パレイアサウルス科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
パレイアサウルス科
スクトサウルス骨格
地質時代
ペルム紀後期
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
亜綱 : 側爬虫亜綱 Parareptilia
: プロコロフォン形目 Procolophonomorpha
亜目 : プロコロフォン亜目 Procolophonia
: パレイアサウルス科 Pareiasauridae
学名
Pareiasauridae
Lydekker,1889

パレイアサウルス科 (Pareiasauridae) またはパレイアサウルス類 (Pareiasaur) は、古生代ペルム紀に生息した爬虫類絶滅分類群無弓類あるいは側爬虫類と呼ばれる爬虫類の初期グループに属する植物食動物であった[1]ロシアペルム系上部及びアフリカ大陸南部から多数の化石が発見されている。

形態[編集]

体長60センチメートル - 3メートルほどの、中型から大型のがっしりした体格の草食動物である。大きな頭部、短く太い首と樽状の太く、高さのある胴体を持つ。四肢は頑丈で短く、幅広であった。頭部にはスパイクや角、胴体部には小さな鱗が骨化した、重厚な装甲板を持つものが大半である。これは、当時の捕食者であるイノストランケビアなどゴルゴノプス亜目の選択圧によるものであるのかもしれない[2][3]。しかし、多くの爬虫類に見られる腹肋骨は持っていなかった[4]イグアナに似た木の葉型[5]で外縁が鋸状となった小さなの形態は植物食に特殊化したものである。この歯は植物を裁断するのに適しており、大きな容量を持った胴体に収められた消化器官で発酵、吸収したのであろう。[6]

生態[編集]

かれらは鈍重な植物食動物であり、半水性の生物であったと推定されている。水辺で暮らし、柔らかい植物を食べていたといわれる。同時代の草食動物としてはディノケファルス類が挙げられるが、かれらは高台を好み、両者は棲み分けていたとされる。ペルム紀末期の(P-T境界)大量絶滅が近付くにつれディノケファルス類が急激に数を減らし、パレイアサウルス類がそれに取って代わったのは、こうした生息環境の違いがあったためではないかとされる。しかし、勝ち残ったかれらも、ペルム紀末期には絶滅する事になる。[7]

系統[編集]

カメとの関連[編集]

かつて、カメの祖先としてパレイアサウルス類が挙げられたことがある[8]。その主張は、スクトサウルスなどの背中に散らばる装甲が癒合し、やがてプロガノケリスなどのカメへとつながったというものである。しかし、顎や歯が特殊化しすぎており、また、腹甲の基となる腹肋骨を持たず、装甲と脊椎や肋骨との癒合が見られない点など矛盾点が指摘された。また、遺伝子解析による結果は、カメは主竜類に近縁なグループであるというものであった。[4]

上位分類[編集]

下位分類[編集]

主要な

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 土屋健 『カラー図解 古生物たちのふしぎな世界 繁栄と絶滅の古生代3億年史』 講談社2017年、201頁。ISBN 978-4-06-502018-0。
  2. ^ 『哺乳類型爬虫類 : ヒトの知られざる祖先』 206 - 207頁
  3. ^ 『消えた竜 : 哺乳類の先祖についての新しい考え』 55頁
  4. ^ a b 『カメのきた道 : 甲羅に秘められた2億年の生命進化』 67 - 68頁
  5. ^ 『最新恐竜学』 21頁
  6. ^ 『脊椎動物の進化(原著第5版)』 129頁
  7. ^ 『哺乳類型爬虫類 : ヒトの知られざる祖先』 118 - 119頁
  8. ^ Lee,1997

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • エドウィン・ハリス・コルバート、マイケル・モラレス 『脊椎動物の進化(原著第5版)』 田隅本生訳、築地書房、2004年、129 - 130頁。ISBN 4-8067-1295-7。
  • 平山廉 『カメのきた道 : 甲羅に秘められた2億年の生命進化』 NHKブックス2006年、67 - 69頁。ISBN 978-4-14-091095-5。
  • 平山廉 『最新恐竜学』 小田隆、平凡社新書1999年、20 - 21頁。ISBN 4-582-85011-1。
  • 金子隆一 『哺乳類型爬虫類 : ヒトの知られざる祖先』 朝日新聞社〈朝日選書〉、1998年、118 - 119 , 206 - 207頁。ISBN 4-02-259709-7。
  • J・C・マクローリン作・画 『消えた竜 : 哺乳類の先祖についての新しい考え』 小畠郁生・平野弘道訳、岩波書店1982年、55頁。