パルマラット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Parmalat S.p.A.
本社所在地 イタリアの旗 イタリア
コッレッキオ
設立 1961年
業種 食料品
事業内容 牛乳、加工乳の製造
代表者 Enrico Bondi (CEO)
外部リンク http://www.parmalat.net/
テンプレートを表示

パルマラットS.P.A.(イタリア語: Parmalat S.p.A.)は、イタリアの食品会社(乳製品が主)。2000年代に事実上の倒産2010年代買収を経てヨーロッパ有数の多国籍企業の傘下に収まっている。

概要[編集]

1961年カリスト・タンツィ英語版によって創業。牛乳バターチーズなどの乳製品と、その加工食品を主に扱っている。日本にはビスケットなどの菓子類が輸入されている。

2003年12月24日に社内の不正経理疑惑を受けて、パルマの地方裁判所に破産申請した。

2011年5月、フランスの乳製品大手のラクタリス英語版社は、パルマラット社の株式を28.97%取得。さらに全株取得のための公開買い付けを行い[1]子会社化された。

2018年、パルマラットはクラフト・ハインツからカナダ国内のナチュラルチーズ事業を買収。北米での事業展開の足掛かりを得た[2]

社名[編集]

パルマ(Parma)の牛乳(lat)を掛け合わせた造語である。

スポーツへの後援[編集]

フットボール[編集]

2003年に破産するまではイタリアのサッカークラブのACパルマの親会社であった。また、ブラジルの(イタリア系)サッカークラブ・SEパルメイラスへのスポンサー役も担った。

モータースポーツ[編集]

F1を始めとするモータースポーツへのスポンサードも行っていた。とりわけ20世紀後半に活躍したブラバムチームに対しては、車体には大きく社名のロゴが掲げられた時代が続き[3]同社の乳製品が正規販売されていない国でも高い知名度を誇った。またニキ・ラウダペドロ・ディニスの個人スポンサーも務めていた。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 欧州委、ラクタリス社のパルマラット社買収を承認”. 農畜産業振興機構. 2019年2月9日閲覧。
  2. ^ パルマラット、ナチュラルチーズ事業を取得”. NNA (2018年11月9日). 2019年2月9日閲覧。
  3. ^ 2019年、ブラバムの名がF1に復活する可能性もあった?”. motorsport.com (2018年2月8日). 2019年2月9日閲覧。