア」の古代ギリシア語名に由来しており[ E: parting < partL: Parthus (="Parthia") < grc: Πάρθος (Párthos. ="Parthia") ][注 3]、つまりは "Parthian shot" と同じ語源から発しているわけである。そしてまた、"Parthian shot" のほうも、"parting shot" と同じ意味をも持っている。

"fire [leave] a parting shot" は、「(立ち去る直前に)捨て台詞を吐く」を意する慣用表現である[5]。"deliver a parting shot" は前者より意味が心持ち柔らかい。his parting shot was "drop dead". を和訳すれば「彼の捨て台詞は『消えうせろ』だった」となる。

なお、英語 "parting shot" と、日本語(外来語)としての「パーティングショット」および「パーティング・ショット」についてであるが、現在(2020年代前期前半)、作品タイトルなど[注 4]を除き、移入は確認できない。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 今では否定されているが、長らくエフタルの産物と考えられていたため、その名を冠している。
  2. ^ 歌舞伎など演劇の分野でいう「捨て台詞」、すなわち「アドリブ」に近い語義とは別。
  3. ^ 語源学的表記で、「A < B」は「AはBから派生、BはAの語源」の意。
  4. ^ 一つにスティーヴ・カーンのアルバム名(2011年リリース)、今一つに SKE48の楽曲名(2018年リリース)。

出典[編集]

  1. ^ a b Bakker (2020).
  2. ^ a b c 相馬 (1970).
  3. ^ Parthian (n.)” (English). Online Etymology Dictionary. 2020年10月24日閲覧。
  4. ^ 小島 (2010), p. 58.
  5. ^ parting shot”. 英辞郎 on the WEB. アルク. 2020年10月22日閲覧。

参考文献[編集]

  • 武士と騎士─日欧比較中近世史の研究小島道裕 編、思文閣出版、2010年4月1日。 ISBN 4-7842-1507-7、ISBN 978-4-7842-1507-2、NCID BB01684365OCLC 703379873国立国会図書館書誌ID:000010845284
  • 相馬隆「<研究ノート>安息式射法雑考」『史林 = THE SHIRIN or the JOURNAL OF HISTORY』第53巻第4号、京都大学文学部 史学研究会、1970年7月1日、 538-559頁。 doi:10.14989/shirin_53_53853巻4号 - コレクションホームページ - 京都大学学術情報リポジトリ 紅
  • Bakker, Hans T. (2020) (English). The Alkhan: A Hunnic People in South Asia. Barkhuis. p. 26. https://books.google.com/books?id=ZLnVDwAAQBAJ&pg=PA26  ISBN 94-93194-00-0、ISBN 978-94-93194-00-7、OCLC 1141525164

関連項目[編集]