パルモア学院専門学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

パルモア学院専門学校(パルモアがくいんせんもんがっこう、Palmore Institute)は、兵庫県神戸市中央区相生町にある専門学校。設置者は準学校法人パルモア学院。関西学院啓明学院の母体である[1][2][3]

概要[編集]

1886年アメリカ南メソヂスト監督教会の宣教師ジェームス・ウィリアム・ランバス一家によって神戸外国人居留地47番に開設された英語塾「読書館」が起源[4]。学校名は、読書館の活動を経済的に支援したアメリカミズーリ州の宣教師W.B.パルモアに由来する[4]

1887年8月に神戸外国人居留地から山二番(後の神戸市中央区北長狭通)へ移転し、ジェームス・ウィリアム・ランバスによる英語の夜間授業が行われた[5]。翌1888年9月にN・W・アトレーが昼間部を作り[6]1889年にジェームスの子ウォルター・ラッセル・ランバスが昼間部を母体として関西学院を設立した[7]

その後経営難による閉鎖の危機を乗り越え、1910年に赴任した宣教師ジェイムズ・サミュエル・オックスフォードの下、実用英語科、速記科、タイプライター科を設置し実業教育を展開した[4]

太平洋戦争による事実上の活動休止を経て戦後専門学校としての活動を再開[4]すると、本格的な英語教育をする場として一世を風靡し[8]、3000人を超える生徒が在籍した[9]

1956年、学院長の石井卓爾が学内に反対意見のある中[10]、義弟の医師三宅廉を病院長に据え、[11]設立資金全額をパルモア学院と学院の宣教師・職員・生徒からの寄付金で賄い、さらにパルモア学院所有の土地を無償貸与する形でパルモア病院(医療法人財団パルモア病院)を設立[12]。後に学院と病院は断絶し、土地を巡って法的紛争を展開した[13]

1990年には全日制のパルモア学院専門学校を設置。その後パルモア病院との間で金銭や不動産を巡る紛争が生じ[14]、さらに病院と関係する大手都市銀行とも係争し[15]、存続の危機に陥ったが卒業生新山尭夫の下[16]経営危機を克服[4]し、高度な英語職業人育成を目指して活動している[4]

2020年、休校を発表[17]

沿革[編集]

姉妹校・機関[編集]

脚注[編集]

  1. ^ あなたを輝かせる学校(尾崎八郎、月刊神戸っ子 2012年4月号)
  2. ^ 130年以上にわたって発展してきたランバスファミリー校 - 啓明学院
  3. ^ パルモア学院 - キリスト教学校教育同盟
  4. ^ a b c d e f [1][リンク切れ]関西学院事典 増補改訂版 「パルモア学院」
  5. ^ 神戸栄光教会七十年史出版委員会『神戸栄光協会七十年史』(日本基督教団神戸栄光教会、1958年) 9-10頁
  6. ^ 神戸栄光教会七十年史出版委員会『神戸栄光協会七十年史』(日本基督教団神戸栄光教会、1958年) 11頁
  7. ^ パルモア学院の歴史
  8. ^ [2] 石渡誠発 Language Teaching for a Better World 「パルモア学院 121年祭 1」
  9. ^ [3] 石渡誠発 Language Teaching for a Better World 「パルモア学院 121年祭 3」
  10. ^ 大加茂巧 「石井卓爾の時代と英語教育」 (学校法人パルモア学院出版部 2012年3月) 91頁
  11. ^ 大加茂巧 「石井卓爾の時代と英語教育」 (学校法人パルモア学院出版部 2012年3月) 95-96頁
  12. ^ 大加茂巧 「石井卓爾の時代と英語教育」 (学校法人パルモア学院出版部 2012年3月) 96頁
  13. ^ パルモア病院移転問題 第2回説明会 [後編] 彦録" 安井俊彦BLOG 2010年3月4日
  14. ^ (医)財団パルモア病院 神戸市 東京経済ニュース 2013年11月1日
  15. ^ 新山尭夫「PALMORE REPORT」(パルモア学院 2017年)
  16. ^ [4] 石渡誠発 Language Teaching for a Better World 「パルモア学院 121年祭 1」
  17. ^ 1886年創立 神戸・パルモア学院が閉校へ

関連項目[編集]